また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1214875 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

火打山

日程 2017年08月03日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れたり曇ったり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道から笹ヶ峰まで30分以上かかる。一部工事中で、夜間早朝は通行止めの看板あり。
笹ヶ峰は登山口前と、その向かいのキャンプ場に合わせて100台以上停められそう。トイレあり。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間47分
休憩
1時間10分
合計
8時間57分
S笹ヶ峰バス停06:1207:01黒沢橋07:0208:25富士見平分岐09:04高谷池ヒュッテ09:1709:36天狗の庭09:3710:14ライチョウ平10:1710:55火打山11:2211:47ライチョウ平11:5012:16天狗の庭12:2012:39高谷池ヒュッテ12:5113:26富士見平分岐13:3014:31黒沢橋14:3315:09笹ヶ峰登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一般登山道
木道と階段が多い
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

ここから12曲がり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから12曲がり
なんとか登り切ると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか登り切ると
2
オアシス高谷池ヒュッテ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オアシス高谷池ヒュッテ
4
アオノツガザクラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ
3
ハクサンコザクラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラ
10
タクサンコザクラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクサンコザクラ
4
うぬぬ…帰りにね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うぬぬ…帰りにね
7
カオシロトンボ
本当に顔が白い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カオシロトンボ
本当に顔が白い
3
雷鳥平らで山頂少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥平らで山頂少し
1
アオツガとイワカガミ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオツガとイワカガミ
3
そんな日もあるさ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな日もあるさ
6
花には満足ですよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花には満足ですよ
4
しばらく待ったけど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく待ったけど
6
よれよれと退場門へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よれよれと退場門へ
3
林道にアナグマか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にアナグマか
10

感想/記録
by cheeze

仕事を引退したら、旅をしながら、その土地の美しい山をのんびりと歩いてみたい、とずっと思っていた。でも、なかなか思い通りにはいかないものだ。
仕事のことも、家のことも、体力のことも、もちろん財政的な面でも。でも一番は気持ちの問題かな。名山コレクターになるには年をとりすぎたし、旅人になるには捨てられないものが多すぎる。

上越の名山、火打山の高層湿原にハクサンコザクラの咲く季節、木道と池塘のある風景を歩いてみたいと思っていた。まとめて休める夏休み、ようやく重い腰を上げる。

長い行程だが、標高差は妥当なので日帰りは十分可能。樹林帯のアプローチが長いので少々飽き気味になるが、12曲がりの急登から目が覚める。妙高方面への分岐を過ぎ山腹を巻く道を行くと初めて残雪を抱いた火打山が見えてくる。

高谷池ヒュッテで休憩し、いよいよ天狗平へ。木道と幾つもの池塘が広がる美しい高層湿原である。ハクサンコザクラとアオノツガザクラも見ごろだけど、今はワタスゲのピークかな。今年はどこもコバイケイソウが見当たらない。去年もだったけど。ライチョウ平でいったん斜度が緩み、尾根道となる。高山だが灌木帯が続き展望は今一つ。最後の急登に入るころからようやく、花が増え、展望が開けてくる。キンポウゲ、マルバダケフキ、ウサギギク、オタカラコウ、そういえば黄色いのが多かった。

念願の山頂に出るが、残念ながら四囲は雲に取り囲まれ、頭上だけが青空という…。日本海と北アルプスを見たかったなあ。
平日だけど、さすがに夏休みの名山。多くの人が歩いておられ、賑やかな一日だった。楽しい夏休み初日が終わる。
訪問者数:378人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ