また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1216497 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白山

白山(砂防新道〜御前峰〜観光新道)

日程 2017年08月04日(金) 〜 2017年08月05日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車にて別当出合へ(前泊)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間10分
休憩
1時間15分
合計
8時間25分
S別当出合06:1707:13中飯場07:56別当覗07:5708:47甚之助避難小屋09:08南竜分岐09:22南竜道・エコーライン分岐09:3710:47弥陀ヶ原・エコーライン分岐10:4911:29白山室堂11:3212:04白山12:3713:10翠ヶ池13:1213:17大汝峰南・中宮道分岐13:21お池めぐり分岐13:2213:27山頂池めぐりコース分岐14:02白山室堂14:2014:42宿泊地
2日目
山行
3時間30分
休憩
15分
合計
3時間45分
宿泊地07:0307:14弥陀ヶ原・エコーライン分岐07:23黒ボコ岩08:13殿ヶ池避難小屋08:1809:33別当坂分岐09:4310:48別当出合10:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
[1日目]
06:22 移動の開始
07:07 中飯場
08:27 甚之助避難小屋
09:07 南竜道分岐
09:22 エコーライン下分岐
10:47 エコーライン上分岐
12:02 白山 (御前峰)
12:12 休憩(〜12:42)
13:02 紺屋ヶ池
14:01 白山室堂
14:42 宿泊
[2日目]
07:08 宿泊
07:23 黒ボコ岩
08:23 殿ヶ池避難小屋
09:28 別当坂分岐
10:48 移動の終了
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

エコーラインから南竜小屋方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインから南竜小屋方面
別山の雄大な景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山の雄大な景色
雪渓が残る室堂と御前峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が残る室堂と御前峰
雪渓をバックにニッコウキスゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓をバックにニッコウキスゲ
大規模な室堂の施設
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大規模な室堂の施設
ハクサンフロウとクルマユリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフロウとクルマユリ
雪渓と池の代表的な景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓と池の代表的な景色
1
雲海が明るくなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が明るくなってきた
2
槍ケ岳ほか北アルプスの素晴らしい景観
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ケ岳ほか北アルプスの素晴らしい景観
2
あと少しでご来光の予定が...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しでご来光の予定が...
1
ガスにかすんで太陽しか見えないというまさかの結末
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスにかすんで太陽しか見えないというまさかの結末
1
男前な別山の雄大な景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男前な別山の雄大な景色
1
尾根筋をひたすら下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋をひたすら下る

感想/記録
by Kazu50

天候に恵まれ、いい山行きとなった。
砂防新道は大した勾配もなく、軽快に登れた。
エコーラインに分岐するとほとんど登山者にあわず、お花畑や南竜道分岐から別山を臨む高原の景色に堪能。そこからの登りはキツかったが、登り切ったら雪渓に遭遇し、そして室堂と御前峰を臨む広大な高原を見た時は感動だった。
ときたまガスもあったが、ポイントポイントで晴れて良い景色が見れた。
御前峰はガスまじりであったが、お池巡りに降りてゆくと天候も良く、青くすんだ池や雪渓を十分堪能できた。
ご来光も素晴らしかった。一面の雲海と北アルプスの山々が遠く望め、だんだん赤味を帯びる姿に感動。あと数分でご来光という時にガスが昇って来て、ガスの中に太陽しか見えないというまさかの結末に驚くも、それはそれで貴重な経験。
観光新道は終始、厳しい下りで膝や筋肉がガタガタになったが、雄大な別山とその尾根筋の雄大な景色も素晴らしく、心洗われた。
訪問者数:188人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ