また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1206544 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

伊吹山 真夜中の登山道は鹿さんだらけ。こわ〜。

日程 2017年07月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候雨→曇り→時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
■最寄り駅
近江長岡駅

■登山道へのアクセス
深夜はバスなく近江長岡駅から徒歩1時間ほど。
バスを使えば片道360円です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■上野登山口〜1合目
林道の中をヘッデンつけて登ります。
粘土質で滑りやすいので、特に下りではスリップ注意。

■1合目
自販機、お手洗いがあります。
次にトイレがあるのは3合目、自販機があるのは5合目です。

■1合目〜5合目
基本林道を進みます。3合目にニッコウキスゲが咲いています。
なお、3合目からものすごい数の鹿さんがいます。
ヘッデンであたりをいたるところで目が反射して、周りを鹿さんに囲まれていることがわかります。

■5合目~山頂
林道を抜けて一気に標高を稼ぎます。
基本粘土質の台地に岩がゴロゴロなのでスリップには注意です。
あと鹿さんはさらに多くなります。
見通しが良い分その数の多さに驚かされます。
なお8合目くらいまでいますが、襲ってくることはありませんでした。

過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル シェルター テントマット シェラフ

写真

上野登山道口。
時刻は午前0時。
さすがにこの時間から登る人は見当たりませんでした。
2017年07月22日 23:54撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野登山道口。
時刻は午前0時。
さすがにこの時間から登る人は見当たりませんでした。
1
100名山。伊吹山山頂を目指してスタート。
2017年07月22日 23:55撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100名山。伊吹山山頂を目指してスタート。
林道はまさに闇。
ヘッデンないと何も見えません。
2017年07月22日 23:58撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道はまさに闇。
ヘッデンないと何も見えません。
一合目。
林道は風が抜けず暑かったので、ここで早速クールダウン。
自販機に助けられました。
2017年07月23日 00:22撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目。
林道は風が抜けず暑かったので、ここで早速クールダウン。
自販機に助けられました。
2合目。
真っ暗なのでろくな写真が取れません...。
2017年07月23日 00:43撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目。
真っ暗なのでろくな写真が取れません...。
夜景がきれい。
夜行だからこその景色です。
2017年07月23日 00:52撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜景がきれい。
夜行だからこその景色です。
3合目付近にニッコウキスゲ?
このあたりから周りに異常なほどの動物の気配が。
このネットも動物(鹿さん)から花を守るためのようです。
2017年07月23日 01:14撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目付近にニッコウキスゲ?
このあたりから周りに異常なほどの動物の気配が。
このネットも動物(鹿さん)から花を守るためのようです。
4合目。
もうこのあたりから山頂までずっと周りでキーキー鳴く声が。
ヘッデンで回りも見渡すと、いたるところで2つの光の反射が!
自身が鹿に囲まれていることに気づきました。
2017年07月23日 01:25撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目。
もうこのあたりから山頂までずっと周りでキーキー鳴く声が。
ヘッデンで回りも見渡すと、いたるところで2つの光の反射が!
自身が鹿に囲まれていることに気づきました。
標高が上がるとより夜景もきれいに。
2017年07月23日 02:04撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がるとより夜景もきれいに。
山頂に到着。
駅から4時間、登山口から3時間ほどかかりました。
なお、小屋に明かりはありますが、当然あいてません。
2017年07月23日 02:54撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。
駅から4時間、登山口から3時間ほどかかりました。
なお、小屋に明かりはありますが、当然あいてません。
山頂はガス。
ヘッデンで照らすと不気味に浮かび上がります。
こわ!
2017年07月23日 02:56撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はガス。
ヘッデンで照らすと不気味に浮かび上がります。
こわ!
日本武尊像が不気味に浮かび上がる。。。
山頂には何名かいらっしゃいました。
2017年07月23日 02:58撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊像が不気味に浮かび上がる。。。
山頂には何名かいらっしゃいました。
3
1.5時間ほど仮眠をとって、行動開始。
2017年07月23日 05:20撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1.5時間ほど仮眠をとって、行動開始。
日が登って明るくなってもガスが取れず、残念な感じに。
2017年07月23日 05:20撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が登って明るくなってもガスが取れず、残念な感じに。
朝食をとって、再び山頂。
2017年07月23日 05:55撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食をとって、再び山頂。
1
8合目付近にも鹿除けの柵とゲートがあります。
2017年07月23日 06:00撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目付近にも鹿除けの柵とゲートがあります。
1
花の名前はわかりませんが、癒される。
2017年07月23日 06:16撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の名前はわかりませんが、癒される。
1
6合目付近にきてようやくガスが取れてきました。
2017年07月23日 06:24撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目付近にきてようやくガスが取れてきました。
1
この日は雨が降ったりやんだりの繰り返し。
2017年07月23日 06:54撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は雨が降ったりやんだりの繰り返し。
2合目〜1合目は以前は滑りやすかったですが、新しい道が整備されており、歩きやすくなっていました。
2017年07月23日 07:12撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目〜1合目は以前は滑りやすかったですが、新しい道が整備されており、歩きやすくなっていました。
学生さんでしょうか。大勢で山頂を目指していかれました。
雨、降らないといいのですが。。。
2017年07月23日 07:26撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
学生さんでしょうか。大勢で山頂を目指していかれました。
雨、降らないといいのですが。。。
2
無事下山。
汗だくになったので着替えて、帰り場バスを利用しました。
2017年07月23日 07:43撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。
汗だくになったので着替えて、帰り場バスを利用しました。
1

感想/記録

2回目の伊吹山 夜登山に行ってきました。
近江長岡駅に着いたのが22:30でバスがなく(当然ですが)、暗い夜道を登山口まで歩きました。
登山口についても登ろうとしている方は誰もおらず、真っ暗な登山道を独りで登ることになり、少々(かなり)心細い登山でした。
そのうえ常時鹿さんに見張られていて、正直こわ〜という感想です。
それでも高度を上げて見下ろす町の明かりは美しく、天気には恵まれませんでしたがそれなりに楽しめました。
訪問者数:369人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 林道 ヘッデン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ