また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1280727 全員に公開 トレイルラン甲斐駒・北岳

御所山

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間13分
休憩
27分
合計
7時間40分
Sスタート地点06:2407:09南精進ヶ滝07:1107:55白糸の滝07:5908:10五色の滝08:1708:39鳳凰小屋08:4009:04地蔵ヶ岳09:09アカヌケ沢の頭09:1109:26鳳凰小屋分岐09:41鳳凰山09:4409:59薬師岳10:05砂払岳10:31南御室小屋10:48苺平10:4911:34大ナジカ峠11:3612:03鳳凰山展望箇所12:0712:19千頭星山12:28大西峰12:2912:52御所山14:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース中で走れる所は、
観音岳〜苺平、登山者が多いので配慮して通行。
千頭星山〜御所山、気持ちよい笹原のトレイル。御所山手前は少々笹が深い。

青木鉱泉〜赤抜沢ノ頭、は急こう配の上りで走れる所は皆無。
赤抜沢ノ頭〜観音岳、岩場の多い下り・上りで、登山者も多いのでほとんど走れません。
苺平〜千頭星山、踏み跡は薄く、険しい道です。
御所山〜青木鉱泉、踏み跡は薄く不明瞭な為、ルートを外さないよう注意して通行が必要。深い笹藪に隠れた倒木や木の根が多数。
その他周辺情報尾白の森名水公園内「尾白の湯」を利用。
入浴料¥820円と高額ですが、濃厚な温泉「赤湯」が強烈なインパクト!
広くて、露天風呂からは八ヶ岳連峰が展望できる抜群のロケーション。
(0551‐35‐4411)

装備

個人装備 消費・水 約600ml・補給食 ジェル180kcal×2 オニギリ×1

写真

今回、クルマはドンドコ沢登山道の川の対岸に駐車
駐車スペースより見上げる地蔵岳、オベリスクは見えません。
2017年10月08日 08:34撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回、クルマはドンドコ沢登山道の川の対岸に駐車
駐車スペースより見上げる地蔵岳、オベリスクは見えません。
ドンドコ沢登山道
2017年10月08日 06:35撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンドコ沢登山道
南精進ヶ滝
2017年10月08日 07:08撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南精進ヶ滝
1
白糸ノ滝
白糸とは名ばかりで、結構豪快に落ちています。
2017年10月08日 07:56撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白糸ノ滝
白糸とは名ばかりで、結構豪快に落ちています。
2
五色ノ滝
滝壷のすぐ近くまで下りれるので行ってみます。
2017年10月08日 08:10撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色ノ滝
滝壷のすぐ近くまで下りれるので行ってみます。
2
オベリスクが見えてきました。
2017年10月08日 08:30撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスクが見えてきました。
1
鳳凰小屋到着。スルーします。
2017年10月08日 08:39撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋到着。スルーします。
白砂の上り、周りの紅葉のコントラストが絵になる。
2017年10月08日 08:53撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂の上り、周りの紅葉のコントラストが絵になる。
1
オベリスクのすぐ横まで来ましたが、どっちみちテッペンには登れんのでココまででいいや。
2017年10月08日 09:04撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスクのすぐ横まで来ましたが、どっちみちテッペンには登れんのでココまででいいや。
2
賽の河原
2017年10月08日 09:05撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原
赤抜沢ノ頭からオベリスク
2017年10月08日 09:09撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭からオベリスク
2
赤抜沢ノ頭から北岳
2017年10月08日 09:10撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭から北岳
2
赤抜沢ノ頭から観音岳
2017年10月08日 09:10撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭から観音岳
観音岳到着
2017年10月08日 09:40撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳到着
2
観音岳から真正面に北岳
2017年10月08日 09:41撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳から真正面に北岳
1
北側には地蔵岳と曇に隠れた甲斐駒ヶ岳
2017年10月08日 09:41撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側には地蔵岳と曇に隠れた甲斐駒ヶ岳
1
薬師岳
ホントの山頂は東側の岩の上だと思いますけど。
2017年10月08日 09:59撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳
ホントの山頂は東側の岩の上だと思いますけど。
薬師岳小屋
建替え工事は終わったみたいですね。でも、こんな中途半端な所にあっても用は無いよね。スルーします。
2017年10月08日 10:01撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋
建替え工事は終わったみたいですね。でも、こんな中途半端な所にあっても用は無いよね。スルーします。
1
南御室小屋
ここから先、すこし道が険しくなるのでチョット休憩してオニギリ食っていきます。
2017年10月08日 10:28撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南御室小屋
ここから先、すこし道が険しくなるのでチョット休憩してオニギリ食っていきます。
踏み跡は薄くなりますが明瞭です。
2017年10月08日 10:53撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡は薄くなりますが明瞭です。
1
ガレの縁を通過、ちょっと気味悪い
2017年10月08日 11:12撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレの縁を通過、ちょっと気味悪い
大ナジカ峠付近はすこし笹藪が深い
2017年10月08日 11:33撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ナジカ峠付近はすこし笹藪が深い
1
大ナジカ峠
鹿の顎の骨がのってます。
2017年10月08日 11:34撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ナジカ峠
鹿の顎の骨がのってます。
ボスキャラ千頭星はガスに隠れています。
2017年10月08日 11:47撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボスキャラ千頭星はガスに隠れています。
1
千頭星山手前はキレット状
2017年10月08日 11:52撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭星山手前はキレット状
1
千頭星山
2017年10月08日 12:18撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭星山
1
千頭星山からは道は広く明瞭になる。
2017年10月08日 12:20撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭星山からは道は広く明瞭になる。
1
ラスボス・御所山
ここからの下りはちょっと注意が必要。
2017年10月08日 12:53撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラスボス・御所山
ここからの下りはちょっと注意が必要。
2
橋渡って林道に出ます。
2017年10月08日 13:47撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋渡って林道に出ます。
駐車スペースに戻りました。
午後になって曇り空になって展望はありません。
2017年10月08日 14:05撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車スペースに戻りました。
午後になって曇り空になって展望はありません。
撮影機材:

感想/記録

鳳凰山から千頭星山・御所山の周回コースを回ってきました。
紅葉は見頃で、午前中は天気も良くて展望も良かった。
苺平〜千頭星山〜御所山〜青木鉱泉のルートは山慣れしてない方は踏み込まないほうが無難かと思います。
訪問者数:169人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ