また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1274663 全員に公開 沢登り谷川・武尊

白毛門沢(Gスラ)

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー
 Lynn_Kato(CL)
, その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白毛門登山口P。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間26分
休憩
1時間17分
合計
8時間43分
S白毛門登山口駐車場05:0205:32ハナゲノ滝05:3307:09タラタラノセン07:4808:231170m二俣08:391230m二俣09:21Gスラブ最下部09:4511:44白毛門11:5712:32松ノ木沢の頭13:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
*自分の体感では1級上または2級下の印象。難易度はノーマルルートとさほど変わらない気がするけど、地図読みとルーファイがあるので、その分上がるかもしれません。
*ルーファイを間違えなければロープを出す箇所はないけど、ワンポイントがやや難しく感じる箇所が何度かありました。ハイステップが多めだからなのかわかりませんが、ちびっこ女子は頑張りましょう。
*靴は、乾いていれば、ラバーがよく効きますが、雨上がりなどで濡れている場合は逆にラバーだとヌメリ地獄で大変なことになりそう。(;・∀・)
*ルート詳細は、2016年8月のyoshi629さんとstkさんの記録を参考にしました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-948620.html
*co1360m付近の枝沢がわかりにくかったので図を書いて補足説明してあります。地形図の1375付近にある広葉樹のマークを目安にすると良さそうです。
*私たちは、向かって右のジジ岩?に続く立派なスラブに引き込まれるように右側を登ってしまい、沢の本流に戻るのがちょっと面倒くさかったです。GPSログはそのためその箇所でジグザグしております。(;・∀・)
その他周辺情報久しぶりに、ふれあい交流館(570円)。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

5時にヘッデンでスタートして、明るくなった頃、ハナゲの滝に到着。
2017年09月30日 05:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時にヘッデンでスタートして、明るくなった頃、ハナゲの滝に到着。
写真撮ったらそそくさと通過しまーす。
2017年09月30日 05:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮ったらそそくさと通過しまーす。
見上げると、一面のウロコ雲♪
2017年09月30日 06:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると、一面のウロコ雲♪
2
タラタラノセンの下の滝。地形図上での滝マークのとこ。過去に2度来てるのに、タラタラ本体だと思って記念撮影してしまったw
2017年09月30日 06:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タラタラノセンの下の滝。地形図上での滝マークのとこ。過去に2度来てるのに、タラタラ本体だと思って記念撮影してしまったw
ありゃ、失礼、これがほんとのタラタラノセンだった(;・∀・)
2017年09月30日 07:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありゃ、失礼、これがほんとのタラタラノセンだった(;・∀・)
てことで上の段で記念撮影しなおし。
2017年09月30日 07:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てことで上の段で記念撮影しなおし。
巻きまーす。巻道明瞭!この時に後ろから来た健脚のお兄さんに先に行ってもらった。
2017年09月30日 07:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きまーす。巻道明瞭!この時に後ろから来た健脚のお兄さんに先に行ってもらった。
タラタラの上に出ました。
2017年09月30日 07:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タラタラの上に出ました。
大岩に到着。三平岩というらしい。リーゼントのお兄さんの顔に見えます。w
2017年09月30日 07:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩に到着。三平岩というらしい。リーゼントのお兄さんの顔に見えます。w
見えたー!ドドーン!
2017年09月30日 07:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えたー!ドドーン!
水温は9.1度。しかしピーカンなので寒くはない。
2017年09月30日 08:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水温は9.1度。しかしピーカンなので寒くはない。
ジジ様、ババ様めざして登ります。
2017年09月30日 08:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジジ様、ババ様めざして登ります。
co1220m付近の二俣でノーマルルートから外れ、いよいよGスラに向けて登り始める。1360m付近の分岐がわかりづらく、見逃してしまったが、GPSを見て軌道を修正し、事なきを得る。正解ルートはこんな感じの鬱蒼とした小さい涸れ沢。とてもこの先になにかあるとは思えない感じ。
2017年09月30日 09:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
co1220m付近の二俣でノーマルルートから外れ、いよいよGスラに向けて登り始める。1360m付近の分岐がわかりづらく、見逃してしまったが、GPSを見て軌道を修正し、事なきを得る。正解ルートはこんな感じの鬱蒼とした小さい涸れ沢。とてもこの先になにかあるとは思えない感じ。
後ろを振り返ると、まるでヤブコギしてるみたいに見える。しかし、沢型は小さいけどハッキリしている。
2017年09月30日 09:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると、まるでヤブコギしてるみたいに見える。しかし、沢型は小さいけどハッキリしている。
なお、この沢の入り口は、1290m付近の「インゼルかなぁ?」と思わせる箇所の次の、インゼルの終わりを思わせる小さな水流だと思われる。yoshi629さんとstkさんのGPSログと重ね合わせてみたら、違う沢だったことが判明。お二人はA沢を、私たちはB沢を登って、同じGスラ下部に到達した模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なお、この沢の入り口は、1290m付近の「インゼルかなぁ?」と思わせる箇所の次の、インゼルの終わりを思わせる小さな水流だと思われる。yoshi629さんとstkさんのGPSログと重ね合わせてみたら、違う沢だったことが判明。お二人はA沢を、私たちはB沢を登って、同じGスラ下部に到達した模様。
1
そのまままっすぐに沢型を詰めていくと、最後に大きな滑り台みたいな1枚岩があり、そこを越えるのに少々苦労する。草や灌木もあるけど、良くない。そしてそこをやっとの思いで越えた瞬間、上を見たらこの風景。Σ(゜Д゜) 全員思わず声が出ました。
2017年09月30日 09:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまままっすぐに沢型を詰めていくと、最後に大きな滑り台みたいな1枚岩があり、そこを越えるのに少々苦労する。草や灌木もあるけど、良くない。そしてそこをやっとの思いで越えた瞬間、上を見たらこの風景。Σ(゜Д゜) 全員思わず声が出ました。
1
岩の上に立つ。ここがGスラの最下部であるらしい。大歓声です。素晴らしい景観。日本ではないみたいだ。GスラのGは、ルート紹介者gankoyaさんの「G」がつけられたとのことですが、ほかにも、Grand, Great, Gorgeous, Gunma などの略も兼ねてるのではと思いました。偉大すぎる!\(^o^)/
2017年09月30日 09:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の上に立つ。ここがGスラの最下部であるらしい。大歓声です。素晴らしい景観。日本ではないみたいだ。GスラのGは、ルート紹介者gankoyaさんの「G」がつけられたとのことですが、ほかにも、Grand, Great, Gorgeous, Gunma などの略も兼ねてるのではと思いました。偉大すぎる!\(^o^)/
2
撮ってもらいました。風景に比べると圧倒的に小さい。ここで大休止。心ゆくまで景色を堪能しました。
2017年09月30日 09:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮ってもらいました。風景に比べると圧倒的に小さい。ここで大休止。心ゆくまで景色を堪能しました。
2
もちろん反対側の景色も最高です。ワレモコウが咲いていた。
2017年09月30日 09:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん反対側の景色も最高です。ワレモコウが咲いていた。
イワショウブも風に揺れていた。
2017年09月30日 09:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワショウブも風に揺れていた。
記念撮影忘れていて、慌てて記念撮影。
2017年09月30日 10:07撮影 by HERO5 Black, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影忘れていて、慌てて記念撮影。
1
快適スラブを登る。
2017年09月30日 10:10撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適スラブを登る。
1
登り始めたら、後方にオキトマが見えるようになった。
2017年09月30日 10:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めたら、後方にオキトマが見えるようになった。
1
下から向かって左の岩がババ様?だとすると、これはババ様の横顔です。
2017年09月30日 10:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から向かって左の岩がババ様?だとすると、これはババ様の横顔です。
1
これはジジ様。
2017年09月30日 10:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはジジ様。
このあたりで岩が立ってきたので、沢本流にむけてトラバース開始。
2017年09月30日 10:27撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりで岩が立ってきたので、沢本流にむけてトラバース開始。
草付きをトラバース中
2017年09月30日 10:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草付きをトラバース中
1
岩尾根の崖っぽい所の上に出てしまったので、ロープ出してトラバースして無事に本流沢床に復帰。
2017年09月30日 10:59撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾根の崖っぽい所の上に出てしまったので、ロープ出してトラバースして無事に本流沢床に復帰。
はるかに湯檜曽の本谷が見える。
2017年09月30日 11:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるかに湯檜曽の本谷が見える。
天空スラブ♡
2017年09月30日 11:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空スラブ♡
良い眺め。
2017年09月30日 11:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い眺め。
最後は、少し早めに左に寄って登山道に出ました。
2017年09月30日 11:23撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は、少し早めに左に寄って登山道に出ました。
1
出口の所だけやたら踏み跡しっかりしてたけど、その下の岩塔越える所は一箇所勇気が要るポイントがあった。(;・∀・)
2017年09月30日 11:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出口の所だけやたら踏み跡しっかりしてたけど、その下の岩塔越える所は一箇所勇気が要るポイントがあった。(;・∀・)
あと少しだよー。!がんばれー!
2017年09月30日 11:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しだよー。!がんばれー!
登山道に出たら、反対側が紅葉してて大歓声。
2017年09月30日 11:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に出たら、反対側が紅葉してて大歓声。
うわぁ!すごいすごいすすすごい!
2017年09月30日 11:40撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うわぁ!すごいすごいすすすごい!
4
紅葉には早いと思ってたので、びっくり&嬉しい♡
2017年09月30日 11:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉には早いと思ってたので、びっくり&嬉しい♡
1
反対側のオキトマ稜線にコダック班のメンバーがいるので無線で交信しながら山頂を目指します。すれ違う登山者の方々も皆すごい笑顔。
2017年09月30日 11:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側のオキトマ稜線にコダック班のメンバーがいるので無線で交信しながら山頂を目指します。すれ違う登山者の方々も皆すごい笑顔。
1
山頂到着!メンバーのうち1人は白毛門初登頂。おめでとう!
2017年09月30日 11:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着!メンバーのうち1人は白毛門初登頂。おめでとう!
いやいや、何度見てもすごい。感動する。
2017年09月30日 12:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやいや、何度見てもすごい。感動する。
2
ドドーン!!
2017年09月30日 12:13撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドドーン!!
登ってきたルートがよく見える。
2017年09月30日 12:33撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたルートがよく見える。
無事に下山完了!お疲れ様!
2017年09月30日 13:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に下山完了!お疲れ様!
朝は10台位だったのに、帰ってきたら駐車場が満杯でびっくりしました。良いお天気でしたから、 今日登った人は皆ラッキー♡ですね。(^^)
2017年09月30日 13:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は10台位だったのに、帰ってきたら駐車場が満杯でびっくりしました。良いお天気でしたから、 今日登った人は皆ラッキー♡ですね。(^^)

感想/記録

夜都内で用事があるメンバーがいるので、早朝ヘッデンスタートで白毛門へ。
予定より早くに二俣に到着したので、これなら大丈夫だろうということで、Gスラルートへ。(ノーマルルートとGスラの2プラン用意していたけど、ノーマルルートは2度登ってるので、できればGスラに行きたかった。)
ほんとにこの先にそんな大きなスラブあるのぉ?というようなショボショボの枯れ沢を半分ヤブコギ状態で進んでからの、最後に大きな岩を乗り越えて上を見上げた時の落差(感動の大きさ)がすごかったです。ぅぉぉぉぉぉおおおお!って声、出ちゃいました。全員。\(^o^)/
そこからはゴキゲンでスラブを登って行きましたが、ついついジジ岩(向かって右の岩)に続く広大なスラブに引き込まれ、一度沢床直前までトラバースして見に行くも、沢床よりスラブのほうが登るの楽しそうだからという理由でまたスラブに戻って登ってたら、だんだん壁が立ってきたので、やっぱり沢床へ戻りました。(;・∀・) その時のトラバースが悪かったのでロープを出した以外はロープは不要でしたので、最初から沢床を行ってれば問題なさそうです。
登山道に出ると、予期せぬ紅葉が見られて、ほんとに良かったです。
良いルートをご紹介下さったgankoyaさん、yoshi629さん&stkさん、そのルートに先日のレコで言及してくださったebiikaさん(それがなければ私はGスラの存在を知ることがありませんでした)、ありがとうございました♡

参考
yoshi629さん、stkさん 2016年8月
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-948620.html
gankoyaさん、sawadonさん、bowowさん、2015年7月
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-680516.html
訪問者数:207人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

GPS 紅葉 ルーファイ ヘッデン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ