また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1261818 全員に公開 ハイキング甲信越

苗場山

日程 2017年09月19日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道17号(三俣ロープウェイ駐車場)から細い山道を10km走行した所に登山道駐車場があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
19分
合計
7時間29分
S祓川登山口駐車場07:4008:03和田小屋登山口09:10下ノ芝09:39中ノ芝09:4209:53上ノ芝09:58苗場山、小松原分岐10:09神楽ヶ峰10:22雷清水10:2611:12苗場山11:1312:15苗場山12:48雷清水12:5813:08神楽ヶ峰13:18苗場山、小松原分岐13:23上ノ芝13:34中ノ芝14:01下ノ芝14:0214:53和田小屋登山口15:09祓川登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

登山道入り口(駐車場)にある看板。
ピークまで4時間15分なんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入り口(駐車場)にある看板。
ピークまで4時間15分なんですね。
4
駐車場から和田小屋へは舗装路をトコトコ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から和田小屋へは舗装路をトコトコ。
難儀した登りの舗装路も終わり和田小屋に到着。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難儀した登りの舗装路も終わり和田小屋に到着。

1
ここで登山届を提出し登山路の始まり。
(BOXがあります)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで登山届を提出し登山路の始まり。
(BOXがあります)
まずゲレンデを横切って登山路へ。
(10数年振りに見る三俣ゲレンデ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずゲレンデを横切って登山路へ。
(10数年振りに見る三俣ゲレンデ)
登山路は台風の影響か泥濘状態
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山路は台風の影響か泥濘状態
1
予報通りの快晴!
このまま晴れが一日続くと思っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予報通りの快晴!
このまま晴れが一日続くと思っていた。
3
木道整備、ありがとうございます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道整備、ありがとうございます。
2
振り返るが山座同定出来ず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るが山座同定出来ず
3
徐々にガスが湧いてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々にガスが湧いてくる
気持ちの良い登山路。
木道が良く整備されたコースです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い登山路。
木道が良く整備されたコースです。
3
初めて見る苗場山。
山頂部がガスに包まれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて見る苗場山。
山頂部がガスに包まれる。
4
ところがドッコイ、数分後には全貌を現す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところがドッコイ、数分後には全貌を現す
7
雷清水。
冷たくて美味しい湧き水で行き帰りに利用。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷清水。
冷たくて美味しい湧き水で行き帰りに利用。
2
写真で見ると高低差に圧倒されますが、予想外に短時間でピーク到達
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で見ると高低差に圧倒されますが、予想外に短時間でピーク到達
1
神楽ヶ峰方面を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽ヶ峰方面を振り返る
1
いきなりですが、ピークに到着!
苗場山と言えば湿原と池塘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりですが、ピークに到着!
苗場山と言えば湿原と池塘
5
木道が延々と伸びています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道が延々と伸びています。
5
予報では快晴だったんですが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予報では快晴だったんですが・・
4
山頂!
山頂では景観が望めないため、撮影だけして湿原へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂!
山頂では景観が望めないため、撮影だけして湿原へ。
10
雲ノ平にも引けを取りません!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平にも引けを取りません!
8
奥の山域は群馬と新潟の県境?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の山域は群馬と新潟の県境?
4
この岩なんて雲ノ平そのものですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩なんて雲ノ平そのものですね。
4
槍穂が見えました!
(写真は槍)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂が見えました!
(写真は槍)
8
晴れていれば・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば・・・
2
下山中の撮影。
ジュラシックパークを彷彿させる風景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中の撮影。
ジュラシックパークを彷彿させる風景。
7
下に水が溜まっているため、岩(石)の上をピョンピョン渡り歩きながら下る。
バランス能力が試されるコース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に水が溜まっているため、岩(石)の上をピョンピョン渡り歩きながら下る。
バランス能力が試されるコース。
2
和田小屋まで戻りました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田小屋まで戻りました!
2
お待たせ、相棒!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お待たせ、相棒!
8

感想/記録

私のホームゲレンデであったNAEBA。
初めてスキーをしたスキー場であり、数々の思い出が残るゲレンデ。
その苗場に登山で訪れるのは今回が初めて(そもそも登山目的で新潟へ行くのも初)

苗場山へのアプローチは苗場スキー場ではなく、三俣ロープウェイ乗り場から山道を走行すること10kmの地点にある。
毎度の事ながら登山口へのアプローチ(山道)、スロットル全快(スクーター)でも時速20kmが限界という急登もあり悪戦苦闘。

悲鳴をあげていたスクーターの頑張りもあり、ようやく駐車場に到着。
着ていた防寒着をメットイン部分へ無理やり押し込み、登山スタート。

和田小屋へ近道と表示された登山路を進むがドロドロと倒木(台風の影響?)
すぐに引き返し、舗装路を歩く。
ゲレンデを横断してから本格的な登山路がスタート。
数日前の台風の影響か、登山路には水が溜まっている。
靴が濡れないように岩(石)の上を渡り歩くコースが延々と続く。
※下山時は難儀した

所々、木道が整備され有難さを改めて再認識。
神楽ヶ峰を過ぎると一旦下る。
暫し下ると目の前に初めて見る苗場山がド〜ン!
時間と共に山頂部にはガスが出たり消えたり・・

そして、ガスに包まれた山頂に登頂。
予報では快晴でしたが、こればかりは仕方ありません。
ガスが途切れると北アルプス(槍穂)がお目見え。
遠く離れていても槍はすぐに確認できますね。
広大な湿原は予想以上。

山の神様が造成した池塘&岩は見事で、まさに芸術そのもの。
雲ノ平にも決して引けを取らない湿原だと思います。

山頂には1時間程度滞在。
ガスと寒さが増してきた事もあり下山を開始する。
今度は晴れた日に再登したい苗場山でした。








訪問者数:587人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/6/21
投稿数: 704
2017/9/21 5:56
 なんぎ、なんぎ!
junさん、おはようございます
貴殿が動く気配が出現しましたので、どちらへお出かけかな〜と思ったら。
苗場山でしたか  和田小屋からピストンですね スクーターさんがんばりましたね〜 三国越え大変だったでしょう?
ちなみに、苗場スキー場のてっぺんは苗場山ではなく、筍山。だから、あれは正しくは筍山スキー場なのだ
ほんとうに槍穂がみえたのですね これは、びっくりです
もっとも、燕あたりから浅間や妙高火打なんかはよく見えますので、逆もまた真…
草紅葉と、空の色を映す池塘のブルーのコントラストがたまりませんね
いいもの拝見、ありがとうございました。

あ、タイトルの「なんぎ」は、中越地方の方言で、疲れた、辛い、しんどい苦しい…等の意味合いです。夫や姑が時々こぼしております(><)
登録日: 2015/3/17
投稿数: 186
2017/9/21 19:59
 Re: なんぎ、なんぎ!
アンディーさん、こんばんは!

動く気配、分かっちゃいましたか〜
まだ、私も修行が足りませんね(^^)

苗場スキー場、詳しいですね!
さてはアンディーさんも苗場へ通いましたね〜

難儀が中越地方方言とは知りませんでした。
お米・水・お酒は美味しいし、温泉はあるし、良い所ですね‼

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ