また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1286030 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白山

白山系 楽々新道〜中宮道

日程 2017年10月07日(土) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目 曇り
2日目・3日目 晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間40分
休憩
0分
合計
6時間40分
S楽々新道登山口15:00小桜平避難小屋
2日目
山行
11時間30分
休憩
45分
合計
12時間15分
小桜平避難小屋05:3005:50楽々・岩間分岐09:10七倉の辻09:2010:20大汝峰北の巻道分岐10:2510:50大汝峰11:1011:30大汝峰南・中宮道分岐12:50お花松原12:5513:50北弥陀ヶ原15:00地獄覗15:0516:20三俣峠17:45ゴマ平避難小屋
3日目
山行
6時間50分
休憩
15分
合計
7時間5分
ゴマ平避難小屋05:5008:45シナノキ平避難小屋09:0012:55中宮温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中宮道下山時、細いトラバース道があるので滑落注意。
所々、急な下りある。
その他周辺情報中宮温泉 くろゆり荘に入浴。
ご主人の乾さんは、北部白山山系の登山道整備・保全をしていらっしゃる。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 調理用食材 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ シュラフ 銀マット

写真

楽々新道、紅葉始る
2017年10月07日 10:50撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽々新道、紅葉始る
7
P1776より小桜平方面。もうすぐ! と喜んだが、それからも大変だった。
2017年10月07日 13:19撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1776より小桜平方面。もうすぐ! と喜んだが、それからも大変だった。
3
ガスが切れて、青空を望む。
2017年10月07日 13:19撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが切れて、青空を望む。
3
紅葉、紅葉、紅葉!!
2017年10月07日 13:20撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉、紅葉、紅葉!!
3
やっと小桜平小屋に到着。
2017年10月07日 15:01撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと小桜平小屋に到着。
1
青空が出てきた
2017年10月07日 16:52撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が出てきた
2
小屋横のベンチ
2017年10月07日 16:52撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋横のベンチ
1
2日目、日の出
2017年10月08日 05:31撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、日の出
5
清浄ヶ原を望む
2017年10月08日 08:57撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清浄ヶ原を望む
9
お花松原へー紅葉が続いて歩が進まない。
2017年10月08日 12:15撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花松原へー紅葉が続いて歩が進まない。
7
P2349より紅葉の小白水谷
2017年10月08日 13:15撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2349より紅葉の小白水谷
3
北弥陀ヶ原 絶景始まり
2017年10月08日 13:50撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北弥陀ヶ原 絶景始まり
北弥陀ヶ原と遠景・三方崩山
2017年10月08日 14:06撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北弥陀ヶ原と遠景・三方崩山
3
3日目、ゴマ平付近の朝
2017年10月09日 05:53撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目、ゴマ平付近の朝
3
シナノキ平避難小屋
2017年10月09日 08:46撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキ平避難小屋
1
中宮温泉 くろゆり荘
2017年10月09日 12:57撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中宮温泉 くろゆり荘
Mさんには送迎して頂いたうえ、白山記念タオルまで頂いた。
2017年10月10日 09:02撮影 by EX-H20G , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Mさんには送迎して頂いたうえ、白山記念タオルまで頂いた。
1

感想/記録

10月7日  曇り
新岩間温泉8:20〜林道登山口8:45〜P1776 13:15-13:30〜小桜平避難小屋15:00

前日、尼崎を出発。北陸道の北鯖江パーキングで仮眠する。天気、少し心配だがまあまあ曇り空で何とか持ちそう。
新岩間温泉から出発。すごーく静かだろうと思ってたが、意外、車多い、山崎旅館の前も、一般駐車場の方も。工事関係者の車多い、岩間道、通行止めなので道を治してるのだろうか。

この前、ガスがかかって景色、全然見えなかった。今回もガスの中に突入。しかし周りの木々が美しく色づいている。励まされる。
やがて傾斜が緩くなり、前方、小桜平らしき丘が薄霧の中から浮かび上がる。道の周囲は赤や黄色の紅葉の小道。―小桜平はもうすぐだ、と思い込み、小桜平小屋のテーブルとベンチで贅沢なティータイム、と熱望するが、そこからが長かった。
一旦、下って登り返し、小雨降り出しカッパ着て、丸太の階段は沢登り状態。滑らないよう神経使って上がるが、何回かは水溜りに足が落っこちる、つまり靴、ビショビショ。
やっと湿原に出た、ブルーベリー食べながらのんびりと、小桜平避難小屋、到着だ。
余裕で14-15人、入れる広いきれいな室内。窓からテーブルとベンチ、見える。靴、濡れてなかったら行くのになあ。やがて青空がちょっとだけ丘の上に輝く。

10月8日 晴
小桜平避難小屋5:30〜岩間道分岐5:50〜清浄ヶ原7:00〜七倉山分岐9:00-9:10〜大汝峰10:45-11:00〜お花松原12:50〜北弥陀が原先端13:50〜
地獄覗き15:00〜ゴマ平避難小屋17:45

5時半出発。振り返ると、丘と小屋のシルエットが赤く染まっている。ご来光は山の陰に隠れて見えなかったが、西には青黒い山々と真っ白な雲海。下界はまだ曇りだ。
やがて稜線に出た。左手に地獄谷の荒々しいガレ、右奥には紅葉の登り、清浄ヶ原はひっそりと、見事に色づいている。北に遠くにかすむ山々は、乗鞍じゃないか、とハルちゃんは言う。噴煙上げる御嶽も見えるという。
七倉山への登り、ジグザグの道が伸びている。私ゃ、ちょい、しんどなってきた。暑いし、高山病もあるのだろう。まあ、ゆっくりゆっくり行けば山頂には着く。
七倉の辻は主稜線、加賀禅定道、釈迦新道の分岐点だ。今まで見えなかった南と西側の山々が望めるが、いっぺんに登山者が多くなる。心斎橋を歩いてるみたいだ。
大汝峰も人、多かった。この前行ったときはホント、誰にも会わなかったのに。

ビルバオ雪渓はもう雪ない。斜面一面が赤、茶、黄色、アクセントに黒い岩が点々と。涸沢よりすごい紅葉や、と思う。
お花松原からP2349への登りきつい、前はそれほどきついなんて思わなかったのに…。尾根筋にハクサンシャクナゲが健在、眼下に小白水谷の紅葉が一望だ。

北弥陀ヶ原の末端の池塘に来た。草原は枯れて、尾花栗毛の馬のように薄茶色でつややかだ。花の時期はもっとすごいんだが、今でも柔らかな起伏が広がって、そこが2000メートルの山の上であることを忘れさせる。草原の端に、紅葉の茂みが縁取って、遠くに三方崩山が聳えている。

地獄覗きに3時到着だ。おっと、北弥陀ヶ原でのんびりし過ぎた。ゴマ平小屋までコースタイム2時間20分、日没ギリギリだ。おまけにこの前来た時と道の様子が違っていた。急斜面を下って下って、急斜面を登る、間名古の頭のピークは避けているというが、滑落しそうなトラバース道を延々と…やっと三俣峠だ。そこからゆるーくゆるーく100メートルの登りがどこまでも…。やがて暗い林に入ってジグザグの急坂、慎重に下る。午後5時45分、完全に日没、しかしまだほんのちょっと明い、という遭難予備軍状態で、ゴマ平小屋に到着―水汲みは完全に真っ暗だった。

10月9日 晴
ゴマ平避難小屋5:50〜シナノキ平避難小屋8:45-9:00〜
中宮温泉登山口12:40〜くろゆり荘13:00

東の空が少し赤い。今日もいい天気、紅葉もきれい、シナノキ平まで尾根通しにルンルン行く―はずなんだが、トラバース気味に下っている。細いトラバースは片足が落ちそうで嫌いだ、道、崩れてるとこもある、ドロドロで滑る、滑る…。きのう、宴会してたおじさん3人、さすが慣れてるというか足速い、私達を抜いてもう姿見えない。
ともかく急坂、細いトラバース、時々いい道、ブナと黄葉に紅葉、下りでも疲れてしまう。なんぜ尾根道をパスしてるんだろう。

シナノキ平小屋に到着。少しのんびりする。ここからもすぐトラバース気味に下っていく、そして等高線に沿って歩いて沢を2回横切った。かなり下ったのでかなり登らなければならない、ホントこの登高では紅葉まだだし、イライラするような道だった。
やっと清浄坂だ。ジグザグのイヤになる急坂だ。だけどこのジグザグ道があるおかげで、中宮温泉に下山できる。青い屋根が見えた、傾斜が緩くなり、雑草のお花畑に下り立つ。名前知らないのだが、お花が歓迎してくれてるみたいだった。

ところで、中宮温泉から車の置いてある新岩間温泉まで、タクシーを使うつもりだった。山行前に電話で送迎の件、聞くと大丈夫、ということだったのだが、くろゆり荘の前でそのタクシー会社に電話すると、無理! という返事―ガーン、どうしよう!?

そこでいろいろお世話になりました。わざわざ新岩間温泉まで送って下さったMさん、忙しい中、手配をして下さったくろゆり荘の乾さん、本当にありがとうございます。
Mさんから白山開山1300年記念のタオルを頂いた。Mさんは楽々新道から中宮道を1日半で歩いてきた方だ。すごーい健脚と優しい心、何だかジーンとくる。

皆様のおかげで無事、下山できました。すてきな山行でした―ありがとうございました。
(一つ残念なことは、小桜平のベンチでティータイムができなかったこと。来年、コザクラの咲くころ、のんびりと、小桜平ででティータイムケーキパーティーをやりたい)。
訪問者数:202人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ