また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1289655 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

仙丈ケ岳

日程 2017年09月25日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間39分
休憩
1時間26分
合計
8時間5分
S長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)05:1905:24仙丈ヶ岳二合目登山口05:3405:40北沢峠05:54大平山荘05:5906:53薮沢大滝06:5408:15馬の背ヒュッテ08:4309:45仙丈小屋09:5010:09仙丈ヶ岳10:3811:37小仙丈ヶ岳11:4312:26薮沢大滝ノ頭12:2813:20仙丈ヶ岳二合目登山口13:24長衛小屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

北沢峠から大平山荘を経由して藪沢沿いに登っていきました。
2017年09月25日 07:10撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠から大平山荘を経由して藪沢沿いに登っていきました。
昨日は花はあまり見られませんでした。今朝はトリカブトが挨拶してくれました。
2017年09月25日 07:12撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は花はあまり見られませんでした。今朝はトリカブトが挨拶してくれました。
さらに登っていくとタカネグンナイフウロも・・・青花は初めて見ましたが高山の雰囲気をよく出してます。ソバナも咲いていました。この陽の当たる沢沿いは夏には見事なお花畑になるのでしょう。
2017年09月25日 07:35撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに登っていくとタカネグンナイフウロも・・・青花は初めて見ましたが高山の雰囲気をよく出してます。ソバナも咲いていました。この陽の当たる沢沿いは夏には見事なお花畑になるのでしょう。
でもこの時期は紅葉が主役です。つい見とれてしまいます。途中お茶してる方がいました。声をかけると『南アルプス天然水です!』、なるほどこの沢の水はまさしくそうです。夏ならソーメンを作ってのんびりしたいところです。
2017年09月25日 08:09撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもこの時期は紅葉が主役です。つい見とれてしまいます。途中お茶してる方がいました。声をかけると『南アルプス天然水です!』、なるほどこの沢の水はまさしくそうです。夏ならソーメンを作ってのんびりしたいところです。
久し振りに真っ赤なナナカマドを見ました。思わず感嘆!の声を上げてしまいました。
2017年09月25日 08:10撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久し振りに真っ赤なナナカマドを見ました。思わず感嘆!の声を上げてしまいました。
1
ようやく馬の背ヒュッテに着きました。明るい雰囲気のいいところです。
2017年09月25日 08:38撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく馬の背ヒュッテに着きました。明るい雰囲気のいいところです。
そしてここからが圧巻、藪沢カールの彩りと雄大さには目を見張りました。
2、30m先を見ていると何かが低く飛んでハイマツの中に消えていきました。間違いなくライチョウです。
2017年09月25日 09:08撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてここからが圧巻、藪沢カールの彩りと雄大さには目を見張りました。
2、30m先を見ていると何かが低く飛んでハイマツの中に消えていきました。間違いなくライチョウです。
仙丈小屋を過ぎ、尾根に上がると展望も素晴らしいです。北の方を見ると北アルプス、
2017年09月25日 09:09撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋を過ぎ、尾根に上がると展望も素晴らしいです。北の方を見ると北アルプス、
北西には乗鞍、
2017年09月25日 09:14撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西には乗鞍、
西には中央アルプス、まさに360度のパノラマです。
2017年09月25日 09:16撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西には中央アルプス、まさに360度のパノラマです。
こんなポーズも自然に出てしまいました。当然出会う方たちもご機嫌です。『いい天気ですね!』、『最高!』と返ってきました。
2017年09月25日 10:10撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなポーズも自然に出てしまいました。当然出会う方たちもご機嫌です。『いい天気ですね!』、『最高!』と返ってきました。
1
さらに東には鳳凰三山が・・・地蔵岳のオベリスクもはっきり見えます。
2017年09月25日 10:12撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに東には鳳凰三山が・・・地蔵岳のオベリスクもはっきり見えます。
山頂直下は急登になります。ペースを落としてしまうところですが、この展望にテンションも上がりました。頭にロッキーのテーマを響かせながら登っていき、ついに南アルプスを2座登頂しました。
2017年09月25日 10:18撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下は急登になります。ペースを落としてしまうところですが、この展望にテンションも上がりました。頭にロッキーのテーマを響かせながら登っていき、ついに南アルプスを2座登頂しました。
山頂で待つうちに富士山も顔を出してくれました。北岳とツーショットです。間ノ岳も撮れば『1、2、3』となったのですが、忘れてました。
2017年09月25日 10:34撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で待つうちに富士山も顔を出してくれました。北岳とツーショットです。間ノ岳も撮れば『1、2、3』となったのですが、忘れてました。
雲上のプロムナードを歩いて小仙丈ヶ岳に向かいます。早川尾根から甲斐駒も見えてきました。
2017年09月25日 10:53撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲上のプロムナードを歩いて小仙丈ヶ岳に向かいます。早川尾根から甲斐駒も見えてきました。
小仙丈ヶ岳ではアマチュア無線を楽しんでる方もいました。こんな景色を見ながら見知らぬ人と語り合うのもまた格別でしょう。ここから北東方向を見ると甲斐駒から鋸尾根、ここも忘却の彼方です。八ヶ岳は雲に隠れてしまいました。
2017年09月25日 11:36撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ヶ岳ではアマチュア無線を楽しんでる方もいました。こんな景色を見ながら見知らぬ人と語り合うのもまた格別でしょう。ここから北東方向を見ると甲斐駒から鋸尾根、ここも忘却の彼方です。八ヶ岳は雲に隠れてしまいました。
更に下りてくるとミニ3段染めが楽しませてくれました♪。展望と紅葉を満喫して大滝の頭を過ぎると、後は北沢峠まで駆け下りました。
2017年09月25日 11:54撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に下りてくるとミニ3段染めが楽しませてくれました♪。展望と紅葉を満喫して大滝の頭を過ぎると、後は北沢峠まで駆け下りました。

感想/記録

荒々しい山容の甲斐駒とは対照的に穏やかでスケールの大きな山でした。特に藪沢カールの雄大さは素晴らしかったです。さらに雲上のプロムナードも高揚感を高めてくれました。南アルプスの女王と言われるのも納得です。これだけ感動的な展望と紅葉を見られたのは、やはり雲一つ無い晴天のおかげです。短い秋の貴重な山行となりました。
訪問者数:32人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ