ヤマレコ

記録ID: 1277066 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

雨の日登山 蝶ヶ岳

日程 2017年10月02日(月) 〜 2017年10月03日(火)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間57分
休憩
10時間21分
合計
17時間18分
Sスタート地点12:0012:08三股登山口12:2612:48ゴジラみたいな木12:5013:42まめうち平13:4215:12蝶ヶ岳15:1215:16蝶ヶ岳ヒュッテ15:3715:55蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)15:5517:06横尾 (横尾山荘)17:2419:41蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)19:4119:58蝶ヶ岳ヒュッテ
2日目
山行
2時間13分
休憩
9時間23分
合計
11時間36分
蝶ヶ岳ヒュッテ05:1705:20蝶ヶ岳05:2006:47まめうち平06:4807:11ゴジラみたいな木07:1407:27三股登山口07:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

感想/記録

前日に石川県まで日帰りで行って、アルコール摂取

今日は予報で雨、しかし今シーズン最後だと思い登山決行

子どもが明日休みなので、蝶ヶ岳で一泊してすぐに帰って来る計画

自宅を0830頃出発し、昼から三股登山口スタート

体が怠くてやる気が出ない、しかも雨
何でこんな雨の中、登山するんだと勝手なことを思いながら登る。

しかし、終日雨の中の登山、しかも10月のストックシェルター&エスケープビィビィは初なので耐寒トレーニングも兼ねることができると前向きに考え直す。

1500くらいに蝶ヶ岳に到着

暗くなるまで時間があるのと、早い時間からストックシェルターに入るのは嫌なので横尾山荘までピストンしてから蝶ヶ岳で一泊することに。

蝶ヶ岳ヒュッテに戻ってくる時間が遅くなるかもしれないのでテント泊の受付を済ます。

蝶ヶ岳ヒュッテから3時間半くらいで横尾山荘を往復

途中、雨稼ぎと気温低下にやられて寒さに震える。

横尾から蝶ヶ岳に向かう稜線に出ると雨風が強くてフード下に被っていたキャップが吹っ飛ばされそうになる。キャップを抑え、ガスって視界が悪い中、○印を探しながら蝶ヶ岳ヒュッテに到着

10分ちょっとだが天候の悪い稜線を夜間歩くのは滅入る。

蝶ヶ岳ヒュッテに入ると小屋の方が乾燥室を使っていいというのでご厚意に甘えさせてもらう。

手袋、雨具を乾かし、いざテント場へ

本日は貸切

テント場の隅に風がよけられるとこがあったので軽く整地してストックシェルターの大きさに切ったビニールシートを敷いて四隅を石で抑える。

ビニールシートの上にストックシェルターを立てる。ペグは面倒くさいので使わない。

あとはウインドブレーカ、UNIQLOダウンにゴアの雨具を着てエスケープビィビィに潜り込み2230就寝

浸水して足を水につけながら仮眠

何度も起きては震えながら0400起床

ペットボトル2本分くらいの水がストックシェルターの隅に溜まった。

とりあえず、ストックシェルター&エスケープビィビィで一晩越せた。

それからボーッとして5時過ぎに下山開始


チャリで家路へ向かう
訪問者数:272人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/5/25
投稿数: 106
2017/10/4 19:23
 がくがくぶるぶる
nextviewさん、こんばんは。
寒そう、、、ですね。ちょっと、横尾まで往復の意味が分かりません(笑)
私なら、確実に寒さでやられてます。流石ですね。
登録日: 2017/6/21
投稿数: 0
2017/10/9 10:08
 無題
おはよう、matia4500くん
横尾の往復はトレーニングだよ、時間があったから。稜線は雨風が強いから森林内を登り下りしてた。

雨の日は本当に登山萎えるよ😭

まあ、でもトレーニングと思えばなかなか今回の山行は良かったよ🤣

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ