また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1216659 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山

日程 2017年08月05日(土) 〜 2017年08月06日(日)
メンバー
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間27分
休憩
19時間34分
合計
24時間1分
S留浦バス停08:1708:27鴨沢バス停08:3609:03丹波山村村営駐車場09:0309:09小袖緑道あがり09:1010:44堂所10:4711:40七ッ石小屋下分岐11:4811:50七ツ石小屋13:0013:03七ッ石小屋上分岐13:1413:20斧手石13:2213:32七ツ石山13:3613:59ブナ坂13:5914:35奥多摩小屋
2日目
山行
8時間16分
休憩
19時間25分
合計
27時間41分
奥多摩小屋08:1508:21ヨモギノ頭08:2108:43小雲取山08:4409:01雲取山避難小屋09:2709:30雲取山09:4809:50雲取山避難小屋09:5310:23三条ダルミ10:2312:16三条の湯12:5315:23後山川林道終点(青岩谷出会い)15:2716:22塩沢橋16:2717:05片倉橋17:0517:36お祭バス停17:4217:54所畑バス停17:5418:00鴨沢西バス停18:0018:11鴨沢バス停18:1418:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ところによりぬかるみあり
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

三条の湯の手前、少し山側の沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三条の湯の手前、少し山側の沢

感想/記録
by k1taj

初めてのテント泊である。
高尾山、陣馬山、生藤山、三頭山と数えてきたので、そろそろテント泊も良いのではないかと思った。

青梅線で立川から青梅、奥多摩。バスで奥多摩から留浦へと経ていくたびに、乗車する人の登山の色が濃くなっていくのを見て、テンションが上がる。

天気は曇り。眺めには恵まれないものの、霧の空気を吸い込みながら歩いていくのもまた良し。

長い上り坂。七ツ石の小屋で昼食をとった。その頃から雲がより厚くなった。

七ツ石山山頂で一息つた頃から雨粒が落ちだす。

小一時間雨に打たれながら、先へ進む。

雲取山ヘリポートのあたりで雨は止んだ。そこで鹿にあった。
かわいいと思って写真をとっていた。近くの看板によると、鹿は増えすぎて、害にもなっているらしい。


その先の奥多摩小屋でテント泊。
既に10張程度の先着がいた。
ヘリポート小屋のよりに良い場所があり、そこにテントを張った。

買ったビールを飲む。美味い。

一泊して、雲取山山頂へ向かう。

急な上り坂。山頂で三角点や石標の写真を撮る。
親切な女性がいて、写真を撮ってくれた。

そこからはずーっと下り坂。
足がしんどい。

一本道の向こうから、また鹿がやってきた。すれ違おうと寄っていくと、山側に駆け上って行って、道を譲ってくれた。

三条の湯の近くに小さな滝があった。1sの長秒露光で絹糸のように水を撮る。30分以上も撮影をしていると、体力も回復していった。

さらに進んで三条の湯。
600円でこの癒しは得難い。非常に気持ちが良い。
風呂上がりにカレーライスを頂く。美味い。
鹿肉の燻製もまた旨し。

そこからずーっと下っていく。
スキットルでウイスキーを味わって進んでいく。

とうとうお祭のバス停に着いた!と思って座り込んだら、雨が降りだす。。

ともあれ、無事下山完了。

訪問者数:217人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 三角点 ヘリポート テン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ