ヤマレコ

記録ID: 1227677 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

木曽駒ヶ岳

日程 2017年08月12日(土) 〜 2017年08月13日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候8/12:曇のち雨、8/13:曇(ガス)時々晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
菅の台バスセンターに駐車、菅の台からしらび平までバス・ロープウェイ利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間2分
休憩
1時間33分
合計
6時間35分
S千畳敷駅07:1508:35乗越浄土08:4509:09伊那前岳09:1709:45宝剣山荘09:5510:15中岳10:2310:38(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘11:3512:39濃ヶ池13:10駒飼ノ池13:25宝剣山荘13:50(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘
2日目
山行
3時間36分
休憩
2時間7分
合計
5時間43分
(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘05:1705:30木曽駒ヶ岳05:4006:00(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘06:4507:10宝剣山荘07:2007:43宝剣岳07:5508:30宝剣山荘08:4008:55駒飼ノ池09:1009:50宝剣山荘10:1511:00千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
7/11:自宅→こまくさの湯→菅の台バスセンター(車中泊)
7/13:駒ヶ根・菅の台→こまくさの湯→蕎麦屋「丸富」→自宅
コース状況/
危険箇所等
宝剣山荘から宝剣岳山頂は岩場・鎖場の連続で危険。
中岳の巻道も岩場が有り、通過には注意が必要。
その他周辺情報登山前後の入浴は「こまくさの湯」

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

南アルプス荒川岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス荒川岳
イワツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
将棊頭山と濃ヶ池(中央左)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将棊頭山と濃ヶ池(中央左)
伊那前岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那前岳山頂
乗越浄土からの伊那前岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越浄土からの伊那前岳
馬ノ背には猿がいた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背には猿がいた
大雨の濃ヶ池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雨の濃ヶ池
雨上がりのテント場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨上がりのテント場
幻想的な朝焼け
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な朝焼け
1
八ヶ岳とご来光
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳とご来光
1
木曽駒ヶ岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳山頂
雲海と北アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と北アルプス
木曽駒山頂にて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒山頂にて
2
宝剣岳山頂にて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳山頂にて
帰りの八丁坂は沢山の人
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの八丁坂は沢山の人
ハクサンイチゲとミヤマキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲとミヤマキンバイ

感想/記録

今年の夏山は初の中央アルプスに行ってきた。天気がイマイチなのと初心者と一緒だったので、ロープウェイ利用、テント1泊のみの楽々ゆる登山をしてきた。

1日目(8/12)
菅の台の駐車場で車中泊した後、バスとロープウェイを乗り継ぎ、千畳敷に向かった。バス停やロープウェイ駅は物凄い人だったが、それほど待たずに乗ることが出来た。千畳敷には7時に到着した。この日は伊那前岳と中岳に登って、頂上山荘でテントを張った。早めの昼食を食べた後は、一人で将棊頭山に向かった。途中ではサルの軍団に遭遇。写真を取ってたらボス猿っぽいのから威嚇されたが襲われはしなかった。その後雨が降り出したので将棊頭山は断念して濃ヶ池を回って戻ることにした。雨はやがて土砂降りとなり、登山道が川のようになってしまい、靴の中までびしょ濡れになってしまった。頂上山荘まで戻ると雨は上がった。その後は濡れた装備を乾かし、夕飯を食べて寝た。この日は夜中も雨が結構降ってたようだ。

2日目(8/13)
朝、テントを開けると、目の前には見事な朝焼けの景色が広がっていた。しばらくすると八ヶ岳近くの雲海から太陽が昇った。御来光を見た後は、小屋裏の木曽駒山頂へと向かった。山頂は時々ガスに覆われたが、ガスが晴れると雲海に浮かぶ北アルプスや御嶽山などを見ることが出来た。山頂を下りた後はテントを回収して宝剣岳へと向かった。宝剣岳ではブロッケン現象も見ることが出来たし、山頂の大岩の上に立つこともできて大満足だった。宝剣岳の後は、昨日通過した駒飼ノ池にもう一度行った。そして最後は宝剣山荘から八丁坂を下って千畳敷に下山した。
下山後はこまくさの湯に入った後、近くの蕎麦屋「丸富」で蕎麦を食べた。味良し、雰囲気良しで、また行ってみたい素晴らしい蕎麦屋だった。
訪問者数:148人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ