ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 1232972
全員に公開
沢登り
十和田湖・八甲田

南八甲田 滝ノ股川〜大クロス沢〜田堰沢〜萢ノ沢〜小クロス沢〜滝ノ股川

2017年08月18日(金) 〜 2017年08月20日(日)
 - 拍手
orochi その他1人
GPS
56:00
距離
21.4km
登り
655m
下り
638m

コースタイム

※概ね1時間あたり10分の休憩を含む
8月18日
駐車場8:22ー10:55大滝下(リード)12:25大滝上ー(中間尾根から大高巻き)ー13:40大クロス沢ー15:10袖川沢出合(上流100m付近で幕営)
8月19日
幕営地6:20ー7:20十六人沢出合ー9:00 15m滝の前衛滝下ー9:20林道ー(萢ノ沢まで行き引き返す)ー10:05萢ノ沢下降点ー12:50標高540m地点(幕営)※幕営地到着後小クロス沢を偵察
8月20日
幕営地6:25ー7:05銚子の口ー9:15駐車場
天候 8月18日 曇り時々晴れ(夜小雨)
8月19日 曇りのち晴れ
8月20日 晴れ
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス 自家用車
コース状況/
危険箇所等
滝ノ股川:標高440m付近の滝ノ股大滝より手前はひたすら平凡な河原。大滝は高巻きほぼ不可でリード必須。
大クロス沢:銚子ノ口から田堰沢・袖川沢出合の区間で、地理院地図では「滝ノ股沢」と記されている。ひたすらゴルジュが続き、増水時の遡行は困難。
田堰沢:十六人沢から500mほどゴルジュが続くが、高巻ける箇所もあり大クロス沢より遡行は容易。林道手前の15m滝はその前衛滝とまとめて高巻きそのまま林道に詰めあげた。
萢(やち)ノ沢:困難な個所は無く癒し系。ゴーロは多いがナメや幅広滝も見られ、渓相は全体的に美しい。魚影が濃い。
小クロス沢:標高540m地点から銚子の口まで。大クロス沢との出合直上にある滝は尾根上からやや大きめに高巻いて下降したが、その他はクライムダウンかもしくは簡単な巻きで通過できる。短いが渓相は非常に美しい。
入渓点から見える堰堤
1
入渓点から見える堰堤
はじめは水流が錯綜
はじめは水流が錯綜
平凡な河原を行く
平凡な河原を行く
水は少し濁り気味?
1
水は少し濁り気味?
標高370m付近の堰堤
1
標高370m付近の堰堤
このような露頭が時々見られる
このような露頭が時々見られる
右岸に道があるらしい
右岸に道があるらしい
青空が増えてきた
青空が増えてきた
魚影が見られる
標高410m付近の堰堤
1
標高410m付近の堰堤
ドドーンと登場、滝ノ股大滝
3
ドドーンと登場、滝ノ股大滝
リードで登るが見た目より厳しい(ハーケン4枚使用)
1
リードで登るが見た目より厳しい(ハーケン4枚使用)
Sさんのフォロー
ステレオペアにしてみました(交差法でどうぞ)
1
ステレオペアにしてみました(交差法でどうぞ)
滝上からの眺め
大滝を越すと途端に渓相が荒々しくなる
大滝を越すと途端に渓相が荒々しくなる
銚子ノ口は突破できないので、
銚子ノ口は突破できないので、
いったん大クロス沢・小クロス沢の中間尾根から高巻く。
いったん大クロス沢・小クロス沢の中間尾根から高巻く。
懸垂で大クロス沢へ下降(50mロープでギリギリ)
懸垂で大クロス沢へ下降(50mロープでギリギリ)
ちょうど滝場の上で良かった
ちょうど滝場の上で良かった
平和な部分はちょっとだけで、
平和な部分はちょっとだけで、
まずはこの滝から。
まずはこの滝から。
落ち口はSさんからのホールドの指示が無いと厳しかった
落ち口はSさんからのホールドの指示が無いと厳しかった
ここから延々ゴルジュ
2
ここから延々ゴルジュ
素晴らしい渓相だが先を考えるとあまり楽しむ余裕が…
1
素晴らしい渓相だが先を考えるとあまり楽しむ余裕が…
高さは無いが景観が凄い
1
高さは無いが景観が凄い
まだまだ続く
側壁はこんな感じで脱出不能
側壁はこんな感じで脱出不能
再び門のような滝
2
再び門のような滝
岩と水の世界です
岩と水の世界です
実にゴルジュ的なゴルジュだ
1
実にゴルジュ的なゴルジュだ
何とか進めるのがありがたい
何とか進めるのがありがたい
フリクションは結構効きます
フリクションは結構効きます
先が見えないのが心理的に怖い
2
先が見えないのが心理的に怖い
が、面白い
振り返る
どうやったらこんな地形ができるのだろうか…
どうやったらこんな地形ができるのだろうか…
とにかくひたすら続きます
1
とにかくひたすら続きます
幕営地はそれほど遠くないはず
幕営地はそれほど遠くないはず
側壁を一直線に落ちる滝
1
側壁を一直線に落ちる滝
おっ、開けてきたぞ
おっ、開けてきたぞ
ついにゴルジュがいったん終了♪
1
ついにゴルジュがいったん終了♪
袖川沢出合
出合から100mほど上流にまずまずの適地を見つけ、整地し幕営
3
出合から100mほど上流にまずまずの適地を見つけ、整地し幕営
今日はゴーヤチャンプルーを作ってみる
今日はゴーヤチャンプルーを作ってみる
意外とちゃんと出来た
2
意外とちゃんと出来た
ふぁいやー
山菜(ミズ)の味噌汁
2
山菜(ミズ)の味噌汁
2日目。ゴルジュが出てくるが右岸から巻き気味に越せる。
2日目。ゴルジュが出てくるが右岸から巻き気味に越せる。
田堰沢は大クロス沢よりも大分癒し系です
1
田堰沢は大クロス沢よりも大分癒し系です
地層が面白い
側壁は相変わらず圧巻
1
側壁は相変わらず圧巻
問題なし
景観を楽しみながら遡行します
1
景観を楽しみながら遡行します
十六人沢出合
出合上からまたゴルジュの始まり。最初は左岸から巻きます。
出合上からまたゴルジュの始まり。最初は左岸から巻きます。
いったんゴルジュに下りるもこの先がかなり厳しそうで再び左岸巻き
いったんゴルジュに下りるもこの先がかなり厳しそうで再び左岸巻き
真面目に突破するなら大クロス沢より厳しそう、ってか狭っ!
2
真面目に突破するなら大クロス沢より厳しそう、ってか狭っ!
トラロープが設置されていたのでこれを使って沢床へ復帰
トラロープが設置されていたのでこれを使って沢床へ復帰
右岸スラブが見事
2017年08月21日 14:52撮影
1
8/21 14:52
右岸スラブが見事
これはどこまで続くんでしょうか(^^;)
これはどこまで続くんでしょうか(^^;)
写真では表現し難いスケール感
1
写真では表現し難いスケール感
Sさんは泳ぎでしたが寒がりの自分は右岸巻きです
Sさんは泳ぎでしたが寒がりの自分は右岸巻きです
長かった田堰沢のゴルジュもようやく終わり
長かった田堰沢のゴルジュもようやく終わり
スベスベ
小滝を過ぎると、
小滝を過ぎると、
15m滝とその前衛の小滝、この手前から左岸の尾根に逃げる
1
15m滝とその前衛の小滝、この手前から左岸の尾根に逃げる
急斜の藪を漕ぎ林道へ
1
急斜の藪を漕ぎ林道へ
標高830mあたりから左に派生する林道は藪に覆われていたのでエスケープルートには使えなさそう
標高830mあたりから左に派生する林道は藪に覆われていたのでエスケープルートには使えなさそう
てくてくと歩き、
1
てくてくと歩き、
萢ノ沢出合の少し手前の尾根から下降
1
萢ノ沢出合の少し手前の尾根から下降
歩きやすい笹の藪尾根を下っていくと、
歩きやすい笹の藪尾根を下っていくと、
萢ノ沢に到着、ナメがいい感じ
1
萢ノ沢に到着、ナメがいい感じ
緑が美しい
日が差して水が綺麗
日が差して水が綺麗
困難な場所は無いが、決して平凡ではない
困難な場所は無いが、決して平凡ではない
良い雰囲気の幅広滝
1
良い雰囲気の幅広滝
魚影が非常に濃い、人が殆ど入っていないのだろう
1
魚影が非常に濃い、人が殆ど入っていないのだろう
シュワシュワ
標高610m付近でクライムダウン出来ない滝が出てくるが、簡単に右岸から巻ける
1
標高610m付近でクライムダウン出来ない滝が出てくるが、簡単に右岸から巻ける
こんな滝でした
これも右岸から巻いた
1
これも右岸から巻いた
再びナメ、
そしてまたナメ。
1
そしてまたナメ。
大釜の滝を過ぎると間もなく小クロス沢へ
大釜の滝を過ぎると間もなく小クロス沢へ
小クロス沢手前の台地上で幕営
1
小クロス沢手前の台地上で幕営
焚火で料理
昨日よりも薪が豊富で助かりました
2
昨日よりも薪が豊富で助かりました
3日目。小クロス沢へ。
3日目。小クロス沢へ。
面白い小地形
地形図から想像するのとは違ってほとんど困難な個所は無い
1
地形図から想像するのとは違ってほとんど困難な個所は無い
むしろ萢ノ沢以上に渓相が良いとっておきの沢だ
1
むしろ萢ノ沢以上に渓相が良いとっておきの沢だ
このあたりが小クロス沢のハイライト
このあたりが小クロス沢のハイライト
容易にクライムダウン可
1
容易にクライムダウン可
これだけはクライムダウンできないので、左岸から大高巻き
これだけはクライムダウンできないので、左岸から大高巻き
2日目に利用した中間尾根まで上がり、同じ踏み跡を下降
2日目に利用した中間尾根まで上がり、同じ踏み跡を下降
銚子の口に帰ってきました〜
1
銚子の口に帰ってきました〜
ケーキ?
帰りは懸垂でらくちん下降
1
帰りは懸垂でらくちん下降
燦々と日差しが降り注ぎます
1
燦々と日差しが降り注ぎます
夏ですね〜
最後は右岸踏み跡を辿り(一部錯綜していたが)、
最後は右岸踏み跡を辿り(一部錯綜していたが)、
下山!!!

感想

大学時代のワンゲル部での先輩にあたるSさんの企画。自分が企画したわけではないのですが、Sさんはヤマレコユーザーで無いということなので、今回は自分の記録としてヤマレコに掲載しています。
滝ノ股大滝の登攀、大クロス沢及び田堰沢のゴルジュの突破、萢(やち)ノ沢及び小クロス沢という記録の無い沢の下降など、色々な不確実要素があるなか、2泊3日の沢旅を始める事になりました。

-----------------

Sさんの車で滝ノ股川の入渓点となる右岸の駐車場へ。駐車場からは大きな堰堤が見える。

左岸に林道が伸びているようなのでこちらをたどるとすぐに先ほどの堰堤に行き当たり、巻いて越える。越えたあとしばらくは水流が分流しておりどこを進むべきか分かりにくい。だがそれも長くはなく、やがて本流が明瞭になり、ゴーロ地帯を延々進むようになる。

水は少し濁りがあるように見える。

釣りで有名な沢ということで、1時間ほど歩いた縁で竿を出してみるが(←なお、自分は渓流釣り自体初めてで、見よう見まねの世界(^^;))、2人ともヒットせず。

最初の堰堤のほか、堰堤が2つあるが、これらは右岸の踏み跡を使って簡単に越えられた。

流れは蛇行を繰り返し、切り立った側壁が現れたりするが、本流は完全にゴーロのみ。その状態で2時間ほど歩くと、大クロス沢、小クロス沢の出合より少し手前で突如滝ノ股大滝が壁のように立ちはだかる。

前段がなくいきなりラスボスが出てきたような感じ。。

側壁は遥か上まで切り立っており、巻きは地形的にあり得ない。考えられるルートは乾いた右壁くらいだ。若干窪状になっており、高さもさほどではないため、遠目にはなんとか登れそうに見える。

とりあえずリードをする事となり、自分がトップで取り付く。
…が、この滝、かなりの強者だった。

基本的に逆層のスラブとなっており、特に中間部から上はホールドがほとんどなく苦戦。残置は3つほどあるが、下の2つは位置が悪くヌンチャクが掛からないため、残置のすぐわきなどにハーケンを打ち込み、(あまり宜しくないが)これ自体をホールドにして無理やり体を引き上げじりじり這い上がる。

4つ目のハーケンを打って体を引き上げ、腕の力が尽きてきたところで、ようやく最上部の残置に手がとどき、何とか突破。

続いてSさんにフォローでハーケン等を回収してもらい、最後に2人分の荷物を引き上げてひと段落。最初の滝で大分疲れてしまった。。

だが沢登りはむしろここからが始まり。

大滝を越すと、これまでの平凡な渓相は影を潜め、そそり立つ岩壁の中に滝と釜が続く荒々しい渓相へと変貌していく。

大クロス沢の出合である銚子の口は直接突破できないので、小クロス沢との中間尾根から高巻き下降地点を探す。この間、Sさんは小クロス沢出合付近に登るのが困難な滝がかかっていること、及び容易に高巻くことができることを確認されていた。

さて、尾根からの下降は登り返せることが前提となるので、なかなか適切な下降点が見い出せない。かといってあまり尾根上を進んでも追い上げられるだけであり、50mほど登ったところで若干傾斜の緩そうなところがあったので、ここから懸垂下降する。結果、50mロープでギリギリだったが、何とか1回の懸垂でフリーで降りられる地点まで到達。その直下は滝場となっていたので、わりと良い位置に下りたかもしれない。

そして、ここからが凄かった!

延々ゴルジュが続き、全く高巻くという行為は許されない状況が続く。ゴルジュ状のため、先が見通せず、この先通過不可能な箇所が出てきたらどうしようと不安がよぎる。

また、空は灰一色で、水もなんだか深緑色に濁っており、余計不安感を煽る。

ただ、幸いにしてフリクションは良く効き、また致命的な箇所は現れず、ギリギリ突破できるくらいの釜や小滝が続くのがありがたい。(ゴルジュの最初のほうに5mほどの滝があり、左から巻き気味に越さなければならないのだが、ここの落ち口が個人的には結構怖かった。Sさんからのホールドの指示がなければ厳しかったかもしれない)

延々と続く岩と水の世界を堪能し、袖川沢出合が近づいたころ、ようやく沢床が開け、癒し系の様相に戻ってきた。

さて、Sさんの話では袖川沢出合で泊まった記録があったとのことだが、どうもそれらしき場所が見当たらない。そこで、田堰沢に入り100mほど遡行すると、左岸側にまずまずの適地が見つかった。今日ここまで進めば明日の行程は順調に進めば問題ないはずなので、ここでツェルトを張ることにする。

薪は少なかったが何とか2人で集め、火を起す。前日の雨で湿っており点火しにくい。

晩飯はゴーヤチャンプルー。持ってきた生卵が割れていないか少し心配だったが、幸いひびは入っていなかった。また、Sさんが山菜のミズを採取されたので、下処理の方法などを教えていただき味噌汁とたたきにして食べる。沢の楽しみ方のバリエーションが増えた(^^)

夜は小雨が降った。そして虫が多くて不快だった。


8月19日(土)

田堰沢に入り遡行を続ける。
序盤は基本的にゴーロが多い。時々ゴルジュが出てきたりするが問題はない。

十六人沢を右に見ると、再び沢は長いゴルジュとなる。ただ、昨日のそれと異なり左岸を高巻ける箇所が多いので、正面突破が困難な箇所は高巻いて越える。
一箇所下降点にトラロープが設置されている箇所があった。

なお、真面目に突破しようとするなら泳ぎも必要となりかなり厳しいかもしれない。

長いゴルジュが終了すると見事なナメとなり見せ場が連続する。

小滝をいくつか過ぎると、標高780m付近で最後の15m滝とその前衛の小滝が現れる。これらの滝の登攀は困難で、またこのすぐ上が林道となっているため、小滝の手前から左岸の斜面にとりつき林道に上がることにする。
ただ、地形図上で崖マークになっているだけのことはありかなりの急斜。途中休む箇所も無く、平坦地に詰めあげたときには腕がパンパンになっていた。

とにかく前半は終了。

さて、ここから萢ノ沢の下降に移る。萢ノ沢は地形的には困難な箇所は無さそうだが、記録のない沢ということで、もしかしたら思わぬところに突破困難な滝が出てくるかもしれない。

とりあえず林道を歩き、萢ノ沢にかかる橋まで移動するが、沢床までかなり距離があり、しかも両岸ゴルジュ状となっていたので、ここからの下降は不適と判断。少し引き返して、林道の屈曲点あたりから伸びる尾根を下降して沢に下りることにする。

笹の茂る藪尾根を降りていくと、幸い下降した先はゴルジュではなく、平和なナメ。なかなかいい感じの沢じゃないか。
(事前に見た衛星画像では樹林に覆われていたため、もっと暗い沢を想像していた。)

そのまま下降していくと、ゴーロは多いものの、ナメや幅広滝が現れ飽きさせない。樹林も美しく、南八甲田の自然の真っただ中にいるということを感じさせてくれる。
そして魚影が非常に濃い。滝ノ股大滝に守られ、釣り師が容易に足を踏み入れることができない貴重な空間なのだろう。

標高610m付近で初めてクライムダウン出来ない滝が現れるが、右岸の藪を巻いて容易に降りられた。さらにその下にも滝があったが同様に巻いて降りる。

そして、心配していたようなことは起こらずわりとあっさり小クロス沢に到着。
幕営地を探すと、右岸を5mほど登ったところが良い感じの平坦地になっており、ここを本日の宿とする。昨日と違い薪は豊富だ!

さて、休む前に、小クロス沢を偵察することにする。
小クロス沢は地形図で見ると大クロス沢に似たような感じになっており、越えられない滝が出てくることは想像に難くない。
もし小クロス沢をダイレクトに下降できない場合は、693標高点あたりまで上り詰め、藪尾根を下降することも考えていた。

だが、想像とは裏腹に、しばらく下っても何ら困難な滝は出現しない。結局、崖マークの末端まで行っても何も「ヤバそうな」ものは出てこなかったので、これは小クロス沢の下降は可能と判断し、安心して幕営地に戻る。途中で晩飯用のミズを採取。

時間が余ったので、釣りをするが相変わらず釣果無し。。。もう少し勉強しなければ。

今回は夜も天気は良好。ただし、虫の多さは相変わらずだった(; ;)


8月20日(日)

今日は困難な地点が無いことが分かっているのでお気楽モード。

昨日下見した小クロス沢を下降し、往路で確認した滝上まで下る。この滝の上あたりの景観は非常に素晴らしく、小クロス沢のハイライトと言えると思う。
下りられない滝は左岸の斜面を登り、行きに通った中間尾根へ乗り上げる。そして尾根を下り銚子の口へとカムバック。

大滝は滝上に残置されていたスリング数本を使って懸垂下降。当たり前だが降りるのは一瞬だ。

あとは滝ノ股川のゴーロをだらだらと下る。今日は3日のうちで一番天気が良く、陽光が燦々と降り注いでいる。
水の透明感も心なしか高まっているようだ。

目白アブが前を行くSさんにやたらたかっていた。刺されやすい体質との事。。

標高360m付近から右岸に踏み跡が伸びるのをSさんが発見されたので、あとはこれを利用してゴールに向かう。
時々踏み跡は沢と一体化して良く分からなくなっていた。

ゴール直前で釣師の方と遭遇。入山後、初めて自分たち以外の人に会った。

そして駐車場に帰還。無事に完遂出来て良かった!!
行動距離が長かったのと藪の急斜のおかげか、足も手も筋肉痛だ。。

このあと、3日間の汚れと疲れをとるため、津軽平野の宝温泉へと向かった。

-----------------------

やはり圧巻は大クロス沢と田堰沢のゴルジュでした。遡行中は不安でしたが、振り返ってみると調度突破できるくらいの箇所が連続し、非常に楽しいルートだったと思います。また、小クロス沢、萢ノ沢は困難な個所はほとんどない一方渓相が素晴らしく、こちらも十分に遡行の価値があります。
技術的核心はやはり滝ノ股大滝でした。ここはリードが必須となるため、複数人での入渓が必要です。
総じて、南八甲田の自然を満喫できる好ルートだと思います。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:3461人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら