また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1293392 全員に公開 ハイキング道東・知床

初めての雄阿寒岳

日程 2017年10月20日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間32分
休憩
15分
合計
4時間47分
S雄阿寒岳登山口(滝口)07:5808:07滝口登山口駐車場08:0808:52二合目08:5410:06五合目10:45雄阿寒岳10:5611:26五合目12:08二合目12:0912:45滝口登山口駐車場12:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

いいなあこの風景
2017年10月20日 08:14撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいなあこの風景
然別湖に似ていると思った
2017年10月20日 08:17撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
然別湖に似ていると思った
阿寒湖雲海、早く登らないと消えてしまう〜、と頑張ったがダメだった。
2017年10月20日 09:22撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿寒湖雲海、早く登らないと消えてしまう〜、と頑張ったがダメだった。
ようやく見晴らしが良くなって、阿寒富士と雌阿寒岳。こっちから見ると雌阿寒岳の方に雪が付いている。
2017年10月20日 09:51撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく見晴らしが良くなって、阿寒富士と雌阿寒岳。こっちから見ると雌阿寒岳の方に雪が付いている。
2
登山道の雪、1番深くてくるぶし程度。
2017年10月20日 10:32撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の雪、1番深くてくるぶし程度。
1
ここが8合目だという。この山の合目の振り方、よく分かりません。
2017年10月20日 10:32撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが8合目だという。この山の合目の振り方、よく分かりません。
3
最近、頂上で晴れ!が続く。
2017年10月20日 10:47撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近、頂上で晴れ!が続く。
3
あっちはちょっと寒そうだ。こっちにして良かった。
2017年10月20日 10:47撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちはちょっと寒そうだ。こっちにして良かった。
1
雄阿寒岳の楽しみはここからの眺めですね。
2017年10月20日 11:10撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄阿寒岳の楽しみはここからの眺めですね。
2
池周囲の歩きもなかなか楽しい。
2017年10月20日 12:38撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池周囲の歩きもなかなか楽しい。
もうちょっと早く来てれば紅葉がきれいだったんでしょうね。
2017年10月20日 12:41撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと早く来てれば紅葉がきれいだったんでしょうね。
1
野中温泉で独占入浴してからお馴染みのスポットへ
2017年10月20日 13:50撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野中温泉で独占入浴してからお馴染みのスポットへ
1
こっちから見ると阿寒富士の方により雪が付いている。
2017年10月20日 13:51撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちから見ると阿寒富士の方により雪が付いている。
1

感想/記録
by YaKa

雄阿寒岳は長くてキツイと聞いていたのでなんとなく敬遠していた。
いつか、職場からの帰りで天気の良さそうな日に登ろうと考えていたが、やっとその日が巡ってきた。
釧路から阿寒湖へ向かう途中、阿寒富士と雌阿寒岳はよく見えていたが、雄阿寒岳は見えなかった。おまけに阿寒湖周辺はガスってきて帰ろうかと思ったくらいだった。
登山口のトイレは紙が無いし、スッキリ出きらないし、腹痛くなってきたら帰ろうという消極的な気持ちで出発した。
ところが渓流沿いや池周囲の景色にすっかり魅了されてしまい、エンジンがかかってきた。ふと下の方を見ると阿寒湖が雲海で覆われている、なんとか消散する前に樹林帯を抜け出れないかと急いだが願いは叶わなかった。
樹林帯を抜けるまでは忍耐の登りが続くが、抜けると阿寒湖を見下ろす大展望が待っている。この眺めはすばらしい。そこから頂上まではあっという間だった。
5合目以上の登山道にはうっすらと雪が残っていたが、ドライレイヤー+2ndレイヤーで寒いとは思わなかった。動き続ける限り汗が出続けた。この体質はなんとかならないのだろうか?でも思い切って薄着にしたせいか、要した水分はゼリー2パックと水400ccで済んだ。
山頂でも晴れて見晴らしは良かった。思い返せば今年は「山頂晴天」が続いている。どうしたんだろう?ま、今年はランニングばかりやってそんなに山には行っていなかったかな。
来年はもうちょっと早く訪れたい。と毎回言っている気がする。
訪問者数:162人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 ガス 紅葉 渓流
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ