ヤマレコ

記録ID: 1280925 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

やはり素晴らしかった安達太良山の紅葉♪

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
10/07 14:00 出発
10/07 18:00 到着&奥岳温泉&車中泊
10/07 21:00 就寝
10/08 05:00 登山開始
10/08 10:00 下山&奥岳の湯
10/08 11:30 帰路へ
10/08 16:00 到着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
14分
合計
4時間52分
Sスタート地点05:2406:24五葉松平06:32薬師岳06:3707:01仙女平分岐08:05安達太良山08:1208:20沼尻分岐08:25峰ノ辻分岐08:35峰の辻09:04くろがね小屋09:0609:15塩沢分岐09:27勢至平分岐09:37八の字10:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から展望台:
  登山口からはしばらく林道を歩き、くろがね小屋分岐からはゲレンデ内を登る。
  そこからは普通の登山道になります。
  前日の雨でぬかるんで滑りやすい。
展望台から安達太良山:
  ゴンドラにのる観光客用か途中まで木道となっています。
  安達太良山の見事な紅葉を見ながら歩きます。
  途中からはガレタ道となり、展望がひらけます。
安達太良山からくろがね小屋:
  左手に沼ノ平を見ながら牛ノ背の短い稜線歩き。
  稜線からくろがね小屋までの下山は、素晴らしい紅葉。
  くろがね小屋から黄葉のアーチ、そのあとは緩やかな平坦な道が続く。
  勢至平分岐を過ぎると旧道と新道に分かれる。
  旧道は、短いが登山道となっている。新道?は長いが林道となっているよう。
その他周辺情報●コンビニ
 岳温泉入口にはコンビニ(ファミマ)があります。
●温泉
 駐車場の登山口付近に、『あだたら温泉奥岳の湯』があります。
 11/5までは、20時30分までやっているようです。
 http://www.adatara-resort.com/green/okudakenoyu.stm
●観光情報
 http://www.adatara-resort.com/green/traffic.stm
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

前日は車中泊。日の出とともに起床。
右の光は太陽ではなく、次々とやってくる車のライトです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は車中泊。日の出とともに起床。
右の光は太陽ではなく、次々とやってくる車のライトです。
2
車の脇で軽く食事をして、さあ、出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車の脇で軽く食事をして、さあ、出発!
だいぶ明るくなってきました。
昨晩はがらがらだった駐車場がじょじょに埋まっていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ明るくなってきました。
昨晩はがらがらだった駐車場がじょじょに埋まっていきます。
2
しばらく林道を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく林道を歩きます。
ロープウェイ山頂駅かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅かな?
モルゲンぽい感じで、紅葉の山が赤く染まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンぽい感じで、紅葉の山が赤く染まる。
1
明るくなってきて鮮やかな紅葉が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきて鮮やかな紅葉が!
2
昨日の雨で登山道はぬかるんでいます。
車にゲイター忘れた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日の雨で登山道はぬかるんでいます。
車にゲイター忘れた!
薬師岳で展望がひらけます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳で展望がひらけます。
だいぶ日も昇ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ日も昇ってきました。
安達太良山は一面の紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山は一面の紅葉
この上の空がほんとの空です。に思わず納得!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上の空がほんとの空です。に思わず納得!
4
予想以上の晴れに、思わず笑みが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想以上の晴れに、思わず笑みが
しばらく木道が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく木道が続く。
木道脇も見事な紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道脇も見事な紅葉
鮮やかなオレンジの葉!
空の青さが引き立てる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮮やかなオレンジの葉!
空の青さが引き立てる
3
と言われる紅葉にも納得
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と言われる紅葉にも納得
3
色合いの紅葉が...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色合いの紅葉が...
1
山頂付近には乳首と呼ばれる溶岩の塊が...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近には乳首と呼ばれる溶岩の塊が...
安達太良山山頂です。
ここで朝食にします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山山頂です。
ここで朝食にします。
2
サーモス山専ボトル。
このポットの保温力は凄い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サーモス山専ボトル。
このポットの保温力は凄い。
山頂 1700M、標高差 760M
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂 1700M、標高差 760M
3
本日もMZ500L
景色に目を奪われ、今日はログをとるだけでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日もMZ500L
景色に目を奪われ、今日はログをとるだけでした。
3
ここで稜線をはずれ、下山開始です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで稜線をはずれ、下山開始です。
すすきが秋らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すすきが秋らしい
振り返ると、こんな景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、こんな景色
足が止まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足が止まります。
このオレンジ色、好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このオレンジ色、好きです。
2
いろとりどりの紅葉が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いろとりどりの紅葉が
1
くろがね小屋までは
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろがね小屋までは
素晴らしかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしかった。
黄色も青い空に映える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色も青い空に映える。
林道に出ました。
ちょうど10時
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
ちょうど10時
1

感想/記録
by tm3r

安達太良山に行くなら、絶対。秋と決めていました。
3連休は、道路も山も渋滞が予想されますが、
紅葉真っ盛り、天気予報も良いので、今がチャンス。

土曜日は用事を終えて、お昼過ぎに出発。
高速は渋滞もなく順調に登山口の駐車場に到着。
奥岳の温泉に入り、車中泊。

翌朝、朝日とともに起床。
起床して、車の脇でご飯を食べている間にも
続々と駐車場に車がきます。

さて、5時30分過ぎに出発。
昨日の雨で、登山道はぬかるんでいます。

薬師岳を過ぎたあたりから紅葉が...
東北一の紅葉といわれるだけあって見事な紅葉。
赤、オレンジ、黄色、色とりどり。

くろがね小屋まわりの紅葉も見事!
いや、本当に素晴らしい紅葉。

下山後は、また、奥岳の湯で、さっぱり。
10時過ぎからお風呂に入る人も少なく、ゆっくりとお湯につかることができました。

駐車場をでると、駐車場の空き待ちで数劼砲盖擇崑臀詑據
前日泊で早く登山して良かった!

帰りも渋滞に巻き込まれることなく帰宅。
いやぁ。安達太良山の紅葉、満喫しました!!

以上

訪問者数:321人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ