また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1237225 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

真っ青な赤岳(文三郎尾根ピストン)

日程 2017年08月27日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
大月でレンタカーを借りて茅野に前泊。
4:15出発
5:00頃 やまのこ村着

到着時点でほぼ満車。
他の車の前に停めて、後で移動できるよう車のキーを預けるように指示がありました。
ちなみに帰ってきた時は空いたスペースに移動してくれてました。

美濃戸口〜やまのこ村は評判通りの悪路でした。
轍を避けて、えぐれていない所にタイヤを乗せれば腹を擦らないで済みますが、神経がすり減ります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
1時間48分
合計
8時間22分
Sやまのこ村05:3505:42美濃戸山荘06:44中ノ行者小屋跡06:4607:31行者小屋07:4007:55阿弥陀岳分岐08:47文三郎尾根分岐08:4809:11赤岳09:1209:13竜頭峰09:17赤岳09:1809:20竜頭峰09:2109:22赤岳09:4409:56赤岳頂上山荘10:2810:34赤岳10:4811:09文三郎尾根分岐11:51阿弥陀岳分岐11:59行者小屋12:2212:56中ノ行者小屋跡12:5813:52美濃戸山荘13:56赤岳山荘13:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されています。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

水が豊かです。
やまのこ村、赤岳山荘、美濃戸山荘、いずれも当たり前のように湧き水がかけ流しになってました。
2017年08月27日 05:41撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が豊かです。
やまのこ村、赤岳山荘、美濃戸山荘、いずれも当たり前のように湧き水がかけ流しになってました。
1
南沢沿いに進みます。
しばらくは薄暗い森の中を歩きます。
2017年08月27日 05:45撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢沿いに進みます。
しばらくは薄暗い森の中を歩きます。
鉄パイプで組んであり、安定感バツグン。
2017年08月27日 05:59撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄パイプで組んであり、安定感バツグン。
ただし寸足らずなのが玉にキズ。
2017年08月27日 06:00撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただし寸足らずなのが玉にキズ。
ベニテングダケ。
2017年08月27日 06:28撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニテングダケ。
1
この石碑があるあたりが中ノ行者小屋らしいです。
2017年08月27日 06:40撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石碑があるあたりが中ノ行者小屋らしいです。
日なたに出ると、
2017年08月27日 07:10撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日なたに出ると、
1
赤岳がお出迎え。
2017年08月27日 07:29撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳がお出迎え。
行者小屋に到着。
2017年08月27日 07:35撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着。
1
阿弥陀岳。
2017年08月27日 07:35撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳。
中岳。
2017年08月27日 07:35撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳。
赤岳&飛行機雲。
2017年08月27日 07:39撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳&飛行機雲。
硫黄岳。
2017年08月27日 07:51撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳。
階段地獄のスタート。
2017年08月27日 08:15撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段地獄のスタート。
振り返れば北アルプス。
2017年08月27日 08:24撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば北アルプス。
硫黄岳と横岳。
2017年08月27日 08:31撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳と横岳。
ダイヤモンド赤岳。
2017年08月27日 08:31撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイヤモンド赤岳。
3
中岳と阿弥陀岳。
2017年08月27日 08:31撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳と阿弥陀岳。
4
トウヤクリンドウ。
2017年08月27日 08:46撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ。
1
マムート階段で記念撮影。
2017年08月27日 08:48撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムート階段で記念撮影。
2
中岳との分岐に到着。
2017年08月27日 08:50撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳との分岐に到着。
1
鳳凰三山、間ノ岳、北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳。
2017年08月27日 08:50撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山、間ノ岳、北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳。
中岳と阿弥陀岳がくっついてしまいました。
2017年08月27日 08:50撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳と阿弥陀岳がくっついてしまいました。
1
東/西天狗岳。
左奥は妙高山と火打山だと思われます。
2017年08月27日 08:51撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東/西天狗岳。
左奥は妙高山と火打山だと思われます。
1
ここからが核心。
2017年08月27日 09:04撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが核心。
斜度は60度くらいでしょうか。
2017年08月27日 09:14撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度は60度くらいでしょうか。
渋滞しております。
2017年08月27日 09:20撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋滞しております。
上から見下ろすとこんな感じ。
2017年08月27日 09:22撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見下ろすとこんな感じ。
御嶽山と乗鞍岳。
2017年08月27日 09:15撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山と乗鞍岳。
もう少し。
2017年08月27日 09:23撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し。
富士山が見えました。
2017年08月27日 09:25撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見えました。
金峰山。
2017年08月27日 09:26撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山。
着いたー!
2017年08月27日 09:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたー!
4
神社にお参り。
2017年08月27日 09:43撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社にお参り。
3
そしてタッチ。
2017年08月27日 09:43撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてタッチ。
2
金峰山。
2017年08月27日 09:56撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山。
地蔵尾根方面。
今回は眺めるだけです。
2017年08月27日 10:01撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根方面。
今回は眺めるだけです。
甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳。
2017年08月27日 10:22撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳。
蓼科山。
左奥の稜線は爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬槍ヶ岳、杓子岳、白馬岳。
2017年08月27日 10:23撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山。
左奥の稜線は爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬槍ヶ岳、杓子岳、白馬岳。
西側をパノラマ撮影。
2017年08月27日 10:25撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側をパノラマ撮影。
富士山アップ。
2017年08月27日 10:32撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山アップ。
1
鳳凰三山アップ。
2017年08月27日 10:32撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山アップ。
行者小屋へ向かって下山します。
2017年08月27日 11:34撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋へ向かって下山します。
1
トリカブト。
2017年08月27日 12:53撮影 by NEX-3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト。

感想/記録

8月の最終週、赤岳にチャレンジしてきました。

出発した時点ですでに日は登っていますが、八ヶ岳の西側なので、しばらくは薄暗い森の中を進みます。
全体的にはなだらかな登り、たまに大きな段差が出現します。
森を抜けたところにヘリポートがあり、そこまでくれば行者小屋まではもう少しです。

小屋から赤岳には地蔵尾根か文三郎尾根を経由しますが、今回は文三郎尾根を登ります。
事前にテレビやネットで情報収集をして、左右が切れ落ちている地蔵尾根よりは切り立った岩の間を進む文三郎尾根のほうが高度感が少なくて済むだろうと思ったからです。
ちなみに中岳との分岐の前にある階段地獄の方が高度感はあります。この辺は後ろを振り向くと、穂高連峰や後立山連峰が見えてきます。初めは阿弥陀岳や蓼科山によって寸断されていますが、高度が上がるにつれてそれらの山が身を潜め、稜線が長く繋がってきます。

キレット分岐から先は鎖が連続する岩場です。
斜度はかなりのものですが、手足をかけるところがたくさんあり、鎖もあるのでそれほど苦労はしませんでした。
何本目かの鎖を過ぎ、梯子を2回登ると、意外にあっさりと頂上が見えてきました。
鎖場はそれなりに苦労すると思っていましたが、緊張していたせいか思ったよりも早く通過してしまいました。ちょうど数組の団体さんが写真撮影で行列を作っており、我々も順番を待ちながら、眺めを堪能します。

山歩きを始めたころ、妻はちょっと大きな段差になると進めなくなっていました。あきらめて戻ろうとする私と往生際の悪い妻でその場でケンカしたこともあります。そのうえ妻は高所恐怖症なので「赤岳なんか絶対無理」と言っていたのに、今はニタニタしながら(鎖場を無事通過できたことで変なテンションになってたみたいです)頂上の写真の順番待ちをしています。ま、よく頑張ったよ。

そして無事登頂。頂上小屋の前が比較的広くて空いていたので、ここに座って食事をとりました。西側は南アルプスから後立山連峰までズラーっと山が並びます。風もとても穏やかで、青空の下、ゆっくりと休憩することができました。


名残惜しいですが、下山開始。帰りも文三郎尾根を下ります。
先ほどの鎖場を妻が通過できるかが少し心配でしたが、岩場に慣れてきたのか、特に問題なく中岳との分岐まで帰ってきました。

階段地獄を通過して、そこから行者小屋までは割とフツーの山道。どういうわけかここで私が滑って2回も転倒。しかも2回目は腰を強打してしまいました。こんなところで救助されるのは勘弁と思いましたが、幸い大事には至らず、無事に帰ってくることができました。
訪問者数:222人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ