また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1283520 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳ー根石岳ーにゅうー白駒池

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白駒池駐車場 駐車場は24時間利用可能ですが、昼間は混雑しているようです。朝2時の時点ではまだ余裕あり。4時でもまだ空きがありました。駐車場には有料トイレ(50円)があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
4時間37分
合計
12時間17分
S白駒の池 駐車場05:2005:27白駒分岐06:07高見石小屋06:3606:37高見石07:0307:06高見石小屋07:1708:38中山展望台09:0809:12中山09:2009:32中山分岐09:3309:43見晴らし台09:4709:49中山峠09:5010:42天狗岳分岐10:4410:54天狗の鼻11:0011:01東天狗岳12:1812:32白砂新道入口12:3312:43根石岳12:5313:00白砂新道入口13:15東天狗岳13:2013:22天狗の鼻13:2613:30天狗岳分岐13:3514:16中山峠14:19見晴らし台14:2114:28中山分岐14:3015:18にゅう15:5016:16白駒にゅう分岐16:2117:12青苔荘17:2817:30白駒分岐17:37白駒の池 駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日雨だったため、白駒池ー中山峠間、中山峠ーにゅうー白駒池間は大水たまりやどろどろの箇所の連続で、木道も滑りやすく注意が必要でした。また、中山峠ーにゅうー白駒池間は夕方だったせいもありますが、ルート示す目印が見つけにくかったです。
天狗岳から中山峠に行く途中の2455 m地点付近は中山峠と勘違いされやすいようです。
その他周辺情報このルート上には高見石小屋から青苔荘までトイレがありません。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

写真

高見石小屋手前の樹林帯内の登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋手前の樹林帯内の登山道
紅葉が綺麗でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が綺麗でした
樹林帯の中の登山道は前日の雨でこのような水たまりと、水が引いた後のぬかるみがひどく、歩きにくかったです(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中の登山道は前日の雨でこのような水たまりと、水が引いた後のぬかるみがひどく、歩きにくかったです(^_^;)
高見石小屋付近にて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋付近にて
高見石小屋。このルートではこれ以降トイレがありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋。このルートではこれ以降トイレがありません。
高見石への登り口。こんなところに大石が積み上がった山があるのがとても不思議です。ザックは小屋にデポして上ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石への登り口。こんなところに大石が積み上がった山があるのがとても不思議です。ザックは小屋にデポして上ります。
高見石からの白駒池。朝日の照らされた雲海の上に遠くの山並みから蓼科山、北アルプスが望め、素晴らしい光景でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石からの白駒池。朝日の照らされた雲海の上に遠くの山並みから蓼科山、北アルプスが望め、素晴らしい光景でした!
雲海の上に浅間山から四阿山方面の山並み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の上に浅間山から四阿山方面の山並み。
1
樹林帯の中は苔むしています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中は苔むしています
高見石小屋から中山展望台間の登山道。雨のせいか、結構荒れていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋から中山展望台間の登山道。雨のせいか、結構荒れていました
樹林帯を抜けると中山展望台です。突然に広がる遠景に感動!
ここからは北アルプス、中央アルプス、南アルプスが一望できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると中山展望台です。突然に広がる遠景に感動!
ここからは北アルプス、中央アルプス、南アルプスが一望できます。
中山展望台から北アルプス槍ヶ岳、穂高連峰方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台から北アルプス槍ヶ岳、穂高連峰方面
2
中山峠手前の展望台からみた東天狗、西天狗。天狗の鼻がいかにも天狗らしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠手前の展望台からみた東天狗、西天狗。天狗の鼻がいかにも天狗らしいです。
中山峠ー天狗岳分岐間の2455m地点からにゅう方向。断崖絶壁です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠ー天狗岳分岐間の2455m地点からにゅう方向。断崖絶壁です。
天狗の鼻手直下。これまで丸みを帯びていた石が、ここから少し角張ってき出しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の鼻手直下。これまで丸みを帯びていた石が、ここから少し角張ってき出しました。
東天狗山頂です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗山頂です!
1
東天狗から南方向。東天狗から下って白砂新道入口を経て根石岳へ至る稜線が綺麗でした。根石岳の左後ろは硫黄岳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗から南方向。東天狗から下って白砂新道入口を経て根石岳へ至る稜線が綺麗でした。根石岳の左後ろは硫黄岳です。
白砂新道入口へ下る稜線からはこれまで見かけなかった赤い岩がところどころに現れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂新道入口へ下る稜線からはこれまで見かけなかった赤い岩がところどころに現れました。
根石岳へ続く道。気持ちいい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳へ続く道。気持ちいい!
根石岳から望む東天狗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳から望む東天狗
1
根石岳から望む西天狗。東天狗ー西天狗が残念ながら一枚の写真にはいりませんでしたが、かっこいい山並みです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳から望む西天狗。東天狗ー西天狗が残念ながら一枚の写真にはいりませんでしたが、かっこいい山並みです!
根石岳から南側。眼下に根石岳山荘。ここからの南へ続く道も歩いてみたいです(^ ^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳から南側。眼下に根石岳山荘。ここからの南へ続く道も歩いてみたいです(^ ^)
根石岳から赤岳、阿弥陀岳方向。南八ヶ岳の方がずっと荒々しいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳から赤岳、阿弥陀岳方向。南八ヶ岳の方がずっと荒々しいですね。
にゅうから白駒池が綺麗に見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にゅうから白駒池が綺麗に見えました。
夕方の白駒池。紅葉が綺麗でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方の白駒池。紅葉が綺麗でした。
2

感想/記録

天気がよく、この時期にしては暑い一日でした。残念ながら前日の雨で樹林帯の中はドロドロで滑りやすく、大石がゴロゴロしたコースだったので、思ったよりもハードな山行でした。
出発が少し遅れて、高見石で朝日を見ることはできませんでしたが、高見石から浅間山ー四阿山、蓼科山近辺の素敵な遠望に感動しました。
樹林帯を抜けると蓼科ー北アルプスー南アルプスの山並みがバーンと目に飛び込んできて最高でした!東天狗から西天狗に行く予定でしたが、東天狗から白砂新道を経て根石岳へ至る稜線がとても綺麗で、西天狗は諦めて白砂新道にザックをデポして根石岳に行ってきました。根石岳から硫黄岳、赤岳方向と眼下に根石山荘が見える光景が素敵でした!
北八ヶ岳を南下して行くこのコースでは、石の変化も面白いです。北側ほど石が丸く、東天狗あたりで急に切り立った岩に変わります。根石岳ではさらに切れた岩になります。八ヶ岳連峰の形成年代の歴史が刻まれているのでしょうか?
にゅうから見える白駒池ー蓼科方向の景色も素晴らしかったです。夕方の白駒池も綺麗で、キャンプの人たちで賑わっていました。
今度は南八ヶ岳に是非行ってみたいです!
東天狗ー根石岳間のGPSログは再開するのを忘れ、記録ミスしています。
訪問者数:153人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 雲海 GPS 紅葉 山行 デポ 木道 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ