また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276779 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

尾瀬ヶ原&至仏山(山ノ鼻テント泊)

日程 2017年10月01日(日) 〜 2017年10月02日(月)
メンバー
天候初日:晴れ、2日目:曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
10時半に戸倉第二駐車場へ駐車。
残り数台でしたが下山して来る人もいるので満車にはならなそうでした。
戸倉からは鳩待峠までバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間52分
休憩
1時間19分
合計
4時間11分
S鳩待峠11:3512:15山ノ鼻13:2513:52牛首分岐(中田代三叉路)14:20ヨッピ吊橋14:41竜宮十字路14:5015:16牛首分岐(中田代三叉路)15:46山ノ鼻
2日目
山行
4時間0分
休憩
10分
合計
4時間10分
山ノ鼻06:0006:37森林限界07:07中間地点07:52高天ヶ原08:10至仏山08:2008:52小至仏山09:31原見岩10:10鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
小休止含みます
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし。ただし熊出没箇所が多いため熊鈴などは必須
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

山ノ鼻まではこんな感じ。
クマ注意!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ鼻まではこんな感じ。
クマ注意!
1
1時間弱で山ノ鼻到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間弱で山ノ鼻到着
我が家完成!この日テン場一番乗り。受付は至仏山荘で出来ます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が家完成!この日テン場一番乗り。受付は至仏山荘で出来ます
3
ビジターセンターで熊の剥製を見れます。出会いませんように。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンターで熊の剥製を見れます。出会いませんように。。
初日は尾瀬ヶ原を散策
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初日は尾瀬ヶ原を散策
1
いきなり湿原スタート!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり湿原スタート!
3
紅葉の黄色がとても綺麗です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の黄色がとても綺麗です
1
カモものんびりしています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモものんびりしています
2
燧ヶ岳を雄大に見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳を雄大に見えます
3
振り返ると至仏山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると至仏山
1
明日はあそこの頂に立ちます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日はあそこの頂に立ちます
1
池越しの燧ヶ岳。真ん中の木が気に入りました。ここは日本かな!?って疑うくらいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池越しの燧ヶ岳。真ん中の木が気に入りました。ここは日本かな!?って疑うくらいでした。
1
この先に行くと東電小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先に行くと東電小屋
竜宮小屋まで来て見ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜宮小屋まで来て見ました
山ノ鼻まで戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ鼻まで戻ります
テン場に戻りました。少しテントが増えてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場に戻りました。少しテントが増えてました
1
でわ、飲みます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でわ、飲みます!
2
そしてなんと至仏山荘はテントでも500円で入浴出来ました!幸せ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてなんと至仏山荘はテントでも500円で入浴出来ました!幸せ!
3
夜は恒例のキムチ鍋!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜は恒例のキムチ鍋!
3
至仏山に向けてスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山に向けてスタート
1
少しだけ湿原を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ湿原を進みます
1
ここから本格的な登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから本格的な登山道
熊にビビりながら熊鈴ジャンジャン鳴らして進みます。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊にビビりながら熊鈴ジャンジャン鳴らして進みます。。
色付き始めています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色付き始めています
おっ!紅葉がすごい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ!紅葉がすごい!
3
振り返ると尾瀬ヶ原!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると尾瀬ヶ原!
2
蛇紋岩を進みます。結構滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇紋岩を進みます。結構滑ります。
1
振り返ると今度は尾瀬ヶ原燧ヶ岳も見えました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると今度は尾瀬ヶ原燧ヶ岳も見えました!
3
雲海越しの木道が空に繋がるみたいで幻想的でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海越しの木道が空に繋がるみたいで幻想的でした
2
これから歩く稜線が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線が見えます
2
原見岩も紅葉が進んでいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原見岩も紅葉が進んでいます
2
鳩待峠に帰って来ました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠に帰って来ました!
1

感想/記録

朝7時半に自宅の神奈川を出るのんびりの工程。
戸倉の駐車場がいっぱいか気になりましたが着いた時には帰る人もいるため停めれました。

鳩待から山ノ鼻までは木道を下るだけなので楽チン。テントを張って尾瀬ヶ原へ。天気も良くて紅葉進む尾瀬ヶ原と燧ヶ岳、至仏山の景色を満喫できました。

テン場に戻ってからは至仏山荘のお風呂で暖まりました。お風呂から出てビールとキムチ鍋で夕食。
その後、テントが隣になったmさんから梅酒のお誘いをいただき梅酒お湯割りで暖まりながら山の話で秋の夜長を楽しみました。
mさんありがとうございました。
また何処かでお会いしたいですね。

翌日は早朝より至仏山へ。月曜のせいか人もまだほとんど歩いていませんでした。尾瀬はツキノワグマの目撃情報が多いのでかなりビビりながら熊鈴ジャンジャン鳴らしながら歩きました。ほぼ直登のルートですが森林限界を超えると振り返るたびに尾瀬ヶ原と燧ヶ岳が見えて疲れも吹き飛びました。とても気持ちいい登りです。

山頂からも気持ちよく下りていましたが鳩待峠まで残り1km程の所で前から来るパーティーが鈴や笛を鳴らして叫んでいました。すると「今、熊が出ました!気をつけて下さい!」と言われかなり動揺してしまいます。一人でどう気をつければいいのか。。そこから鳩待峠までは熊鈴鳴らして叫んでみたりしながらテント担いでいるのにトレランみたいに下りました。。無事に下れた時にはホッとしました。。

熊の件は別として初尾瀬でしたがとても素敵な所だと感じました。次は燧ヶ岳にも登ってみたいです。
訪問者数:476人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ