また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1271000 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

西上州 妙義山縦走

日程 2017年09月29日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅みょうぎに駐車して妙義神社から登山道に入ります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間40分
休憩
0分
合計
8時間40分
Sスタート地点07:2010:28相馬岳13:00中之嶽神社16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(ヤマレコMAPアプリが落ちてログの一部が手書きです。)

登山道 とはなっていますが、露岩に打ち付けられた鎖を頼りに登る箇所が多いので、たしかに危ないです。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

道の駅みょうぎより。
ちょっと近すぎて全体像がつかめませんね。
2017年09月29日 06:59撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅みょうぎより。
ちょっと近すぎて全体像がつかめませんね。
妙義神社の鳥居からスタートです。
2017年09月29日 07:20撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙義神社の鳥居からスタートです。
山門を奥へ
2017年09月29日 07:24撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山門を奥へ
一般道の第2見晴らしへ至るルートは崩壊しているらしいので注意。(一般道を通り抜けることはできない)
2017年09月29日 07:25撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道の第2見晴らしへ至るルートは崩壊しているらしいので注意。(一般道を通り抜けることはできない)
神社の石段でウォーミングアップです。
2017年09月29日 07:28撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の石段でウォーミングアップです。
近くの富岡市にある富岡製糸所は、妙義神社の杉を使用したとのこと。
この木も使われたのでしょかね。
2017年09月29日 07:31撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くの富岡市にある富岡製糸所は、妙義神社の杉を使用したとのこと。
この木も使われたのでしょかね。
1
辻へ向かうところにも鎖場がありますがどうということはありません。
2017年09月29日 08:07撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辻へ向かうところにも鎖場がありますがどうということはありません。
写真が消失しているが、辻から見晴らしの鎖場が最初の難関でした。
そこが登れれば、技量としては問題ないでしょう。あとは体力だけです。
2017年09月29日 08:38撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真が消失しているが、辻から見晴らしの鎖場が最初の難関でした。
そこが登れれば、技量としては問題ないでしょう。あとは体力だけです。
とても見晴らしがいい。
2017年09月29日 08:39撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても見晴らしがいい。
浅間山がよく見える。
2017年09月29日 08:48撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山がよく見える。
関東平野
東京というのは低い土地なのですね。
2017年09月29日 08:49撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関東平野
東京というのは低い土地なのですね。
危なそうなところには鎖がかかっているので、親切です。
2017年09月29日 09:11撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危なそうなところには鎖がかかっているので、親切です。
上州のエルキャピタン(笑)
2017年09月29日 09:18撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上州のエルキャピタン(笑)
当初はタルワキ沢で下山しようかとも思いましたが、問題なく行けそうに思えたので縦走続行です。
2017年09月29日 10:07撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当初はタルワキ沢で下山しようかとも思いましたが、問題なく行けそうに思えたので縦走続行です。
相馬岳
まだ先は長いです。
2017年09月29日 10:28撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬岳
まだ先は長いです。
小一時間進むと多少近づきます。
なおペースはゆっくりです。
2017年09月29日 11:25撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小一時間進むと多少近づきます。
なおペースはゆっくりです。
金鶏山
登山禁止らしいです。
2017年09月29日 11:25撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鶏山
登山禁止らしいです。
まあまあハードですが、案内板がある一般登山道なのですねぇ。
2017年09月29日 11:36撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあまあハードですが、案内板がある一般登山道なのですねぇ。
はしごからの〜
2017年09月29日 12:07撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はしごからの〜
くさり。
ここが一番ちからで登るところ。
2017年09月29日 12:12撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くさり。
ここが一番ちからで登るところ。
1
稜線縦走していたつもりだったのだが、いつの間にか間違えて降りてきてしまった。
2017年09月29日 13:09撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線縦走していたつもりだったのだが、いつの間にか間違えて降りてきてしまった。
下りた先が第4石門です。
2017年09月29日 13:15撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りた先が第4石門です。
もう一度稜線へ登り返します。
2017年09月29日 13:32撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度稜線へ登り返します。
コルまで登ったあと、中ノ岳は東のようですが、間違えて西に向かってしまった。
2017年09月29日 14:01撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルまで登ったあと、中ノ岳は東のようですが、間違えて西に向かってしまった。
西の端っこまで来た。
本日縦走した尾根を裏側から見る格好になります。
2017年09月29日 14:09撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の端っこまで来た。
本日縦走した尾根を裏側から見る格好になります。
結局、中ノ岳や東岳には登らずに下山することにした。
うーん 稜線完走とはならず。
2017年09月29日 14:51撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、中ノ岳や東岳には登らずに下山することにした。
うーん 稜線完走とはならず。
中之嶽神社から駐車地へ3.8キロの道のりを戻ります。
2017年09月29日 14:58撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中之嶽神社から駐車地へ3.8キロの道のりを戻ります。
これは楽しい妙義縦走 なのでした。
2017年09月29日 16:01撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは楽しい妙義縦走 なのでした。

感想/記録
by yotty

両神山・荒船山と登山を続け、続けて妙義山となります。

アルプス以外で一般登山道最難関とどこかで聞いたような妙義山。
たしかに、本当に危ない鎖場がおおいので、その異名も納得。

こういうところへ来て思うのが、ザイルが必要かどうかということ。
今回の縦走路の登りにおいては、「鎖場は鎖を頼って登るしかない」と感じるところばかりであったので、ザイルは持っていても出すところがないと感じました。

下りに関してもピッチが長すぎて一回の懸垂では降りられないし、途中でロープを再セットするのも危ないと思うので現実的ではないと思います。

ほかは、ザイルはなくてもいいがハーネスとスリングで確保したいと思うところは何箇所かありました。と言うのは、鎖場においてスマホで写真を撮ろうと思ったときに片手しか使えないと写真を取ることが無理だったからです。。
だいたい、どの鎖場も落ちると死ぬところでしたが、そういうところに限って眺めが良いので写真を取りたくなるもの。しかし、確保なしでは絶対無理です。
なら片手で取れるコンデジなら大丈夫かというと危ないので、それはやめておいたほうがいい。
訪問者数:283人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 コル スリング コンデジ ザイル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ