また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1283164 全員に公開 トレイルラン関東

【高尾山~陣馬山】高尾山口駅IN、陣馬高原下OUT

日程 2017年10月09日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
■市営高尾山麓駐車場へマイカー駐車
 6時25分頃到着時で6割〜7割程度の駐車。

 昼間(8時〜17時) 30分/150円
 夜間(17時〜8時) 60分/150円
 最大料金:平日800円、土・日・祝1,000円

■陣馬高原下~高尾駅北口
 西東京バス 560円

※復路、高尾駅北口~高尾山口駅まで徒歩。
 地味に遠い。アスファルト道で萎える。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間35分
休憩
36分
合計
4時間11分
S高尾山口駅06:4906:53高尾山・清滝駅07:15稲荷山07:1607:24大山橋07:40高尾山07:4107:47もみじ台07:58一丁平08:0008:14城山08:1508:26小仏峠08:2708:49景信山08:5409:28底沢峠09:2909:35明王峠09:39奈良子峠09:46富士小屋山09:4709:48南郷山09:4910:00陣馬山10:2210:51陣馬新道登山口10:55上案下配水所11:00陣馬高原下バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

朝の高尾山口駅。この時はまだ曇天。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の高尾山口駅。この時はまだ曇天。
朝のこの閑散具合が良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝のこの閑散具合が良い。
1
6号路の通行止めは解除されたようだが、この日も稲荷山コースへ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6号路の通行止めは解除されたようだが、この日も稲荷山コースへ向かう。
山頂下の階段。毎回ここは萎える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂下の階段。毎回ここは萎える。
高尾山頂からのワンショット。富士山は曇に隠れて見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山頂からのワンショット。富士山は曇に隠れて見えない。
高尾山頂から城山方面へ下って最初の分岐を右に行くと、このような気持ちの良いトレイル区間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山頂から城山方面へ下って最初の分岐を右に行くと、このような気持ちの良いトレイル区間。
気持ちの良いトレイル区間を経てメインルートと合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いトレイル区間を経てメインルートと合流。
城山直下。右が巻き道。今日は左からゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山直下。右が巻き道。今日は左からゆく。
今日は2ショット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は2ショット。
2
大分晴れ間が優勢になってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分晴れ間が優勢になってきた。
景信山方面へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景信山方面へ向かう。
相模湖と中央道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湖と中央道。
1
このような柔らかい土の区間で、サロモンスピードクロスのグリップ力が非常に有効だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような柔らかい土の区間で、サロモンスピードクロスのグリップ力が非常に有効だった。
もうすぐ景信山。暑くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ景信山。暑くなってきた。
景信山山頂到着。暫し休憩。結構汗かいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景信山山頂到着。暫し休憩。結構汗かいた。
景信山からの展望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景信山からの展望。
晴天と緑の色合いが相性良し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴天と緑の色合いが相性良し。
陣馬山方面へ。左の巻き道を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬山方面へ。左の巻き道を行く。
ここも左の巻き道を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも左の巻き道を行く。
明王峠。陣馬山まであとちょっと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王峠。陣馬山まであとちょっと。
陣馬山まであと0.4KMの標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬山まであと0.4KMの標識。
陣馬山キタ。さほど混み合ってはいない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬山キタ。さほど混み合ってはいない。
3
完全に晴れ間が優勢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全に晴れ間が優勢。
うっすら富士山も見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすら富士山も見える。
3
茶屋の方へ下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶屋の方へ下る。
陣馬トレイルコース。決してエントリーするわけではない。この日巻きこまれないように情報を入手しておく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬トレイルコース。決してエントリーするわけではない。この日巻きこまれないように情報を入手しておく。
陣馬高原下へ下る。和田峠を経由しないルートは初である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬高原下へ下る。和田峠を経由しないルートは初である。
1
初ルートだけにルートを外れないように標識を都度チェックしてゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初ルートだけにルートを外れないように標識を都度チェックしてゆく。
基本一本道だから問題ないが一応標識チェック。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本一本道だから問題ないが一応標識チェック。
もう一度標識チェック。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度標識チェック。
陣馬高原下まであと1.3KM。舗装路は萎える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬高原下まであと1.3KM。舗装路は萎える。
今回導入したサロモンスピードクロス4。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回導入したサロモンスピードクロス4。

感想/記録

さてトレランとして記録を公開するのは今回で2度目である。
以下、備忘的に気がついた事を記す。

序盤、出だしから高尾山までは何となく体が重くペースを上げられなかった。
今回は区間ごとの休憩を意識的に取るようにした。適度な休憩と序盤にペースが
上がらない事で体力を温存できた事も功を奏したのか後半バテることがなかった。

今回、近場山域の山行用の靴として、サロモンスピードクロス4を導入した。
ソールが軟らかい路面に適しているとの前評判だが、まさにその通りだった。
少し泥濘気味の所や柔らかい土の上でのグリップが非常によく効いた。
高尾山域や奥多摩辺りでは、効果を発揮する一足だろう。奥秩父もいけるかもしれない。
丹沢エリアは少しガレ場っぽいので、どうだろうか。試してみたい。

今回は陣馬山から陣馬高原下へ降りたが、帰路の事を考えると、藤野駅へ
下りるのもありだと思う。中央本線のほうが1時間に2本くらいは電車が有り、
所要時間も西東京バスより短いので、効率がいいかもしれない。
また、そこまで足を延ばさない時は城山から相模湖駅へ下りるのもありだろう。

何にせよ、トレラン(私の場合はゆるトレラン且つハイク寄り)は、
山域を問わず(逆にアルプスとかは無理)夢中になれるので、この山域でも、
ルートを微妙にを変えたりして、まだまだ楽しめる要素は多そうである。

今回も成功。
訪問者数:190人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

巻き道 高原 山行 ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ