また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1232508 全員に公開 沢登り甲斐駒・北岳

鞍掛沢〜金山沢遡行

日程 2017年08月19日(土) 〜 2017年08月20日(日)
メンバー , その他メンバー6人
天候初日:曇り時々晴れ 2日目:曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間18分
休憩
9分
合計
7時間27分
S矢立石登山口08:3809:15錦滝10:04尾白川林道終点10:1316:05宿泊地
2日目
山行
8時間3分
休憩
42分
合計
8時間45分
宿泊地05:5111:21中ノ尾根分岐11:50駒岩(鞍掛山分岐)12:0012:46雁ヶ原・錦滝分岐12:4813:01尾根直登道・鞍掛山方面トラバース道分岐13:0413:06錦滝分岐13:1413:23雁ヶ原13:2513:25日向山(山頂標識)13:4113:45日向山14:33矢立石登山口14:3414:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報尾白の湯 810円(だったかな?)
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

はじめのなめ滝
2017年08月19日 11:00撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめのなめ滝
さっそく泳ぎます。
2017年08月19日 11:17撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそく泳ぎます。
1
なめなめ
2017年08月19日 11:33撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なめなめ
泳ぎからのなめ
2017年08月19日 12:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泳ぎからのなめ
右岸巻ですが、右岸水線沿いも登れそうです。
2017年08月19日 14:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸巻ですが、右岸水線沿いも登れそうです。
なめが最高なんだよなぁ〜
2017年08月19日 15:24撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なめが最高なんだよなぁ〜
で、乾杯。
2017年08月19日 16:33撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、乾杯。
たき火だひゃっほい。
2017年08月19日 18:47撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たき火だひゃっほい。
40mのドーム状、さすがに巻きます。
2017年08月20日 09:12撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40mのドーム状、さすがに巻きます。
脱渓して稜線です。
2017年08月20日 10:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脱渓して稜線です。
もののけ姫的な雰囲気
2017年08月20日 11:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もののけ姫的な雰囲気
日向山山頂〜ここから1時間で下山です。
2017年08月20日 13:33撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山山頂〜ここから1時間で下山です。
撮影機材:

感想/記録

会山行で鞍掛〜金山沢へ沢登りへいってきました。

到着してまずは林道を詰めます。
道はぬかるんでおり、アプローチシューズ以上の登山靴が必要と思われます。
途中3か所ほどトンネルを通過しますが、そこまであれておらずなんとか通過。
入渓点へは林道終点から50mほど急斜を下ります。

鞍掛沢はなめ滝の多い沢。
ひたすらなめを登ります。
連日続く雨で水量はおおめでした。
登りはジム通いの成果があってか初日は楽勝。幕営地は金山沢出会いを過ぎて50mほど登ったあたりの右岸にとりました。
沢泊は初めてだったので、た〇火(一応伏字)やタープ泊など初体験となりました。

2日目は金山沢まで戻って遡行。
金山沢もなめは多めですが、滝のスケールが細く高くなる感じです。
7mトイ状や18m2段の1段目を推薦突破。あとは巻きました。
40mのドーム状は右岸から高巻、朽木を登って突破しました。

稜線までの詰めは藪漕ぎなく快適に突破。あとは登山道にのって登山口まで戻りました〜。

今回の山行で、あまりパーティーに貢献できなかったので、次回はもう少しあれこれ考えて行動できるようになりたいですね。では。
訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ