また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1214229 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

越百山・南駒ヶ岳周回

日程 2017年07月28日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り後雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊奈川ダム上登山口の駐車場に50台以上駐車可(未舗装、無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間39分
休憩
46分
合計
10時間25分
S伊奈川ダム上駐車場06:1206:44福栃平(南駒-越百分岐)06:4508:33上の水場09:16越百小屋09:1710:00越百山10:0711:32仙涯嶺11:3312:33南駒ヶ岳13:0614:24北沢尾根三角点14:2515:51南駒ヶ岳登山口(四合目)15:5216:10福栃平(南駒-越百分岐)16:1116:37伊奈川ダム上駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
仙涯嶺周辺の岩場の通過は距離はあまり長くないが注意が必要。
駐車場に登山ポストあり。
その他周辺情報フォレスパ木曽あてら荘(600円、20時受付終了)
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

駐車場の登山ポスト
2017年07月28日 06:12撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の登山ポスト
すぐ先のゲート
2017年07月28日 06:14撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先のゲート
ゲート先の分岐
2017年07月28日 06:15撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート先の分岐
越百山の登山口
2017年07月28日 06:44撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山の登山口
上の水場の分岐
2017年07月28日 08:33撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の水場の分岐
ガスっていてよく見えずwww
2017年07月28日 10:07撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっていてよく見えずwww
山頂を振り返る…。
2017年07月28日 10:19撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を振り返る…。
南駒ヶ岳と仙涯嶺
2017年07月28日 10:52撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳と仙涯嶺
大分晴れてきた…。
2017年07月28日 11:09撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分晴れてきた…。
岩場が続く…。
2017年07月28日 11:09撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場が続く…。
仙涯嶺の頂上部
2017年07月28日 11:32撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙涯嶺の頂上部
少し下った平坦な場所にある標識
2017年07月28日 11:32撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下った平坦な場所にある標識
擂鉢窪避難小屋と空木岳
2017年07月28日 12:15撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
擂鉢窪避難小屋と空木岳
三角点峰に着く。
2017年07月28日 12:16撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点峰に着く。
山頂はガスの中www
2017年07月28日 12:17撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はガスの中www
三角点峰と仙涯嶺
2017年07月28日 12:34撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点峰と仙涯嶺
山頂より空木岳
2017年07月28日 12:35撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より空木岳
鎖場の斜めトラバース
2017年07月28日 13:23撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の斜めトラバース
標高2,700m。中々高度が下がらないwww
2017年07月28日 13:40撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2,700m。中々高度が下がらないwww
ハイマツの密生地帯が続く…。
2017年07月28日 13:40撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの密生地帯が続く…。
北沢尾根三角点
2017年07月28日 14:24撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢尾根三角点
標識もよく見えず…。
2017年07月28日 14:25撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識もよく見えず…。
林道に下りる。
2017年07月28日 15:51撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に下りる。
林道を下る。
2017年07月28日 15:54撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を下る。
福栃橋に戻る。
2017年07月28日 16:10撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福栃橋に戻る。
ゲートの左に通路あり。
2017年07月28日 16:36撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートの左に通路あり。
下の段の広い駐車場。お疲れ様。
2017年07月28日 16:38撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の段の広い駐車場。お疲れ様。
撮影機材:

感想/記録
by senbe

伊奈川ダム上登山口までの道路はすぐ手前まで舗装されているが、須原の集落を過ぎると細くなり、小さな落石も転がっているのでゆっくりと運転して5時過ぎに駐車場に着く。
 車内で朝食を済ませ準備して6時過ぎに歩き始める。30分程林道を歩いた後、越百山への登山道に入り、さらに30分近く登って下の水場でたっぷり水を汲んでから再び登りだすと、段々傾斜がきつくなるのと水の重みで足取りが重くなるwww
 我慢して1時間以上登ると上の水場への分岐に着くが、下の水場では飲むだけにして、どうせ汲むならここで汲めば良かったと後悔する…(必要なくなったので上の水場は確認しなかった)。
 その後も急登が続いた後、越百小屋の手前で一旦下りになり、小屋を過ぎて稜線の登りを40分以上こなすとようやく越百山に着く。
 山頂はガスっていて肌寒かったのであまり休まずに仙涯嶺に向かい、途中、段々晴れて気温も上がってきたので、風の当たらないところでザックを下ろしてパンと水を胃に流し込んで荷を少し軽くしてから上部の岩場に向かう…。
 仙涯嶺の上部は岩が積み重なっていて足場が悪く、注意しながらルートから少し外れた最上部の岩に乗ってみる。ザックを背負ったままだったので立つのは諦めてルートに戻って少し進むと、標識のある平坦な場所に出た。そこから一旦岩場の下りを経て、南駒ヶ岳への登りになるが、稜線を外してトラバース気味に岩場を巻いて登っていく箇所が多く、短い鎖場も出てきて気が抜けなくなり疲れてくるwww
 仙涯嶺から1時間程掛かって南駒ヶ岳に着き、30分以上休んで食事したり写真を撮ったりした後、北沢尾根を下る。
 しばらくは中々標高が下がらないままハイマツ漕ぎが続き、合間に岩場の下りやトラバースが出てきて歩き難かったが、6合目(標高2,100m)を過ぎた辺りから段々ハイマツも無くなって急な下りになり、3時間弱で林道に出てホッとする…。
 その後林道を45分程下って駐車場に戻り、下山後はフォレスパ木曽あてら荘(600円)で汗を流してから帰った。
訪問者数:156人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ