また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1223792 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

尾瀬・燧ケ岳 大清水口から長蔵小屋泊

日程 2017年08月11日(金) 〜 2017年08月12日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々小雨、晴れ。
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
往き:所沢IC6:00−関越渋滞−沼田IC−戸倉−10:50大清水口:駐車場
   11:30−シャトルバス\700−11:40一ノ瀬
帰り:大清水口20:50−戸倉−沼田IC−赤城PA夕食−23:35所沢IC
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間10分
休憩
1時間20分
合計
4時間30分
S一ノ瀬休憩所11:5012:25岩清水13:10三平峠(尾瀬峠)13:2013:45三平下(尾瀬沼山荘)14:2014:50長蔵小屋15:2515:50大江湿原散策16:20長蔵小屋泊
2日目
山行
11時間40分
休憩
3時間15分
合計
14時間55分
長蔵小屋05:4506:05長英新道分岐07:001合目08:104合目08:506合目09:302175m地点09:5510:008合目ナデッ窪分岐10:3510:5511:25燧ヶ岳11:5012:2512:3513:202175m地点13:4515:201合目15:3016:10長英新道分岐16:1516:30長蔵小屋17:0517:30三平下(尾瀬沼山荘)17:3518:00三平峠(尾瀬峠)18:1018:50岩清水19:20一ノ瀬休憩所19:4520:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ベースレイヤー ドライレイヤー 薄手保温着 ズボン 靴下 グローブ レインウェア 雨帽子 ザック 昼ご飯✖2 行動食 保温ボトル500+水筒500✖2 折畳みイス コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル 一本ストック カメラ

写真

大清水口休憩所。
2017年08月11日 11:05撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大清水口休憩所。
1
駐車場は空いてました、1日\500✖2。一ノ瀬行シャトルバス\700に乗ります。
2017年08月11日 11:05撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は空いてました、1日\500✖2。一ノ瀬行シャトルバス\700に乗ります。
一ノ瀬休憩所に到着。標高1423m、ここから登行開始。
2017年08月11日 11:43撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ瀬休憩所に到着。標高1423m、ここから登行開始。
一ノ瀬の有料トイレ。
2017年08月11日 11:43撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ瀬の有料トイレ。
スタートは沢沿い歩き。
2017年08月11日 11:55撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートは沢沿い歩き。
木道坂道、階段が多い。小雨で滑ります。
2017年08月11日 11:55撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道坂道、階段が多い。小雨で滑ります。
おいしい石清水。
2017年08月11日 12:26撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おいしい石清水。
湿地には敷石の道。このあとつづれ折れ階段で高度を稼ぎます。
2017年08月11日 12:28撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿地には敷石の道。このあとつづれ折れ階段で高度を稼ぎます。
一部、木道の危険個所。
2017年08月11日 12:44撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部、木道の危険個所。
三平峠、標高1762m。ここから尾瀬沼に約100m下ります。
2017年08月11日 13:16撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三平峠、標高1762m。ここから尾瀬沼に約100m下ります。
尾瀬沼が見えてきました。
2017年08月11日 13:37撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼が見えてきました。
三平下のベンチ、ここで昼食。
2017年08月11日 13:49撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三平下のベンチ、ここで昼食。
1
尾瀬沼の畔、水平な木道を小屋に向かいます。
2017年08月11日 14:31撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼の畔、水平な木道を小屋に向かいます。
今晩お世話になる長蔵小屋到着。尾瀬で最初の山小屋とのこと、風格があります。荷物を置いて、付近の散策に出ました。
2017年08月11日 14:56撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今晩お世話になる長蔵小屋到着。尾瀬で最初の山小屋とのこと、風格があります。荷物を置いて、付近の散策に出ました。
尾瀬沼ビジターセンター。
2017年08月11日 15:30撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼ビジターセンター。
ビジターセンター内の展示。
2017年08月11日 15:32撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンター内の展示。
1
大江湿原方面に直進。明日は左の沼尻方面に。
2017年08月11日 15:48撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大江湿原方面に直進。明日は左の沼尻方面に。
1
コオニユリ。たくさん咲いてます。
2017年08月11日 15:42撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コオニユリ。たくさん咲いてます。
オゼミズギク。これからたくさん咲くそうです。
2017年08月11日 15:45撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オゼミズギク。これからたくさん咲くそうです。
ニッコウキスゲ。数輪残ってました。
2017年08月11日 15:53撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ。数輪残ってました。
1
アザミ。
2017年08月11日 15:54撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミ。
1
長蔵小屋の受付。
2017年08月11日 20:09撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長蔵小屋の受付。
1
一階廊下。左が食堂。奥にお風呂、夕食前に入れました。
2017年08月11日 20:09撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一階廊下。左が食堂。奥にお風呂、夕食前に入れました。
夕食。シンプルで美味しかった。1泊2食\8640。
2017年08月11日 17:29撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食。シンプルで美味しかった。1泊2食\8640。
1
夜の長蔵小屋玄関。
2017年08月11日 20:07撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜の長蔵小屋玄関。
2
二日目、4時起床。部屋でお弁当をいただきました。
2017年08月12日 04:29撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目、4時起床。部屋でお弁当をいただきました。
湿原の小川にかかった橋。向かいの森の中に入っていきます。
2017年08月12日 05:55撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の小川にかかった橋。向かいの森の中に入っていきます。
長英新道への分岐。右、燧ケ岳山頂へ。
2017年08月12日 06:05撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長英新道への分岐。右、燧ケ岳山頂へ。
森のなか、平坦な道が長い。
2017年08月12日 06:46撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森のなか、平坦な道が長い。
ぬかるみがたくさん。転ぶよりは、靴が汚れるほうが良いです。
2017年08月12日 06:52撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬかるみがたくさん。転ぶよりは、靴が汚れるほうが良いです。
分岐から1時間近く歩いて、やっと1合目の標識が。
2017年08月12日 06:59撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から1時間近く歩いて、やっと1合目の標識が。
2合目。まだなだらかです。
2017年08月12日 07:28撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目。まだなだらかです。
3合目。
2017年08月12日 07:54撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目。
4合目、道が急になってきました。
2017年08月12日 08:12撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目、道が急になってきました。
最初の階段。
2017年08月12日 08:29撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の階段。
5合目。急登が続く。
2017年08月12日 08:35撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目。急登が続く。
6合目。しばし平らな道。
2017年08月12日 08:47撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目。しばし平らな道。
7合目。
2017年08月12日 09:11撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目。
樹林帯が終わり、低木と笹原に。
2017年08月12日 09:12撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯が終わり、低木と笹原に。
階段連続。
2017年08月12日 09:21撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段連続。
展望台に出ました。尾瀬沼が眼下に、高度計は2175m。
2017年08月12日 09:52撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に出ました。尾瀬沼が眼下に、高度計は2175m。
振り返ると、時々雲が切れて、俎グラが見える。
2017年08月12日 09:57撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、時々雲が切れて、俎グラが見える。
すぐに8合目。帰りに分かったんですが柱の裏に沼尻への分岐と書いてありました。
2017年08月12日 10:03撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに8合目。帰りに分かったんですが柱の裏に沼尻への分岐と書いてありました。
9合目。山頂はもう一息。
2017年08月12日 10:21撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目。山頂はもう一息。
「俎(マナイタ)グラ」2346m到着。祠と三角点。
2017年08月12日 10:38撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「俎(マナイタ)グラ」2346m到着。祠と三角点。
2
俎グラ山頂標識。文字がかすれて読めない。柴安グラに向かいます。
2017年08月12日 10:39撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎グラ山頂標識。文字がかすれて読めない。柴安グラに向かいます。
「柴安グラ」2356m。立派な石造標識に「燧ケ岳山頂」。
2017年08月12日 11:25撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「柴安グラ」2356m。立派な石造標識に「燧ケ岳山頂」。
3
こちらは平らで広い。みなさん昼食。
2017年08月12日 11:26撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは平らで広い。みなさん昼食。
木道が柴安グラ、俎グラの中間地点。50m程の下りと登り。
2017年08月12日 12:03撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道が柴安グラ、俎グラの中間地点。50m程の下りと登り。
鞍部から、雲に霞んだ柴安グラ。
2017年08月12日 12:10撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から、雲に霞んだ柴安グラ。
俎グラははっきり。また50mの登りがキツイ。
2017年08月12日 12:11撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎グラははっきり。また50mの登りがキツイ。
俎グラから、尾瀬沼がくっきり。山頂から降ります。
2017年08月12日 12:28撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎グラから、尾瀬沼がくっきり。山頂から降ります。
4
少し下りたところから、尾瀬ヶ原が見えました。
2017年08月12日 12:47撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下りたところから、尾瀬ヶ原が見えました。
1
俎グラを振り返る。
2017年08月12日 13:11撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎グラを振り返る。
1
午前中休憩した展望台で昼食。
2017年08月12日 13:27撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中休憩した展望台で昼食。
あの樹林帯の中に入って行きます。
2017年08月12日 13:46撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの樹林帯の中に入って行きます。
アサギマダラが羽根を広げてくれました。
2017年08月12日 13:55撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサギマダラが羽根を広げてくれました。
2
時々、尾瀬沼が見えて、どんどん高度を下げます。
2017年08月12日 14:00撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、尾瀬沼が見えて、どんどん高度を下げます。
湖畔の木道に合流します。
2017年08月12日 16:12撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖畔の木道に合流します。
平穏な木道歩き。
2017年08月12日 16:28撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平穏な木道歩き。
1
長蔵小屋に帰還。売店でアイスクリーム休憩。
2017年08月12日 16:40撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長蔵小屋に帰還。売店でアイスクリーム休憩。
日没までもう少し。
2017年08月12日 17:08撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没までもう少し。
3
平らな湖畔の木道。
2017年08月12日 17:09撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平らな湖畔の木道。
三平峠へ、本日最後の登り。なだらかだけどキツイ。
2017年08月12日 17:49撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三平峠へ、本日最後の登り。なだらかだけどキツイ。
三平峠、6時。ここでヘッドライトを装着。
2017年08月12日 18:02撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三平峠、6時。ここでヘッドライトを装着。
まだ明るい。危険個所。
2017年08月12日 18:30撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ明るい。危険個所。
7:20に一ノ瀬、トイレ等諸々。あとは真っ暗な砂利の車道を3キロ歩きます。
2017年08月12日 19:25撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:20に一ノ瀬、トイレ等諸々。あとは真っ暗な砂利の車道を3キロ歩きます。
無事、大清水口に帰ってきました。長い一日!お疲れ様でした。
2017年08月12日 20:43撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、大清水口に帰ってきました。長い一日!お疲れ様でした。
燧ケ岳バッジ。長蔵小屋売店で購入。
2017年08月14日 10:07撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳バッジ。長蔵小屋売店で購入。
1
長蔵小屋お弁当の包み紙デス。
2017年08月16日 23:07撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長蔵小屋お弁当の包み紙デス。
1

感想/記録
by kiha52

初めての燧ケ岳、最初桧枝岐村の御池からの周回を検討しましたが、大清水口から尾瀬沼の小屋泊まり、燧ケ岳登頂のルートにしました。
我々の亀足では、下山後、尾瀬沼から大清水口の途中で日没歩きになるになるという想定です。
一日目は尾瀬沼までのハイキング、石畳みや木道、階段が多く、濡れた木道が滑りやすいことを除けば、歩きやすい道。蒸してますが、雨にはならず、森の中のトレッキングを楽しめました。
小屋に着いた後、大江湿原の入口あたりを散策、ニッコウキスゲは数輪残ってました。色々なお花がまばらに咲いて、尾瀬の夏は終わりにさしかかってる感じです。
長蔵小屋は予約の時に相部屋と言われてましたが、当日は二人で8畳の個室、山小屋で初めてお風呂にも入れ、旅館以上に快適でした。

燧ケ岳登頂には長英新道を選択。緩やかな道が延々と続き、ぬかるみと格闘、1時間くらい歩いてやっと1合目の看板が出てきます。
4合目あたりから急登が続き、階段も数か所あります。8合目手前の展望場所から小雨が降ったり止んだり、レインウェアを着込みました。
直下の急な岩道を登り詰めてピークの「俎グラ」に、実は途中のナデッ窪分岐が分からなかったので他の方にも聴いて、俎グラに着いたと分かりました。
最高所の「柴安グラ」は雲で見えませんが、看板とペイントに従って往復しました。時々雲が消えて、俎グラが姿を見せたり、はるか真下に尾瀬沼が見えたり、登ってきた甲斐がありました。

下りの8合目の標識の裏に、ナデッ窪分岐の表記を発見、ルートも確認しましたが岩々で濡れてるし険しそうだったので、登ってきた長英新道を戻ることにしました。
登りも下りも、頻繁にに休憩してるのでコースタイムはあまり参考にしないでください(笑)。
長英小屋に戻ったのは4時半。アイスを食べて、どろどろの靴を洗い、ここからまだ7キロ歩きますから、休憩してリセットしました。

6:50、石清水のあたりで真っ暗になりました。幸い木道も多く、道は明瞭、道迷いの心配はまずありません。と、分かっていますが、真っ暗だと時間がなかなか進まずに、不安になります。
9時近かったですが、無事に大清水口に帰ってきました。休憩所の灯は落ちてましたが、車もちゃんと居ました、あとはゆっくり帰れます。
高速の赤城高原SAでラーメンを食べて、時間も遅かったせいか、関越道も渋滞無しでスイスイ。いつも、この山歩きと文明の高速移動の落差には不思議な感覚を覚えます。
二日間、尾瀬と燧ケ岳を体験できました。尾瀬はまた季節を変えたり、再訪したいエリアになりました。



訪問者数:228人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/8/26
投稿数: 1297
2017/8/15 7:29
 燧ヶ岳
kiha52様、おはようございます。

燧ヶ岳に行かれたのですね。
実は我々も12日に御池からの周回予定だったのですが、
直近の天気予報で断念しました。

この天気だったので、山小屋は空いていたのはラッキーでしたね^_^
それに夕食も美味しそう。

燧からの展望も完全ガスの中でなく、
尾瀬沼俯瞰でき、この天気の中、
良かったのではないでしょうか?
登録日: 2014/4/28
投稿数: 20
2017/8/15 20:10
 Re: 燧ヶ岳
Akaneko様、こんにちわ。
もしかしたら、燧ケ岳で会っていたかも
しれなかったんですね!

長蔵小屋を予約したので、雨になっても
尾瀬散策でいいかなと行きました。
キャンセルもあったせいか、個室で
のんびりくつろげました。

全くのガスガスではなく、尾瀬の眺めも
楽しめたのはラッキーでした。
8月になってから天気が不安定に、
休みと天気がマッチして欲しいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ