また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1289417 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走朝日・出羽三山

紅葉【以東岳】大鳥池

日程 2017年10月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
泡滝ダム大鳥登山口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間22分
休憩
1時間10分
合計
10時間32分
S大鳥登山口05:4606:33冷水沢橋06:56七ツ滝沢橋07:12七ツ滝沢水場07:1307:25七曲水場07:3307:55大鳥小屋(タキタロウ山荘)08:0808:36東沢渡渉点11:08以東小屋11:23以東岳11:5012:42オツボ峰 (御坪峰)13:07三角峰下水場14:03大鳥小屋(タキタロウ山荘)14:1914:35七曲水場14:4014:51七ツ滝沢水場15:04七ツ滝沢橋15:25冷水沢橋16:16大鳥登山口16:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

泡滝ダム「大鳥登山口」には10台程度の車。以東岳小屋の管理人さんが、山に入る身支度をされていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泡滝ダム「大鳥登山口」には10台程度の車。以東岳小屋の管理人さんが、山に入る身支度をされていました。
1
紅葉の渓谷に沿って登山道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の渓谷に沿って登山道を進みます。
2
両側は切り立った山ですが、アップダウンの少ない平坦路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両側は切り立った山ですが、アップダウンの少ない平坦路。
2
「冷水沢の吊橋」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「冷水沢の吊橋」
1
右に傾いてから上に伸びていく木たち。雪多いんだろうなー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に傾いてから上に伸びていく木たち。雪多いんだろうなー。
3
長い渓谷を抜けると、奥に高い山が見え始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い渓谷を抜けると、奥に高い山が見え始めます。
1
二つ目の吊橋「七ツ滝沢橋」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の吊橋「七ツ滝沢橋」
1
ガサガサ音。遠くで猿が木に登ってこっち見てた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガサガサ音。遠くで猿が木に登ってこっち見てた。
1
「七曲」登り道沿いは水が豊富。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「七曲」登り道沿いは水が豊富。
2
平坦な道になると、まもなく大鳥池に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な道になると、まもなく大鳥池に到着。
14
タキタロウ山荘前で一服。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タキタロウ山荘前で一服。
11
ここだけやたらと人工的な感じの水門。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここだけやたらと人工的な感じの水門。
2
小屋を出てすぐ分岐点。湖畔を半周する「直登コース」へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋を出てすぐ分岐点。湖畔を半周する「直登コース」へ
1
中央は「小法師山」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央は「小法師山」
10
北西側、池の向こうには「甚六山」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西側、池の向こうには「甚六山」
11
ほうっておくと、山でなく湖面にピントがあいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほうっておくと、山でなく湖面にピントがあいます。
14
綺麗な景色に反して、湖畔の道は悪路が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な景色に反して、湖畔の道は悪路が続く。
8
あまりに綺麗で、水中の魚が宙に浮いているよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりに綺麗で、水中の魚が宙に浮いているよう。
4
池の南端。あちらに渡って尾根を登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の南端。あちらに渡って尾根を登っていきます。
1
急な坂が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な坂が続きます。
5
木の間から景色が見える度に休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から景色が見える度に休憩。
5
ところどころ落葉した樹も白く綺麗。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ落葉した樹も白く綺麗。
1
樹林帯の旧坂を登りきると、大鳥池が眺められました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の旧坂を登りきると、大鳥池が眺められました。
4
「オツボ峰コース」側。帰りはあちらから降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「オツボ峰コース」側。帰りはあちらから降ります。
3
さらに登ると、山の間に「月山」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに登ると、山の間に「月山」
3
笹の緑から、草紅葉に変わります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の緑から、草紅葉に変わります。
2
ゆるやかな草紅葉の地帯を過ぎると、最後の旧坂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるやかな草紅葉の地帯を過ぎると、最後の旧坂。
4
大鳥池の西側「小法師山・化穴山・甚六山」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鳥池の西側「小法師山・化穴山・甚六山」
5
急坂の陰でずっと見えなかった「以東岳小屋」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂の陰でずっと見えなかった「以東岳小屋」
1
北西側には庄内平野と「鳥海山」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西側には庄内平野と「鳥海山」
1
新築二週間目の以東岳小屋に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新築二週間目の以東岳小屋に到着。
6
以東岳はすぐ目の前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以東岳はすぐ目の前。
1
北西側の遠くに「摩耶山」その奥に「温海岳」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西側の遠くに「摩耶山」その奥に「温海岳」
10
西側「化穴山」「蒲萄山塊」の向こう側に日本海と粟島
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側「化穴山」「蒲萄山塊」の向こう側に日本海と粟島
1
西南側は「笹原山」三面川へと続く沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西南側は「笹原山」三面川へと続く沢
2
望遠すると日本海に「佐渡島」が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠すると日本海に「佐渡島」が見えます。
5
南側中央の(左)相模山(右)大上戸山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側中央の(左)相模山(右)大上戸山
4
「朝日連峰主稜線」残念ながらくっきり見えたのは「北寒江山」まで。その先は時々雲の切れ間から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「朝日連峰主稜線」残念ながらくっきり見えたのは「北寒江山」まで。その先は時々雲の切れ間から
5
北側は帰りの「オツボ峰」コース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側は帰りの「オツボ峰」コース。
2
「以東岳」を振り返り。しばらくはアップダウンの繰り返し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「以東岳」を振り返り。しばらくはアップダウンの繰り返し。
1
オツボ沢の先に「障子ケ岳(中央)」雲の合間に「エズラ峰(右)」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オツボ沢の先に「障子ケ岳(中央)」雲の合間に「エズラ峰(右)」
1
オツボ峰から。「直登コース」とは全く違う景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オツボ峰から。「直登コース」とは全く違う景色。
2
「戸立山」なぜ登山道ないかなー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「戸立山」なぜ登山道ないかなー
1
道は左に降ります。薮の無い冬や残雪期に攻める方が多いようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は左に降ります。薮の無い冬や残雪期に攻める方が多いようです。
2
オツボ峰コースをゆったり登って、以東岳から主稜線を縦走。来年の楽しみにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オツボ峰コースをゆったり登って、以東岳から主稜線を縦走。来年の楽しみにします。
2
正面に「毛穴山(左)」「甚六山(右)」この先から一気に大鳥池へ降る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に「毛穴山(左)」「甚六山(右)」この先から一気に大鳥池へ降る。
3

感想/記録
by Dai-J

山形市の自宅を3:30出発。庄内あさひインター近くのコンビニで朝食・昼食を調達。そこから登山口までは1時間程度。明るくなった5:40頃到着。

紅葉の季節、長年狙っていた【以東岳】ですが、天候やアクセス移動距離の長さから、なかなか訪れられずにいました。
途中出会った人は10名ほど。一時雨に降られたものの、まずまずの天候の中、最高の景色を静かに堪能できました。
訪問者数:368人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

紅葉 直登 渓谷 草紅葉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ