また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1233880 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

170821-24燕岳-蝶が岳縦走2日目 雨と強風に悩まされた2日目!!(燕岳-大天井岳-常念小屋)

日程 2017年08月22日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り・雨・強風
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間2分
休憩
1時間26分
合計
7時間28分
S燕山荘06:5107:31蛙岩07:50大下りの頭07:5109:23小林喜作レリーフ09:30槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐09:3110:03大天荘11:0411:14大天井岳11:2311:35大天荘11:4912:45東天井岳14:17常念小屋14:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

晴れてると展望が素晴らしいのだろうけど、
ガスガスの中出発w
2017年08月22日 07:48撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてると展望が素晴らしいのだろうけど、
ガスガスの中出発w
こんな大岩の隙間を抜けたり、楽しいルートなはずなのだが、
ガスっていると、なんだか気分が上がらないw
2017年08月22日 07:41撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな大岩の隙間を抜けたり、楽しいルートなはずなのだが、
ガスっていると、なんだか気分が上がらないw
それでも、時おりガスが切れて景色が広がると、
思わず「おおお〜」となる。
この山脈の雄大さは、十分味わえる。
2017年08月22日 07:50撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも、時おりガスが切れて景色が広がると、
思わず「おおお〜」となる。
この山脈の雄大さは、十分味わえる。
これから進む稜線が見えたりすると、それだけでエクスタシーw
2017年08月22日 08:08撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む稜線が見えたりすると、それだけでエクスタシーw
そしてまた、ひたすらガスの中を進む
2017年08月22日 09:26撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてまた、ひたすらガスの中を進む
このあたりが切通岩か?
もうガスってるので、チェックポイントの確認もいい加減w。
2017年08月22日 09:31撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりが切通岩か?
もうガスってるので、チェックポイントの確認もいい加減w。
降りてきたはしごを振り返ってみて。
これから、登りが続く!
2017年08月22日 09:34撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきたはしごを振り返ってみて。
これから、登りが続く!
この分岐から、容赦なく岩岩登りw
少し疲れ気味の身体には、堪える斜面。
常念岳方面に進んで、まずは大天荘を目指す。
表銀座は、槍方面に巻道できるようだ。
2017年08月22日 09:40撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐から、容赦なく岩岩登りw
少し疲れ気味の身体には、堪える斜面。
常念岳方面に進んで、まずは大天荘を目指す。
表銀座は、槍方面に巻道できるようだ。
のこり500mから表示が出てくるけど、きつい斜面で、
なかなか進まないw
まだ300m!?
2017年08月22日 09:58撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のこり500mから表示が出てくるけど、きつい斜面で、
なかなか進まないw
まだ300m!?
岩の隙間に、巨大キノコを発見したりして、気分を紛らわす。
2017年08月22日 10:00撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の隙間に、巨大キノコを発見したりして、気分を紛らわす。
やっと大天荘が見えてきた!
2017年08月22日 10:15撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと大天荘が見えてきた!
ちょうど昼食受付時間ぴったりだったので、カレーライスをいただき、
食後に大天井岳山頂へGO!
2017年08月22日 11:18撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど昼食受付時間ぴったりだったので、カレーライスをいただき、
食後に大天井岳山頂へGO!
山頂に向かう時はガスガスだったけど、山頂に着いたらガスが少し切れてくれて、
少し展望を楽しませてくれた。
残念ながら、ここから槍は見えなかった。

※動画はブログで!
2017年08月22日 11:34撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に向かう時はガスガスだったけど、山頂に着いたらガスが少し切れてくれて、
少し展望を楽しませてくれた。
残念ながら、ここから槍は見えなかった。

※動画はブログで!
もたもたしているうちに、予定時刻をどんどん過ぎて、
お昼頃に大天荘を出発。
ありゃりゃ、本来なら常念小屋に到着している時刻・・・w
2017年08月22日 12:01撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もたもたしているうちに、予定時刻をどんどん過ぎて、
お昼頃に大天荘を出発。
ありゃりゃ、本来なら常念小屋に到着している時刻・・・w
予想通り、風と雨が強くなって、この後の画僧は少なくなるw
2017年08月22日 12:14撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想通り、風と雨が強くなって、この後の画僧は少なくなるw
でも、時々ガスが切れると「おおおおぉぉおぉ」

途中、谷の下側で、野生の熊さんを発見したり、
強風の中でも楽しみを見つけつつ、常念小屋へ向かう。
2017年08月22日 13:07撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、時々ガスが切れると「おおおおぉぉおぉ」

途中、谷の下側で、野生の熊さんを発見したり、
強風の中でも楽しみを見つけつつ、常念小屋へ向かう。
強風と雨に悩まされながら、やっと常念小屋が見えてきた!
疲れた〜!
2017年08月22日 14:05撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風と雨に悩まされながら、やっと常念小屋が見えてきた!
疲れた〜!
かなり濡れてしまったけど、常念小屋でテン泊。
設営中に大雨となって、びしょぬれでテントを張ったら、雨が止むという・・・w
このあたりで、やまだ得意の「雨がっぱハイ!」になってきて、
もう濡れようが寒かろうがどうでも良いというハイ状態になってきた(爆笑)

※雨がっぱハイとはw
https://www.instagram.com/p/BXDHfINFYxL/?taken-by=yeahmanyamada


しかもその後、雷雨と強風で、朝までほとんど外出できず、
テントに閉じ込められた2日目の夜でした。
2017年08月22日 14:30撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり濡れてしまったけど、常念小屋でテン泊。
設営中に大雨となって、びしょぬれでテントを張ったら、雨が止むという・・・w
このあたりで、やまだ得意の「雨がっぱハイ!」になってきて、
もう濡れようが寒かろうがどうでも良いというハイ状態になってきた(爆笑)

※雨がっぱハイとはw
https://www.instagram.com/p/BXDHfINFYxL/?taken-by=yeahmanyamada


しかもその後、雷雨と強風で、朝までほとんど外出できず、
テントに閉じ込められた2日目の夜でした。

感想/記録

さて、縦走2日目。
今日は、「燕山荘-大天井岳-常念小屋」までのコースを予定。
この4日間では、1番ハードな1日かなと予想していた。

燕山荘〜大天井岳は、一旦下って、しっかり登り返しがあり、
大天井〜常念への稜線は、天気が荒れると強風&雨のエリアと聞いていたので、
早めに出発して、常念小屋に早めの到着と思っていたのだが、
相方はのんびり撤収(笑)。
全く、僕の考えを理解していないw。
結局、撤収時に雨に降られ、水を吸ったテントを背負って、
予定より1時間遅れて出発することに。
まあ、今日の曇天では、早い時間の雷雨はなさそうと判断したけどはたして・・・

※動画などはブログで
http://yamanoyeahman.hatenablog.com/entry/2017/08/29/001057
訪問者数:143人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント ガス テン 設営 ガスガス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ