また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1284517 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走鳥海山

鳥海山(鉾立口から)

日程 2017年10月09日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鉾立は鳥海ブルーラインの最高点五合目にあり、標高1,150m。駐車場300台。鳥海登山のベースとなっている。
登山者は登山カードの記入する登山案内ボックスの他、公衆トイレ、鉾立山荘、ビジターセンター等がある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
24分
合計
6時間44分
S鉾立02:0002:44賽の河原03:07御浜小屋03:0803:23御田ヶ原03:32御田ヶ原分岐03:49七五三掛03:5005:14御室05:1605:38鳥海山05:5706:26行者岳06:32伏拝岳06:50文珠岳07:12七五三掛07:24御田ヶ原分岐07:35御田ヶ原07:44御浜小屋07:4508:05賽の河原08:44鉾立08:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
七高山にも行く予定で考えていましたが、外輪山上は風も強く、視界もあまりないため、一度バックカントリーで行ったことのある七高山はパスし、そそくさ下山することにしました。
コース状況/
危険箇所等
鉾立〜賽の河原:鉾立展望台の先までコンクリート舗装及び階段の遊歩道、その先は全面石積みの登山道になっており、濡れていなければ歩きやすいです。今回はガスで若干濡れており、滑りそうな雰囲気で歩きにくい状態でした。
賽の河原〜御浜:石積みの登山道で、濡れていなければという感じです。
御浜〜七五三掛:御浜からしばらくは普通の登山道で、扇子森付近は少し岩が多い感じです。
扇子森から御田原付近は蔵王連邦の稜線並みに整備された石積み登山道です。
七五三掛手前から木製の階段と木道が一部あり、歩きやすいです。
七五三掛〜御室:七五三掛からの下りは木で土留めされた登山道で安心感があります。下りきると雪渓を渡り御室まで普通の登山道です。御室手前からは岩が多く、暗いとルートがわかりにくい感じで、今回はここで疲労もピークを迎えました。
御室〜新山:鎖はありませんが、岩を登る感じで、濡れていると登りにくいので、慎重にいきました。特に新山の手前は大きな岩ばかりで歩きにくいです。
新山〜外輪の分岐:新山からの下降は最初以外は特に問題ありません。少しガレ場があります。外輪への登りは鎖も置いてありますが特に頼る必要もなく浮石に気をつければ大丈夫です。
外輪の分岐〜七五三掛:階段が数箇所ありますが、微妙に下までない以外は特に問題ありません。登山道は一部で、ハイマツが覆い被さる感じで特に歩きにくくはありません。七五三掛手前からは岩が少しありますが、特に歩きにくくはありません。
その他周辺情報鳥海温泉保養センター あぽん西浜 http://www.mokkedano.net/spot/192
日帰り入浴が400円と安いにも関わらず、露天風呂、サウナも完備。また、貸バスタオルも100円と安いのが良いです。鳥海ブルーラインをそのまま下ればすぐです。

写真

まだ真っ暗な中をスタート!
鉾立の駐車場はガラガラです。この時点で、鳥海山は上まで見え(鉾立からは見えませんが途中の国道から見えます)、快晴です。月明かりもあり、ヘッドランプがいらないくらいです。
2017年10月09日 01:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ真っ暗な中をスタート!
鉾立の駐車場はガラガラです。この時点で、鳥海山は上まで見え(鉾立からは見えませんが途中の国道から見えます)、快晴です。月明かりもあり、ヘッドランプがいらないくらいです。
鉾立からの最初の登りを通過すると、象潟の明かりがよくみえます。この付近では若干ですが獣臭がしたのでさっさと通過します。
2017年10月09日 02:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉾立からの最初の登りを通過すると、象潟の明かりがよくみえます。この付近では若干ですが獣臭がしたのでさっさと通過します。
御浜に到着。この時点では快晴で、鳥海湖がよくみえます。帰りは全く視界が無かったので見えませんでした。。
2017年10月09日 03:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御浜に到着。この時点では快晴で、鳥海湖がよくみえます。帰りは全く視界が無かったので見えませんでした。。
七五三掛から千蛇谷に進み、暗い中を御室に向け登りました。途中眠いのと、暗くてルートがわかりにくいのとでかなりペースダウンしました。また御室に近くなるほど風も強くなってきました。だいたい同じ景色で、特に標柱もないのでいきなり大物忌神社の鳥居です。この辺から明るくなってきました。
2017年10月09日 05:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七五三掛から千蛇谷に進み、暗い中を御室に向け登りました。途中眠いのと、暗くてルートがわかりにくいのとでかなりペースダウンしました。また御室に近くなるほど風も強くなってきました。だいたい同じ景色で、特に標柱もないのでいきなり大物忌神社の鳥居です。この辺から明るくなってきました。
少し休んだ後、新山の登りです。
登り始めは比較的登りやすい岩場ですが新山手前が大きな岩が多く歩きにくいです。岩はガスで濡れており滑りやすくなっていました。
2017年10月09日 05:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し休んだ後、新山の登りです。
登り始めは比較的登りやすい岩場ですが新山手前が大きな岩が多く歩きにくいです。岩はガスで濡れており滑りやすくなっていました。
無事新山に登頂!
一瞬の雲の切れ間で写真を撮りました!わかりにくいですが本荘平野がチラッと見えました。
2017年10月09日 05:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事新山に登頂!
一瞬の雲の切れ間で写真を撮りました!わかりにくいですが本荘平野がチラッと見えました。
4
一瞬太陽が覗き朝焼けっぽい雰囲気に成りましたが1分ともたずガスの中へ。。
もちろん影鳥海など望むべくもないようです。
2017年10月09日 05:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬太陽が覗き朝焼けっぽい雰囲気に成りましたが1分ともたずガスの中へ。。
もちろん影鳥海など望むべくもないようです。
1
新山からの下りですぐに胎内くぐりを通ります。ピークの東側から降りる場合は必ず通ることになるのでしょうか。岩場のマーキングを見る限りここしかルートはなさそうでした。
2017年10月09日 05:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新山からの下りですぐに胎内くぐりを通ります。ピークの東側から降りる場合は必ず通ることになるのでしょうか。岩場のマーキングを見る限りここしかルートはなさそうでした。
胎内くぐりを過ぎ、外輪の登り返しポイント手前の下りはガレ場が続きます。この後、外輪への登りが少し急で、鎖が付いていました。特に頼る必要はないと思いますが、浮石が多く注意が必要です。
2017年10月09日 05:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内くぐりを過ぎ、外輪の登り返しポイント手前の下りはガレ場が続きます。この後、外輪への登りが少し急で、鎖が付いていました。特に頼る必要はないと思いますが、浮石が多く注意が必要です。
外輪に着きました。一層風が強くなってきたので、朝までの登りでついた水滴で体が冷えてきたのでレインコートを羽織りました。七高山はパスしました。。天気さえ良ければ…
2017年10月09日 06:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪に着きました。一層風が強くなってきたので、朝までの登りでついた水滴で体が冷えてきたのでレインコートを羽織りました。七高山はパスしました。。天気さえ良ければ…
外輪を下っていきます。途中の行者岳や伏拝岳では標柱を発見出来ず…文殊岳まできました。視界は写真のとおり数十メートルです。
2017年10月09日 06:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪を下っていきます。途中の行者岳や伏拝岳では標柱を発見出来ず…文殊岳まできました。視界は写真のとおり数十メートルです。
1
あっという間に七五三掛まできました。ここまで来ると若干風が弱まった気がします。
2017年10月09日 07:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に七五三掛まできました。ここまで来ると若干風が弱まった気がします。
岩が多い登山道は水はけは良いと思われます。しかし濡れていると若干歩きにくい…
2017年10月09日 07:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が多い登山道は水はけは良いと思われます。しかし濡れていると若干歩きにくい…
御田ヶ原分岐までは階段〜木道等の部分もあり歩きやすいです。
2017年10月09日 07:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御田ヶ原分岐までは階段〜木道等の部分もあり歩きやすいです。
八丁坂と名が付けられていました。八丁坂と言われると湯の台に昨年スノーボードで行った際の地獄のバイクダウンが思い出されます。
2017年10月09日 07:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂と名が付けられていました。八丁坂と言われると湯の台に昨年スノーボードで行った際の地獄のバイクダウンが思い出されます。
景色が良さそうな地点ですが…
2017年10月09日 07:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色が良さそうな地点ですが…
扇子森というピーク?付近が御田ヶ原という名称のようです。このアップダウンは地味にきます。
2017年10月09日 07:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇子森というピーク?付近が御田ヶ原という名称のようです。このアップダウンは地味にきます。
階段状の登山道を進みます。
2017年10月09日 08:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段状の登山道を進みます。
下りの途中でガスが切れてきました!
2017年10月09日 08:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの途中でガスが切れてきました!
しかし上部のガスは取れません。
2017年10月09日 08:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし上部のガスは取れません。
素晴らしい紅葉です。
2017年10月09日 08:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい紅葉です。
1
奈曽渓谷も紅葉のピークのようです。
2017年10月09日 08:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈曽渓谷も紅葉のピークのようです。
鉾立展望台と駐車場が見えました。
2017年10月09日 08:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉾立展望台と駐車場が見えました。
紅葉のトンネル
2017年10月09日 08:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉のトンネル
最後は遊歩道チックな登山道になります。
2017年10月09日 08:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は遊歩道チックな登山道になります。
無事下山しました。
2017年10月09日 08:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山しました。
トイレ、山荘、ビジターセンターと一通り揃う鉾立です。
駐車場も9割方埋まっているようでした。
2017年10月09日 08:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレ、山荘、ビジターセンターと一通り揃う鉾立です。
駐車場も9割方埋まっているようでした。
1

感想/記録
by posurf

今回は、昼までに山形に戻らねばならなかったので、影鳥海を見るのにちょうど良いと思い鳥海山に行くことにしました。
最短の湯の台口から登っても良かったのですが、熊が出やすい?という噂もあり?ナイトハイクの記録もある鉾立から行くことにしました。
山形からは最短となる国道344号経由で行きましたが非常に快適でした。遊佐町に入ると月夜に浮かび上がる鳥海山がよく見え、展望が期待される雰囲気でした。
鉾立に到着し、誰か出発する人がいたりしないか見渡したが、車もそれほどなく、シーンとしていました。
しばらくは天気もよく、暗い中を淡々と登っていったのですが、七五三掛手前からガスが出だし、その後晴れることはありませんでした。
しかし、久々の登山で新山にも行けたので良かったと思います。
訪問者数:465人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ