また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276448 全員に公開 ハイキング日高山脈

楽古岳

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
11分
合計
5時間32分
Sコイボクシュメナシュンベツ川分岐06:4407:27楽古岳登山口09:54楽古岳10:0411:39楽古岳登山口11:4012:16楽古山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
国道から楽古山荘までの林道は5.2km。
その他周辺情報登山後の温泉はみついし昆布温泉(440円)
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

前日駐車場から国道に出て写真を一枚。
明日もこんな天気だったらいいのになぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日駐車場から国道に出て写真を一枚。
明日もこんな天気だったらいいのになぁ。
1
今晩は浦河町道路情報ターミナルのある駐車場で車中泊します。
ここで車中泊したの自分一人だけでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今晩は浦河町道路情報ターミナルのある駐車場で車中泊します。
ここで車中泊したの自分一人だけでした。
ここから入ります。
一度見過ごしてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入ります。
一度見過ごしてしまいました。
1
楽古岳入口の標識をクローズアップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽古岳入口の標識をクローズアップ。
林道の途中で車を止めて写真を一枚。なんていう素晴らしい天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の途中で車を止めて写真を一枚。なんていう素晴らしい天気。
2
楽古山荘に着きました。
先客がいて心強いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽古山荘に着きました。
先客がいて心強いです。
登山ポストがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストがありました。
整備された綺麗な道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された綺麗な道を進みます。
ピンクテープがたくさんあり道も比較的歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクテープがたくさんあり道も比較的歩きやすいです。
台風の爪痕を感じました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の爪痕を感じました。
メナシュンベツ川の最初の渡渉地点です。
慎重に足の置き場所を選ぶと登山靴の中を濡らすことはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メナシュンベツ川の最初の渡渉地点です。
慎重に足の置き場所を選ぶと登山靴の中を濡らすことはありません。
1
尾根取り付き。ここから笹薮の急登が始まります。
踏み跡はしっかりしているので迷うことはありませんが、ともかく笹ばかり、嫌になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根取り付き。ここから笹薮の急登が始まります。
踏み跡はしっかりしているので迷うことはありませんが、ともかく笹ばかり、嫌になります。
1
下山は何回か滑って尻餅をつきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は何回か滑って尻餅をつきました。
標高700m地点。頂上まで標識はほとんどありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高700m地点。頂上まで標識はほとんどありません。
小さな休憩場所があったので、小休止しました。
この時点ではガスが立ち込めていません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな休憩場所があったので、小休止しました。
この時点ではガスが立ち込めていません。
1
頂上を捕らえました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を捕らえました。
3
このくらいのハイマツなら大丈夫です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このくらいのハイマツなら大丈夫です。
十勝岳(百名山じゃない)かしら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳(百名山じゃない)かしら。
1
やったー頂上です。新旧の頂上標識を並べて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったー頂上です。新旧の頂上標識を並べて。
4
裏側もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏側もあります。
2
古い山頂標識は朽ちて割れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い山頂標識は朽ちて割れています。
先行の方が写真を撮ってくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行の方が写真を撮ってくれました。
4
笹薮から解放された川沿い歩きは気持ち良かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹薮から解放された川沿い歩きは気持ち良かったです。
無事下山しました。車が3台ほど増えていました。
結構人気があるようですね>楽古岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山しました。車が3台ほど増えていました。
結構人気があるようですね>楽古岳。

感想/記録
by atreyu

今日は南日高の国境線上の楽古岳。
浦河町側から国道236号線(天馬街道)を帯広方面に向かって車を走らせます。
車中泊の場所は楽古山荘も考えましたが、携帯の電波が届かないと不便だし、自分一人だと寂しいと思って浦河町道路情報ターミナルのある駐車場にしました。
ここは水洗トイレがあるし、洗面所もあってなかなか便利でした。
登山口につながる林道入り口も数百メートルも離れていませなん。
明日が天気になるよう願いながら早めに寝ました。

朝目覚めて外を眺めるとなんと雲ひとつないピカピカの青空。
こんな天気は滅多にありません。
頂上からの眺望が楽しみです。

はやる気持ちを抑えて少し穴ポコのある林道を5kmほど走らせると楽古山荘にたどり着きました。
6時30分の時点でなんと車が3台も駐車しているじゃありませんか。
車にも山荘にも人の気配がないのでもう出発したようです。
山荘の中をちょっと覗いてみました。
ストーブがまだ暖かったので、昨夜はここで泊まった人がいるようです。

さて、自分もさっさと用意をして出発です。

ピンクリボンが常に視界に入ってくるので、道迷いの不安が全くなく安心して進めました。
登山者の視線を考えてリボンをつけているように感じました。
間も無くメナシュンベツ川の渡渉地点にでました。
渡渉は全部で5〜6回ほどですが、登山靴で間に合いました。

川沿いをしばらく歩くと尾根取り付きに辿り着き、ここから急登が始まります。
稜線上に出るまでずっと、笹被りの道をひたすら辛抱しながら進みます。
朝露があったらズボンも靴もびしょ濡れになるに違いありません。
今日は幸い乾いていたので助かりました。

やがて痩せ尾根に上がると頂上を目指すことになりますが、頂上まで枝がうるさくつきまといます。
尾根歩きは楽しく間も無く頂上に着きました。
頂上には先行者が3名ほど。
ヤマレコの写真で見たのと同じ新しい頂上標識と古い可愛らしいもの2つがありました。

朝出るときはピカピカの青空だったのにあっという間にガスを被り風も強くなってきました。
楽しみにしていた雄大な日高山脈を眺められなく全く残念でしたが、自分的にはまぁ満足です。
訪問者数:339人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ