また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1233228 全員に公開 沢登り道南

見市川本流

日程 2017年08月18日(金) 〜 2017年08月20日(日)
メンバー
 NamuC(CL)
, その他メンバー5人
天候18日:気圧の谷の中。終始曇り〜霧雨。
19日:オホーツクHが徐々に張り出してくる。昼まで曇り時々霧雨。昼から晴れてくる。
20日:オホーツクH圏内。晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
入渓点:二海郡八雲町熊石大谷町国道277号線 見市大橋
Docomoは電波入った。auは圏外。
下山口:久遠郡せたな町道道42号線ヘアピンカーブ先 太櫓川出合
山頂から稜線上は割と電波入る。下山点は探せばauでもギリギリ入った。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間56分
休憩
25分
合計
5時間21分
S見市大橋05:3408:38下二股09:25中二股09:5010:55上二股
2日目
山行
6時間35分
休憩
40分
合計
7時間15分
上二股04:3008:15820二股08:3009:351030三股10:0011:30遊楽部夏道11:45遊楽部岳
3日目
山行
4時間24分
休憩
2分
合計
4時間26分
遊楽部岳06:3407:42臼別頭07:4310:59遊楽部岳登山口11:0011:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 見市大橋の作業道下って入渓。沢の規模は大きい。河原だし増水するとかなり厄介でしょう。しばらくすると堰堤二つ。一つ目は流木が邪魔だが超えられる。二つ目は超えられないので左岸を小さく巻く。また少し歩くと例の函が出てくる。今日は寒いので右岸を巻くことにする。巻き入り口にはfixロープあった。かなりの大高巻きで、昔の記録と違ってあまり踏み跡も明瞭でない。Depo旗は途中いくつかあったが、bush漕ぐ場面も結構あった。沢への降り口なかなか見つからず結局1時間半ほどかかってしまう。左岸も巻けるらしい。
 函終わりから上二股までは何も。ひたすら河原を遡行していく。テントサイトだが、Co225下二股先に快適なもの、Co280中二股左股右岸に要開削、Co470上二股左股左岸に要開削があった。中二股と上二股のやつは大増水だと危険かも。今回は上二股にテント張った。
 上二股を右股にとったここからがこの沢の核心。しばらく2m前後の段差が続き、やがて6mF。右岸登る。下部は二つルートあるが、右のクラック沿いに上がるルートはスメアリング多用で難しめ。左のルートは特に難しくもない。上部はややS細かめだが特に問題なく登れる。高さあるので上部のみ後続はザイル確保。ピンは右岸の木で取れる。懸垂下降可能。
 6mFを超えると15mF。ハングしておりシャワークライムになるので直登は不可。左岸を巻く...のだが、意外とやらしい。下部は特に何もなく上がれるのだが、上部の滝上に出るまでの区間にHSがほとんどない。top空身で突破してもらって、細引きをセット。後続はそれを頼りに上がる。巻き道を懸垂下降可能、普通に細引きで降りればいいと思うが。
 15mF先に8mF。左岸のルート行くと最後スラブ状の所を超えるのに難儀する。普通に右岸のルート行けば問題なし。帰りも右岸使えばなんもだと思う。
 8mF超えると2段12mF。1段目水流際行こうとした記録があったが不可。登れない。右岸の倒木を使いつつ1段目の中間部にまで上がり、最後は草付き部分を直登する。草付き部分はザイル確保する。2段目は特に何もない。懸垂下降可能。
 12mF先にもいくつか段差。水流の中行ったりするものもあるが難しくはない。730二股を右股に取っていく。
 すぐに3段15mの滝。1段目は左岸を小さく巻く。2段目は直登不可。右岸も壁で巻けそうにないので左岸巻くことにする。最初bush帯まで7mほど直登し、あとはbushを漕いで3段目の上に出る。割と大きめの巻き。直登部分がムーブそれなりに大きくガバもそんなになくて難しめなので、一部空身にしてザイル確保。巻きの偵察、通過全部合わせて1時間位かかってしまった。
 これが終わるともう難しいのはあまりない。巨岩や段差を超えていく。Co820二股は左股あまり大きくないがわかった。この辺で水は伏流したりするので早めに水を汲んでおく。巨岩超えまくってるとCo950当たりに3mほどのチムニー状の段差。Hはガバばかりなので難しくない。1030三股は三股ではなく、最初二股で右股詰めるとすぐまた二股という感じ。沢型は大きくはないがわかりやすい。一応ここまで水は流れていたが、あまり流れはないので早めに汲んでおいた方がいい。二つ目の二股の左股詰めていく。が、厄介な段差が二つ。一つ目は2m程だが手がかり足がかりほぼなくひたすらスメアとpushで頑張って上がる感じ。登れない人にはスリングでお助け紐。二つ目はHSはそれなりにあるがやや立っており岩も脆い。これらを超えると最後の詰め。Bush漕ぎは斜度ないのでやりやすい。長さも10分程度でそんなにない。遊楽部Pの少し東側に出た。あとは夏道歩いて1275まで。1275は平坦で開けており良いテンバ。虫が多いことを除けば。
 夏道は長くて急で大変。5合目以下は普通に夏道なのだが...。
 
その他周辺情報あら、こんなところに見市川の入渓点さん 。少し見ていこうかしら☆
いらっしゃいませー
えっと、それじゃあ
はい、いらっしゃい
温泉をください
ないです
あ、ない。じゃあ飲食店を。
ないです
宿泊施設
ない
やめたらこの仕事!!!!
いえ、位置的にも・・・町から遠い、というのがありまして・・・
ハァ〜〜〜・・・アホくさ・・・。こんな沢登りに一緒に来たんか
申し訳ございません
なにが見市やお前
はい
沢だけかお前はぁ!?
申し訳ございません
申し訳は聞き飽きたわ!
はい
どうしてくれんねんお前?
大変申し訳ございません
お前ホンマ使えんわ。あーつっかえ
申し訳ございません・・・
もーホンマ使えへんわ。辞めたらこの仕事? こんなアホらしイェア・・・
申し訳ございません

入渓点からしばらく歩くと見市温泉があります。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハーネス ヘルメット 沢足袋 安全環付カラビナ×3 カラビナ×3 確保器(ATC) 自作スリング(1.5m×2 2m×2 3m×1いずれもリング状に加工) ソウンスリング×3 携帯 ラジオ ナイフ コンパス 時計 シュラフカバー 銀マ ロールマット ナイロンシート 雨具 防寒具 毛下 細引き(φ6mm×10m) ヘッドランプ ライター ポリタン 個人鍋 ブキ 地図 デポ旗 レスキューシート 非常食(3000kcal) メタ
共同装備 医療 修理具 スーツェル EPI ザイル
備考 虫よけスプレーは多めに持っていけばよかったです

写真

見市大橋からの作業道
2017年08月18日 05:34撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見市大橋からの作業道
二つ目の堰堤。左岸から小さく巻ける。
2017年08月18日 06:03撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の堰堤。左岸から小さく巻ける。
例の函。寒くて無理です...。
2017年08月18日 06:20撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
例の函。寒くて無理です...。
巻き道の途中から。かなり大きく巻く。
2017年08月18日 06:36撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道の途中から。かなり大きく巻く。
こんな感じで、踏み跡明瞭な所もあった。大部分はbush漕ぐ。
2017年08月18日 07:12撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで、踏み跡明瞭な所もあった。大部分はbush漕ぐ。
巻き終わり。長かった。
2017年08月18日 08:08撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き終わり。長かった。
ここからひたすら河原を歩いていく。
2017年08月18日 08:11撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからひたすら河原を歩いていく。
水がとてもきれい。
2017年08月18日 08:47撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水がとてもきれい。
ひたすら上二股まで!
2017年08月18日 10:38撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら上二股まで!
上二股手前から、巨岩が増えてくる
2017年08月18日 11:02撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上二股手前から、巨岩が増えてくる
上二股のテンバ。辺りを切り開いた。
これだけ生い茂っていれば多少増水しても大丈夫でしょう。
2017年08月19日 04:37撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上二股のテンバ。辺りを切り開いた。
これだけ生い茂っていれば多少増水しても大丈夫でしょう。
上二股から段差が続く。
2017年08月19日 04:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上二股から段差が続く。
段差。右の水流の所を行ってもいい。
2017年08月19日 05:00撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段差。右の水流の所を行ってもいい。
6mF。橙矢印が下部のルート。右の矢印はクラックを上がっていくがスメアで難しい。左の方が何もなく楽。上部は黄矢印。上部だけザイル確保した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6mF。橙矢印が下部のルート。右の矢印はクラックを上がっていくがスメアで難しい。左の方が何もなく楽。上部は黄矢印。上部だけザイル確保した。
15mF。直登不可なので左岸巻く。橙矢印部分は何も。黄矢印部分に手がかり足がかりないので細引きたらす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15mF。直登不可なので左岸巻く。橙矢印部分は何も。黄矢印部分に手がかり足がかりないので細引きたらす。
15mF先の8mF。黄矢印で行くと最後上部のスラブ越えが難しい。橙のように巻くのがベスト。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15mF先の8mF。黄矢印で行くと最後上部のスラブ越えが難しい。橙のように巻くのがベスト。
2段12mF。橙矢印部分は倒木滑りやすいが何も。黄色矢印部分は確保していく。水流際は登れない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段12mF。橙矢印部分は倒木滑りやすいが何も。黄色矢印部分は確保していく。水流際は登れない。
黄矢印の個所を登る。
2017年08月19日 06:17撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄矢印の個所を登る。
2段目。右岸から行けば何も。
2017年08月19日 06:19撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段目。右岸から行けば何も。
水流を行く段差。
2017年08月19日 06:33撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水流を行く段差。
Co730二股手前の段差。何も。
2017年08月19日 06:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co730二股手前の段差。何も。
3段15mの滝。一段目は左岸から小さく巻く。
2017年08月19日 07:03撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段15mの滝。一段目は左岸から小さく巻く。
2段目はさすがに登れない...巻きを選択する。
2017年08月19日 07:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段目はさすがに登れない...巻きを選択する。
左岸をbush帯まで直登。ザイル確保。
2017年08月19日 07:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸をbush帯まで直登。ザイル確保。
意外と難しめなこの直登。
2017年08月19日 07:58撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と難しめなこの直登。
巻き道。二回ほど往復したので多少明瞭になった。
2017年08月19日 08:14撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道。二回ほど往復したので多少明瞭になった。
この先からは段差・巨岩が続く。
2017年08月19日 08:25撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先からは段差・巨岩が続く。
3mチムニー状。右のほうにH探していくとガバがある。簡単。
2017年08月19日 09:15撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3mチムニー状。右のほうにH探していくとガバがある。簡単。
1030二股前。水量は減り、藪が出てくる。
2017年08月19日 09:52撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1030二股前。水量は減り、藪が出てくる。
1030二股先の段差。立っていてしかもHS崩れやすい。
2017年08月19日 10:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1030二股先の段差。立っていてしかもHS崩れやすい。
最後の詰め。笹トンネル。
2017年08月19日 11:17撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の詰め。笹トンネル。
ハイマツを漕いで夏道に出る。本州の人には獣道と言われそうだが...。
2017年08月19日 11:37撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツを漕いで夏道に出る。本州の人には獣道と言われそうだが...。
山頂からはいい眺め!狩場山も見える。
2017年08月19日 16:58撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からはいい眺め!狩場山も見える。
長い長い夏道歩きが始まる...
2017年08月20日 06:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長い夏道歩きが始まる...
景色はいいんですけどね...
2017年08月20日 07:39撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色はいいんですけどね...
4時間ほど歩いて下山。お疲れさまでした。
2017年08月20日 11:02撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時間ほど歩いて下山。お疲れさまでした。
訪問者数:222人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ