また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1258965 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

沼原から那須三岳縦走、台風前に紅葉調査

日程 2017年09月16日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り、夕方小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は、出発時点で5〜6台の車。
相当な台数が駐車可能(100台は無理?)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間24分
休憩
35分
合計
8時間59分
Sスタート地点08:3208:40東ボッチ08:4109:53ひょうたん池09:5910:04姥ヶ平10:0510:22姥ヶ坂10:2310:26牛ヶ首10:31高雄口10:47牛ヶ首山頂分岐11:03山頂口11:04お釜口11:12那須岳11:1311:20山頂口11:2211:32硫黄鉱山跡11:44恵比寿大黒11:4512:01朝日の肩12:09朝日岳12:1112:15朝日の肩12:2812:37熊見曽根12:421900m峰12:55清水平13:04三本槍岳・中の大倉尾根・北温泉分岐13:27三本槍岳13:3113:40三本槍、甲子山、大峠、三斗小屋温泉分岐14:36大峠14:3915:54三斗小屋温泉16:14沼原分岐17:26東ボッチ17:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPS軌跡は、標高を少し修正。
コース状況/
危険箇所等
大峠から先の渡渉地点前後は急坂で、やや注意が必用。
沢の水量が多いと、渡渉が難しい場所あり。
その他は、非常に歩きやすい登山道。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

スタート時点から、予報どおりの曇り。
今日は、雨さえ降らなければOK。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート時点から、予報どおりの曇り。
今日は、雨さえ降らなければOK。
2
序盤の登山道では、紅葉は極一部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤の登山道では、紅葉は極一部。
1
ナナカマドは、赤い実を付けている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドは、赤い実を付けている。
アキノキリンソウ。
序盤は、ほとんどこの花しかない。
那須岳のいたる所で見られた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ。
序盤は、ほとんどこの花しかない。
那須岳のいたる所で見られた。
オトギリソウ。
樹林帯ではほとんど見られなかったが、高度を上げたやや日当たりの良い所では、ポツポツ咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトギリソウ。
樹林帯ではほとんど見られなかったが、高度を上げたやや日当たりの良い所では、ポツポツ咲いていた。
ツルリンドウ。
序盤は、この1株しか見なかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルリンドウ。
序盤は、この1株しか見なかった。
ホツツジ。
ひょうたん池以降で、結構咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホツツジ。
ひょうたん池以降で、結構咲いていた。
やっと少し出てきたオヤマリンドウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと少し出てきたオヤマリンドウ。
今日時点では、ツツジ系の葉が一番紅葉していた感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日時点では、ツツジ系の葉が一番紅葉していた感じ。
このナナカマドは、見事な紅葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このナナカマドは、見事な紅葉。
エゾリンドウも出てきたが、開花していない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾリンドウも出てきたが、開花していない。
2
ひょうたん池に行ってみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょうたん池に行ってみる。
花が多いオヤマリンドウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が多いオヤマリンドウ。
1
雲が多く、茶臼岳の全容は見えない。
紅葉したら、見事な景色になりそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多く、茶臼岳の全容は見えない。
紅葉したら、見事な景色になりそう。
1
噴煙が、音を立てて上がっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴煙が、音を立てて上がっている。
木道脇も、綺麗に色付きそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道脇も、綺麗に色付きそうだ。
たわわに実ったシラタマノキ。
潰すとサロメチールの匂いがした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たわわに実ったシラタマノキ。
潰すとサロメチールの匂いがした。
1
姥ヶ平。
ナナカマドが良い色を出し始めている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥ヶ平。
ナナカマドが良い色を出し始めている。
赤く色付く葉が多そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤く色付く葉が多そう。
花よりも実の方が目立つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花よりも実の方が目立つ。
この景色、乗鞍の紅葉を思い出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色、乗鞍の紅葉を思い出す。
ヤマハハコがたまに咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコがたまに咲いていた。
見ごろは10月に入ってからか?
来週でも、それなりに楽しめるかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見ごろは10月に入ってからか?
来週でも、それなりに楽しめるかも。
牛ヶ首に到着時点では、茶臼岳は全く見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛ヶ首に到着時点では、茶臼岳は全く見えない。
ウラジロタデの実。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロタデの実。
ガンコウランの実は甘いが、ちょっと苦味もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンコウランの実は甘いが、ちょっと苦味もある。
この辺りは、エゾリンドウばかり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、エゾリンドウばかり。
ここでも、茶臼岳は全く見えず。
人は、それなりに多い。
冷たい風が強めに吹き、手がかじかむ程度に寒い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも、茶臼岳は全く見えず。
人は、それなりに多い。
冷たい風が強めに吹き、手がかじかむ程度に寒い。
ちょっと登ったら、急に山頂方面に青空が・・・急げー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと登ったら、急に山頂方面に青空が・・・急げー。
1
お釜の淵まで来ると、また雲が。
白山の二の舞か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お釜の淵まで来ると、また雲が。
白山の二の舞か?
登頂すると、意外にも雲が取れ、雲海が広がっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂すると、意外にも雲が取れ、雲海が広がっていた。
2
青空は少ないが、今日の天気予報で、これだけの景色が見られれば、運が良いと思える。
さて、次は朝日岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空は少ないが、今日の天気予報で、これだけの景色が見られれば、運が良いと思える。
さて、次は朝日岳。
1
朝日岳方面の雲も、少なくなったが、また雲が押し寄せてきている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳方面の雲も、少なくなったが、また雲が押し寄せてきている。
峰の茶屋まで下りてきた。
ガスは多いが、山容は分かる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋まで下りてきた。
ガスは多いが、山容は分かる。
剣ヶ峰の巻き道は、花が多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の巻き道は、花が多い。
ヤマハハコかと思いきや、終盤のシロヨメナ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコかと思いきや、終盤のシロヨメナ。
朝日岳は雲で見えなくなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳は雲で見えなくなった。
朝日の肩では、薄っすら見え始めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日の肩では、薄っすら見え始めた。
クロマメノキの実は、酸っぱいが嫌味の無い味で美味しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロマメノキの実は、酸っぱいが嫌味の無い味で美味しい。
雲が少し取れ、また雲海が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が少し取れ、また雲海が見えた。
朝日岳へ登頂。
ほとんど景色が見えないので、とっとと三本槍を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳へ登頂。
ほとんど景色が見えないので、とっとと三本槍を目指す。
2
色付き始めた斜面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色付き始めた斜面。
1900m峰の手前で、朝日岳方面の雲が取れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1900m峰の手前で、朝日岳方面の雲が取れた。
茶臼岳は、頂上だけが見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳は、頂上だけが見えた。
三本槍は、頂上が見ているが、雲が押し寄せて来ている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍は、頂上が見ているが、雲が押し寄せて来ている。
1
ナナカマドの朱色が良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの朱色が良い。
ツツジ系は濃い赤。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ系は濃い赤。
1
清水平方面は、雲に覆われる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水平方面は、雲に覆われる。
前回着たときに不安定な所があった木道は、修復されていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回着たときに不安定な所があった木道は、修復されていた。
清水平の先に、色付く前に枯れてしまってるナナカマドが結構あった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水平の先に、色付く前に枯れてしまってるナナカマドが結構あった。
良い色合いだなぁ。
空が青ければ、このくらい紅葉していれば十分映える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い色合いだなぁ。
空が青ければ、このくらい紅葉していれば十分映える。
1
ウスユキソウがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウスユキソウがあった。
全開のヤマハハコもある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全開のヤマハハコもある。
三本槍に登頂。
残念ながら、景色はゼロ。
ただ、登頂後の僅かな時間、太陽が薄っすら見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍に登頂。
残念ながら、景色はゼロ。
ただ、登頂後の僅かな時間、太陽が薄っすら見えた。
下山開始後、三本槍振り返る。
斜面は綺麗に色付きそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始後、三本槍振り返る。
斜面は綺麗に色付きそう。
足元が赤いと思ったらこんなものが。
苔の花?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元が赤いと思ったらこんなものが。
苔の花?
エゾシオガマが、ポツポツ咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾシオガマが、ポツポツ咲いていた。
しばらく待ったら、鏡ヶ沼が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく待ったら、鏡ヶ沼が見えた。
葉よりも実の方が赤い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉よりも実の方が赤い。
コケモモの実。
酸っぱい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモの実。
酸っぱい。
ミヤマコゴメグサ。
結構咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサ。
結構咲いていた。
ウメバチソウも結構咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウも結構咲いていた。
ゴゼンタチバナの実。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナの実。
ハクサンフウロまであった。
結構咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロまであった。
結構咲いていた。
これから行く山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く山道。
トモエシオガマ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トモエシオガマ?
オヤマリンドウと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウと、
エゾリンドウは、今日の主役。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾリンドウは、今日の主役。
オヤマボクチの花は、ちょっと不気味。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマボクチの花は、ちょっと不気味。
シャジンが1輪だけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャジンが1輪だけ。
シモツケソウも1株だけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモツケソウも1株だけ。
大峠に到着。
ここからは、長い樹林帯を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠に到着。
ここからは、長い樹林帯を行く。
水が流れる近くで、トリカブトがポツポツ咲いていた。
この水は危険かも・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が流れる近くで、トリカブトがポツポツ咲いていた。
この水は危険かも・・・
最初の渡渉ポイント。
前回来た時よりも水が多く、渡渉に手間取る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の渡渉ポイント。
前回来た時よりも水が多く、渡渉に手間取る。
川を越えた石の上にダイモンジソウ。
見落とすところだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を越えた石の上にダイモンジソウ。
見落とすところだった。
二つ目の渡渉ポイント。
ここも水が多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の渡渉ポイント。
ここも水が多い。
ロープがないと、かなり降りづらい(振向いて撮影)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープがないと、かなり降りづらい(振向いて撮影)。
1
三つ目の渡渉ポイント。
ここは問題ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ目の渡渉ポイント。
ここは問題ない。
三斗小屋温泉に到着。
あまり客はいない様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋温泉に到着。
あまり客はいない様子。
1
この先にテントが一張。
明日は雨だと思いますが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先にテントが一張。
明日は雨だと思いますが・・・
沼原分岐。
ここからが結構大変なことを、私は知っている・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼原分岐。
ここからが結構大変なことを、私は知っている・・・
この先から、登っている時間が長くなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先から、登っている時間が長くなる。
分岐から、前回より5分余計にかかってこの地点。
スピードを落としたので、前回ほどの大変さは無かった。
この先、もう少し登れば、あとは下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から、前回より5分余計にかかってこの地点。
スピードを落としたので、前回ほどの大変さは無かった。
この先、もう少し登れば、あとは下り。
残り1.5kmくらいで雨が降ってきたが、樹林帯のため気にならず。
分岐から、前回より1分遅れ・・・最後、雨のせいでスピードを上げたため、時間が縮まった。
ゴール地点には、私の車のみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残り1.5kmくらいで雨が降ってきたが、樹林帯のため気にならず。
分岐から、前回より1分遅れ・・・最後、雨のせいでスピードを上げたため、時間が縮まった。
ゴール地点には、私の車のみ。
2

感想/記録

しばらく、キツメの山行をしていない。
少しでも天気の良さそうな、北方面で歩きがいのある山・・・那須岳か高原山か迷って、紅葉調査を兼ねて那須岳に行って来ました。

三斗小屋経由、三本槍〜朝日岳〜茶臼岳、時間があれば南月山経由で戻ろうと思っていましたが、出発時間が遅くなったし、少しでも天気の良い時間に何処かの山頂にいたいと思い、予定の逆回りにコース変更。
これが良かったか、茶臼岳では予想外の雲海が見られ、これだけで来た価値ありでした。
その上、三本槍の向こう側では、予想以上の花に出会え、急いで下山したかったのに足が前に進まないという、嬉しい悲鳴(^^;

大峠から先の山道は長く、途中薄暗い中でのフクロウの泣き声は、ちょっと怖かった(>_<)
帰着が遅くなり、予報どおり最後は雨に降られましたが、ほとんど濡れることはなく、楽しい山行となりました。

ただ次の日は、体中が痛くて大変。
2週間に1度くらいは、キツメの山行が必用なようです。
訪問者数:385人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ