ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 火打山

火打山(ひうちやま)

最終更新者 Raccoon-dog
基本情報
標高 2462m
場所 北緯36度55分22秒, 東経138度04分04秒
頸城山塊の最高峰。山頂は360度の展望が広がる。
山頂
展望ポイント

火打山の日の出・日の入り時刻

07/26(水) 07/27(木) 07/28(金) 07/29(土) 07/30(日) 07/31(月) 08/01(火)
日の出 4時39分 4時39分 4時40分 4時41分 4時42分 4時43分 4時44分
日の入り 19時10分 19時10分 19時9分 19時8分 19時7分 19時6分 19時5分

火打山 (標高2462m)付近の気温

7月の気温(推定値)
最高気温
15.9
平均気温
11.2
最低気温
8
Loading...

周辺の平年の気象状況

7月の気象
日照時間 4.1 時間/日
降水量 7.8 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

火打山(ひうちやま)は、妙高戸隠連山国立公園内の新潟県糸魚川市と妙高市にまたがる標高2,462mの頸城山塊の最高峰である。日本百名山、及び花の百名山に選定されている。
東西に緩やかな稜線を持つ山で、頂上付近は傾斜がさほど急でないため冬期には雪がべったりとついて真っ白な姿を見せる。主峰の他、西側にやや低い影火打(かげひうち)の峰がある。山容が火打石に似ていることが、山名の由来であるとする説がある。江戸時代の『越後野志』に山名の由来が記されている。
火打山は活火山の焼山と成層火山の妙高山に挟まれた穏やかな山容の山であるが火山ではなく、堆積岩から海生動物類の化石が発見されている。小蓮華山等の飛騨山脈に属する山を除けば、新潟県では最も高い。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「火打山」 に関連する記録(最新10件)

妙高・戸隠・雨飾
  85     16 
2017年07月22日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  19   17 
2017年07月22日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  95     98  12 
2017年07月21日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  65    26  1 
2017年07月21日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  93     150 
2017年07月20日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  33    22  2 
2017年07月19日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  12    14 
asaminez, その他2人
2017年07月17日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  4   5 
2017年07月17日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  42    6 
tomizii, その他30人
2017年07月16日(2日間)
妙高・戸隠・雨飾
  16    15 
kooney, その他1人
2017年07月15日(日帰り)
ページの先頭へ