また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276545 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

快晴絶景の「岩菅山」※噂の日本百名山+1番目の山 -10月度- お初の山1st

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
志賀高原「高天ヶ原ホテル」
〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町志賀高原高天ヶ原
TEL 0269-34-2911  

奥志賀林道登山口
http://tozanguchinavi.com/trailhead/trailhead-3931
緯度経度 36.748768 138.532284

道路状況:舗装路

駐車場:道の駅に無料駐車場あり

トイレ:周辺に見当たらず、但し地図上にはあるので探せばあるかも

コンビニ:IC下車後も多数あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間
6時間34分(ヤマプラ標準時間=10時間17分/18.1km)
歩行距離=18.44km
標高差=766m
平均速度=2.8km/H
※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 直線距離より長めに記録されていますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
1.岩菅山山頂直下は急登+ガレ
2.木階段多数あり(歩幅&高さは歩きに優しい感じ)
3.寺小屋峰〜岩菅山間、泥濘多数あり
 ※下手すると足首まで埋まる個所もある
4.水分補給量≒750mL

岩菅山登山コース
http://www.shigakogen.gr.jp/season/16.html
その他周辺情報滝の湯(混浴露天あり)
http://www.takinoyu.jp/

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ クリマプラスジャケット(フリース) ノマドパンツ 靴下 夏帽 フリース手袋→薄手手袋 雨具(ストームクルーザージャケット+パンツ) ストック 着替え ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+おにぎり×2+パン×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×4) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) スマホ タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) ホッカイロ(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

現地到着時点の外気温度≒1℃。駐車場の標高が1,580m、山頂標高が2,295mなので、標高差約600m≒1-3.6℃が山頂の気温と言う事になります。ん〜、服装的に氷点下の対応は微妙なんですが……。(-。-)ボソッ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現地到着時点の外気温度≒1℃。駐車場の標高が1,580m、山頂標高が2,295mなので、標高差約600m≒1-3.6℃が山頂の気温と言う事になります。ん〜、服装的に氷点下の対応は微妙なんですが……。(-。-)ボソッ
2
と言う事で、スマホも繋がる駐車場で朝食等々取りながら時間を潰しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と言う事で、スマホも繋がる駐車場で朝食等々取りながら時間を潰しました。
1
この頃になると明るくなりました。ちなみにこんな階段が多数あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃になると明るくなりました。ちなみにこんな階段が多数あります。
1
なんとな〜く、モルゲン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとな〜く、モルゲン。
2
岩菅山中間点。まだ1Hしか経っていないので、山頂には2Hで着くって事か?←実際そうなりましたが……。(-。-)ボソッ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山中間点。まだ1Hしか経っていないので、山頂には2Hで着くって事か?←実際そうなりましたが……。(-。-)ボソッ
1
岩菅山が見えたぞ〜!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山が見えたぞ〜!!
2
ノッキリを過ぎると眺望の良い尾根です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノッキリを過ぎると眺望の良い尾根です。
1
辺りには誰もいないので、そりゃ〜大騒ぎしました。(^_^;)\('_') ォィォィ...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺りには誰もいないので、そりゃ〜大騒ぎしました。(^_^;)\('_') ォィォィ...
3
く〜、太陽が眩しいぜ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
く〜、太陽が眩しいぜ!
3
富士山山頂が僅かに覗いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山山頂が僅かに覗いています。
1
裏岩菅山に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山に向かいます。
1
気持ちの良い尾根歩きとなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根歩きとなりました。
3
快晴絶景の山日和。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴絶景の山日和。
2
こちらはこちらで、またまた絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはこちらで、またまた絶景。
2
こんな泥濘がかなり出没します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな泥濘がかなり出没します。
1
ここは真っ直ぐ下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは真っ直ぐ下山しました。
1
ここからは一般道経由で駐車場まで歩きます。そのほうが早いから……。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは一般道経由で駐車場まで歩きます。そのほうが早いから……。
1
信州長野県高山村松川渓谷温泉 滝の湯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信州長野県高山村松川渓谷温泉 滝の湯
2
混浴露天風呂があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混浴露天風呂があります。
4
こちらは男性用の内風呂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは男性用の内風呂。
2
ここが混浴露天風呂。お湯は源泉から離れると少しぬるめで丁度良い感じ。湯の花が大量にありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが混浴露天風呂。お湯は源泉から離れると少しぬるめで丁度良い感じ。湯の花が大量にありました。
2
約15分後、汗が大量に流れてきたので、もう出ま〜す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約15分後、汗が大量に流れてきたので、もう出ま〜す。
4

感想/記録
by drunk

2017年10月1日(日)
2017年は、初めて訪れる山を目指すべく、山の選定をしている。
7月〜9月初旬までは日本百名山登頂が重なっていた為
意識せずとも初めての山に登る事が多かったが、
夏山シーズンも終わりとなる昨今は、その選定作業が必要になる。

春先までは初めてであれば良い、程度で選定していた事と、
多忙及び体調不良が重なり、山への意欲が失せてしまったので、
再発を防ぐ意味でも、この選定は重要作業となる。

ただ、年初にご相談していたヤマレコ友からの情報から
今回は早々に「岩菅山」が確定していた。
もっとも、久し振りに土曜日「アサヨ峰」→日曜日「岩菅山」と
2連チャンしようとしていたので、
仕事の影響で、日曜日1本になったのは残念と言うしかない。

ちなみに、アサヨ峰と岩菅山に繋がりは全くない。
土曜日は夕方に帰れ!!と言う絶対指令が出ていたので、
リベンジ目的で選定したのが「アサヨ峰」なだけである。

さて、そんな訳で土曜日の起床は9時となった。
とりあえず溜まっていた疲れは取れた感じはしたが、
この日は1日中グタグダして過ごした。
そして16時就寝。(-。-)ボソッ
理由は深夜発、早朝現地着の為である。
起床から数時間後の就寝ではあったが、やはり疲れていたのだろう、
そこそこ寝る事ができた。

-中略-

現地着4:00、外気温は1℃である。
標高1,580mの駐車場と標高2,295mの山頂から計算すると、
現時点の山頂の気温は、-2.6℃となる。
なので多少なりとも太陽の力を借りるべく、出発を1H後と設定した。
外気温がここまで低くなるのは想定外であったからだ。
まあ、車移動なので装備は準備しておくべきでしたね。(-。-)ボソッ

ちなみに今回はクリマプラスジャケットの初陣であり、
この気温との対峙は大いに参考になりました。

さて、5:00出発である。
温度計ほど寒さは感じない。
また暗い中ではあるが、整備された登山道は歩きにくさもない。
気がつけば太陽の光と共に、そのすばらしい眺望と
寒さを吹き飛ばす暖かさを全身で感じていた。
太陽の力は偉大であった。

7:00少し前、山頂着。
その手前からではあったが、素晴らしい眺望である。
また早朝故、山頂は独占状態である。
富士山も顔を覗かせています。
溜まんね〜〜〜!!

そのまま裏岩菅山まで足を伸ばし、裏からのに眺望も満喫です。

なお、ここまでの所要時間は約2.5H。
計画通り周回コースを歩いて下山する事としました。
但し、岩菅山山頂から東館山山頂駅までの間の、
登山道の泥濘にかなり辟易しつつです。
ついでに、尾根歩きではあるが眺望はかなり乏しい。
なので、泥濘への意識が高まるのです。

で、下山後は珍しく温泉に移動します。
目指すは、信州長野県高山村松川渓谷温泉「滝の湯」。

混浴の湯ではあるが、占拠しているのはオジサン族ばかりです。
当たり前と言えば当たり前ですが、
そんなワニやらカバが待ち構える中に約1名、若い女性が入浴してきました。
もっとも一目散に彼氏の下へ駆け寄りましたけどね。
でも勇気あるよな〜。

なお源泉掛け流しの湯でもあり、
温泉としてはかなり堪能できました。
訪問者数:232人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 三角点 ガレ クリ 渓谷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ