また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1282617 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ケ岳(北沢峠から)

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
南アルプス市営芦安駐車場から登山バス利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
1時間45分
合計
9時間15分
S北沢峠 こもれび山荘07:0007:16北沢峠07:18仙丈ヶ岳二合目登山口07:20長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)07:2307:50仙水小屋07:5508:25仙水峠08:3110:02駒津峰10:1510:44六方石11:54甲斐駒ヶ岳12:5213:32六方石13:3514:02駒津峰14:1514:56双児山南峰15:0016:15北沢峠 こもれび山荘16:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・北沢峠〜仙水小屋
少し林道を下って山道に入り長衛小屋のテント場を抜けると、小川を脇にした樹林帯に入ります。何度か川の渡渉がありますが靴が濡れるほどではありません。

・仙水小屋〜仙水峠
日が差し込むゴロゴロした岩の上を歩く道。傾斜はあまりないのでつらくはないけど歩きづらい。後ろには仙丈ケ岳が良く見えます。

・仙水峠〜駒津峰
仙水峠からは傾斜がきつくなりますが、八ヶ岳方面の眺望や、栗沢山、アサヨ峰、鳳凰三山、富士山、摩利支天、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳など360度の大パノラマの絶景を見ることができるので気持ちよさすら感じます。

・駒津峰〜六万石
急な下りになり3点支持で行く狭い個所もあるので、今回のようなシーズンでは割と渋滞します。

・六万石〜甲斐駒ケ岳山頂(巻き道)
ザレ場は鳳凰三山程足がとられることはありませんが、やはり滑るので要注意。
風が強いと怖いだろうなと思います。

・駒津峰〜双児山
少しの縦走のあと、岩場の下りがあり、最後に少し登り返しがあります。駒津峰の登り返しに比べれば大変さはないですが、疲れている脚にはきます。

・双児山〜北沢峠
長い長い樹林帯の下り。眺望はないし、延々と続く九十九折りが脚と心にダメージを与えていきます。

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 筆記用具 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ
共同装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 筆記用具 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

ここに移動するだけでも大変。みなさん記念写真を撮られてました。
2017年10月08日 07:10撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに移動するだけでも大変。みなさん記念写真を撮られてました。
トトロのような木もありました。
2017年10月08日 07:12撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トトロのような木もありました。
1
木々の紅葉にテントも紅葉?
2017年10月08日 07:21撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の紅葉にテントも紅葉?
1
小川の流れが目にも耳にも癒しを与えてくれます。
2017年10月08日 07:24撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川の流れが目にも耳にも癒しを与えてくれます。
枯れ葉が青く色づいてて神秘的。
2017年10月08日 07:35撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ葉が青く色づいてて神秘的。
仙水小屋の紅葉。
2017年10月08日 07:52撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水小屋の紅葉。
2
色加工してますがこんな幻想的な空間にいるようでした。
2017年10月08日 07:59撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色加工してますがこんな幻想的な空間にいるようでした。
景色が開けて後ろのどっしりとした仙丈ケ岳と双児山方面の紅葉が見事です。
2017年10月08日 08:12撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色が開けて後ろのどっしりとした仙丈ケ岳と双児山方面の紅葉が見事です。
1
仙水峠に着くと八ヶ岳方面の雲海がとてもきれいに見えます。
2017年10月08日 08:26撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠に着くと八ヶ岳方面の雲海がとてもきれいに見えます。
左が駒津峰、右が摩利支天、中央奥が甲斐駒かな。
目指す場所はまだ遠く。。
2017年10月08日 08:27撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が駒津峰、右が摩利支天、中央奥が甲斐駒かな。
目指す場所はまだ遠く。。
2
栗沢山からアサヨ峰を経由し鳳凰に繋がる早川尾根
2017年10月08日 09:09撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗沢山からアサヨ峰を経由し鳳凰に繋がる早川尾根
仙丈ケ岳ドーン
2017年10月08日 09:09撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳ドーン
1
甲斐駒ケ岳ドーン
2017年10月08日 09:10撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳ドーン
5
鳳凰三山の右手奥に富士山が見えました。すぐ雲が上がって見えなくなったけど。
2017年10月08日 09:21撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山の右手奥に富士山が見えました。すぐ雲が上がって見えなくなったけど。
北岳間ノ岳から仙丈ケ岳まで綺麗に見えます。
2017年10月08日 09:51撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳間ノ岳から仙丈ケ岳まで綺麗に見えます。
よく見ると二つのピークがあるのが双児山右後ろには中央アルプスも。
2017年10月08日 09:57撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると二つのピークがあるのが双児山右後ろには中央アルプスも。
駒津峰に着きました。広くて眺望もよく、景色のピークはここと言ってもいいかも。でもここまで来ると右のピークを目指したくなるのが人の常。
2017年10月08日 10:02撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰に着きました。広くて眺望もよく、景色のピークはここと言ってもいいかも。でもここまで来ると右のピークを目指したくなるのが人の常。
鋸岳です。ピラミダルのカッコいい山容ですね。
2017年10月08日 10:03撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳です。ピラミダルのカッコいい山容ですね。
2
周りの山々とも同じ高さくらいまで来ました。
でもさすがに北岳は高い。
2017年10月08日 10:04撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの山々とも同じ高さくらいまで来ました。
でもさすがに北岳は高い。
南アルプスの貴公子と言われるのが分かる雄々しい姿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの貴公子と言われるのが分かる雄々しい姿。
3
こんな刃渡りみたいな箇所もいくつかあります。
2017年10月08日 10:23撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな刃渡りみたいな箇所もいくつかあります。
先は長い。人が目印で巻き道ルートがよくわかります。
2017年10月08日 10:26撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先は長い。人が目印で巻き道ルートがよくわかります。
1
8合目の六万石。
2017年10月08日 10:44撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目の六万石。
直登ルートは自分の力量では無理そうなので巻き道ルートへ。
2017年10月08日 10:51撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登ルートは自分の力量では無理そうなので巻き道ルートへ。
2
六万石と駒津峰
2017年10月08日 11:00撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六万石と駒津峰
2
直登ルートを望む
2017年10月08日 11:00撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登ルートを望む
ひこうき雲がいい感じで出てました。
2017年10月08日 11:06撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひこうき雲がいい感じで出てました。
ザレ場の斜面は滑るし険しい。
2017年10月08日 11:11撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場の斜面は滑るし険しい。
1
摩利支天は時間の問題でパスしました。
2017年10月08日 11:18撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天は時間の問題でパスしました。
右がピークと思っていたら左にピークがあり、心が折れそうになる瞬間。
2017年10月08日 11:34撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右がピークと思っていたら左にピークがあり、心が折れそうになる瞬間。
1
この頃にはだいぶ雲に覆われていました。
2017年10月08日 11:55撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃にはだいぶ雲に覆われていました。
1
かろうじて見える鋸岳
2017年10月08日 12:33撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かろうじて見える鋸岳
黒戸尾根もたくさん人がいます。
2017年10月08日 12:39撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根もたくさん人がいます。
1
帰りはガスで視界が悪くなる場面も
2017年10月08日 13:05撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはガスで視界が悪くなる場面も
六万石への道も紅葉が綺麗。
2017年10月08日 13:20撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六万石への道も紅葉が綺麗。
手入れすれば日本庭園のようにもなりそうな雰囲気。
2017年10月08日 13:22撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手入れすれば日本庭園のようにもなりそうな雰囲気。
双児山方面から帰ります。もうへとへとで写真なし(笑)
2017年10月08日 14:16撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双児山方面から帰ります。もうへとへとで写真なし(笑)
1
撮影機材:

感想/記録
by nesuuy

約9か月のブランク明けでの登山。
ブランク明け一発目でこの山はハードルが高すぎると不安がよぎりつつも
連休で天気が良く、体調も良いこんな日は滅多にないので
迷わず芦安の駐車場に向かいました。

やはり同じことを考えてる人が多いのか
駐車場には4時45分くらいに着いたのですが、
バスの乗車券渋滞で始発立ち乗りのスタートでした。
カーブのたびにきしむ両腕。
睡眠不足による眠気と吐き気。
着く前からギブアップ寸前でした。笑

初めて来た北沢峠は朝露の残る苔むした木々が印象的で
疲れた体に程よい癒しを与えてくれます。
登山道も青々とした小石や枯れ葉、色づき始めの木々、小川のせせらぎ、
全てが気持ちよくて、来てよかったとしみじみ思いましたね。

また甲斐駒ケ岳は天候に恵まれないというイメージがあったので
こんなにも穏やかで澄んだ景色が見られたことにも感動でした。
例によって時間が進むとガスが出てきて山頂での景色は残念ながら堪能することはできなかったけれども大満足でした。

ただ足の方は当然厳しい山には対応できずひざが笑い
体力的にもピークを踏むことで限界。
まさに帰りのエンジンを積んでない状態だったかも。

時間的には余裕があったつもりが、摩利支天どころか
普通に降りてもバスの時間に間に合わなそうな状況でした。
必死で身体に鞭を打ち下っていたものの
つま先は痛いし、息は上がるし、なかなかペースが上がらない。

でもこの混雑なら臨時便くらいあるだろうとたかをくくっていたら
ほんとに16時でバスがなくなり、待合室が締まっており
残ってるのは仙流荘方面のバスだけ。
山梨交通容赦なし。。

山小屋も満室だったみたいで、
広河原まで走ってタクシーに乗るという鬼のアドバイスに従うか
仙流荘までバスに乗ってそこからタクシーで駅まで行きJRを使って甲府まで行くかで悩んだ末後者を選択しました。

ものすごい金額がかかったけどなんとか21時には芦安に着き、
夜中のうちに家に帰ることができました。
ご利用は計画的に、ですね。
でも良い思い出になりました。
訪問者数:189人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ