ヤマレコ

記録ID: 1277308 全員に公開 沢登り谷川・武尊

湯檜曽川大倉沢

日程 2017年10月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候早朝は晴天、昼前から曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白毛門登山口駐車場に車を置いた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間28分
休憩
2分
合計
11時間30分
S白毛門登山口駐車場05:1905:36マチガ沢駐車スペース12:54朝日岳13:53笠ヶ岳14:37白毛門15:13松ノ木沢の頭16:44東黒沢16:4616:49白毛門登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
入渓がもう少しわかりやすいかと思っていたのだが、少し道が登り始めたので、なんとなくある踏み跡を追って沢筋に出ました。
詰めは、ササが凄いので少しササの勢いが薄い沢沿いに上がれるところまであがると草原に到着。そこから、朝日岳を直接目指したのがいけなかったのか、ハイマツとシャクナゲをかき分けて山頂少し手前で登山道に合流しました。
コース状況/
危険箇所等
沢内の滝は難度が高くはなかったが、滝を巻くときには、崩れやすい草付が多いので注意が必要。下りは下山道だったが、雨で岩が滑りやすかった。
その他周辺情報下山後は谷川湯テルメにて入浴。

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ ロープ20 クライミングシューズ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング 渓流シューズ トポ ルート図
共同装備 ロープ40

写真

朝日岳まで後少しというところに出たので、ピークハントしないわけにはいきません。
2017年10月03日 12:53撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳まで後少しというところに出たので、ピークハントしないわけにはいきません。
笠ヶ岳は見向きもせずに通過。
2017年10月03日 13:52撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳は見向きもせずに通過。
何故か白毛門ではまた記念撮影。
2017年10月03日 14:38撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故か白毛門ではまた記念撮影。
ここは、肉眼だととても綺麗だったのですが、光量足りず、写真だと今一ですね。
2017年10月03日 14:44撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、肉眼だととても綺麗だったのですが、光量足りず、写真だと今一ですね。

感想/記録

現地について準備していると青空。夜半から雨が降るという予報だったので昼間は楽しく登れそうです。駐車場を出て入渓までは約2時間。少し入渓まで長目ですが、途中に一ノ倉の紅葉が見えたり、簡単な渡河があったりと、普通のハイキング気分で歩けたので、そこまで辛くはない感じでした。
適度に難しいけど、そこまで危ないところがなく、イベント盛りだくさんの沢という感じで楽しめましたが、巻きはやはり注意が必要でした。沢自体は狭い廊下になったり開けたり、ナメだったりゴルジュだったり、色の変化もあり、本当に飽きずに面白い沢でした。途中、ナメで転んで少し落ちたのですが、yazu823さんに捕まえてもらって事なきを得ました。
ササをかき分けて沢を詰め上がったところで草原が出てきたのでみんな安心し着替えて出発。そこからは普通の登山と思っていたのですが、そこからが大変でした。何故か、もう一度、ササ地帯に入った後、ハイマツとシャクナゲをかき分けて登山道に復帰。クマザサなんて大嫌いだ、もう暫く見たくもないと思っていたのですが…。
植物をかき分けていたので、折角着替えたのに、植物についていた水でずぶ濡れで寒い寒い。朝日岳まですぐだったので、ちょっとだけピークを踏んだら、すぐに下山。
ここからの下山は雨。濡れた石が滑るので全くペースがあがりません。たらたら一番後ろから歩いていたら、足が滑ってコースアウトしそうになり、とっさに掴んだのがクマザサ。思ったより滑って足がコースアウトしたので、クマザサを持ったまま立とうとしたら、足場がありません。あれっと思って下を見たら、7m程落ちてる崖でした。「助けてー」と言おうかとも思ったのですが、助けを待つよりも頑張って登る方が早いと思い、それからは必死にクマザサを掴んでコース復帰。落ちていたら、小さい樹木が結構生えていたので死にはしなかったと思いますが、怪我はしてそうです。
本当にクマザサありがとう!
そんなこんなで、11時間半の行動時間、しかも後半は雨で滑る道を下ったので、本当に疲れました。疲れました。疲れると色々失敗するもんですね。普通の登山なめてはいけないですね。これからも気を引き締めて行動します。
訪問者数:126人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ