また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1273839 全員に公開 ハイキング十勝連峰

十勝岳〜上ホロカメットク山

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
1時間37分
合計
8時間17分
S望岳台05:4406:19吹上温泉分岐06:49十勝岳避難小屋07:0407:49昭和火口07:5409:01十勝岳09:1009:47大砲岩10:15上ホロ避難小屋11:0911:30上ホロカメットク山11:3711:49上富良野岳11:5412:15旧D12:48上富良野岳分岐12:4913:12新D13:1313:27新Z14:01十勝岳温泉凌雲閣G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
グラウンド火口手前から点々と積雪はあったのですが、火口を過ぎた辺りからは白銀の世界でした。新雪のためつぼ足でも危険は感じませんでしたが、吹き溜まり箇所は膝までの深さでした。望岳台から眺めた限りでは薄っすら積もっているだけに見えたのでびっくり。
また、グラウンド火口付近は、強風のため噴煙が直撃して強烈な硫黄臭でした。風向の影響が大きいですが、素早く通過しないと危険です。
その他周辺情報望岳台の防災シェルターは新しい施設のためトイレも綺麗で24時間利用可能です。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

強風の稜線を進み十勝岳山頂を目指す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風の稜線を進み十勝岳山頂を目指す
1
時折雲が切れると下方の視界も開ける
噴煙が地を這うように流れ非常に危険
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折雲が切れると下方の視界も開ける
噴煙が地を這うように流れ非常に危険
十勝岳山頂から上ホロ方面への縦走路
ロープのおかげでこの位の積雪であれば道迷いの心配は少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳山頂から上ホロ方面への縦走路
ロープのおかげでこの位の積雪であれば道迷いの心配は少ない
2
ニペソツ山も山頂は薄っすら白く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニペソツ山も山頂は薄っすら白く
縦走路を少し降りたところから振り返って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を少し降りたところから振り返って
6
薄い積雪で歩きやすいが
稜線上は常に西からの強風が打ち付ける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄い積雪で歩きやすいが
稜線上は常に西からの強風が打ち付ける
雪によって彫り深く見える富良野岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪によって彫り深く見える富良野岳
2

感想/記録
by RR245

とにかく強風で稜線上は油断すると飛ばされそうな勢いでした。朝のうちは山頂付近は雲の中だったので「薄っすら雪が積もっているかな?」くらいでしたが、噴煙と雲で視界がほとんどない火口付近を抜けると雪山でびっくり。
風も強烈で成人男性でも油断すると大きく態勢を崩すほど。「エベレストってこんな感じですかね」なんて言っていたら別パーティーの人も同じことを言っていました!
十勝岳山頂に着くと丁度雲が晴れてきて、周囲の山々があらわに。この時期しか見られない薄っすら雪を頂いた山容は素晴らしいの一言でした。
我々以外に縦走路に進む登山者はいなかったらしく、火山なのにフカフカの登山道は最高でした。ただ、稜線上は相変わらず強風だったので、危険箇所は注意が必要でした。
日が出てからは体感温度はさほど低く感じませんでしたが、上ホロ避難小屋の温度計はマイナス3.5℃でした。
上富良野岳からの下山時には、雪が緩んでぐしゃぐしゃに。ポカポカ陽気の中ゆっくり降りましたが足元は泥だらけになりました。
登山口は秋でも山頂は冬、この時季にはよくあることですが、防寒をしっかりして最高に楽しい一日でした。
訪問者数:551人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

避難小屋 道迷い つぼ足 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ