ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 1299241
全員に公開
ハイキング
志賀・草津・四阿山・浅間

篭ノ登山(兎平→篭ノ登山、西篭ノ登山、水ノ塔山、三方ヶ峰周回)

2017年11月01日(水) [日帰り]
 - 拍手
inuyama その他1人
GPS
07:06
距離
9.6km
登り
581m
下り
595m

コースタイム

日帰り
山行
3:23
休憩
3:30
合計
6:53
9:24
36
10:00
10:29
19
10:48
11:23
21
11:44
12:00
30
12:30
13:44
34
14:18
14:49
19
15:08
15:16
16
15:32
15:33
8
15:41
15:54
9
16:03
16:04
11
16:15
16:17
0
16:17
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2017年11月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
11月からは兎平の駐車場は無料となります。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし。ただし、所々で雪が積もり始めており、滑りやすい箇所もちらほら。
その他周辺情報 小諸市、布引観音近くにある『あぐりの湯こもろ』にて入浴しました。
それなりに設備も整って500円は安い。
スタートは兎平の駐車場から。八時頃の出発を予定してましたが、なんやかんや遅れてこんな時間に。
2017年11月01日 09:17撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 9:17
スタートは兎平の駐車場から。八時頃の出発を予定してましたが、なんやかんや遅れてこんな時間に。
まずは篭ノ登山方面に向かいます。
2017年11月01日 09:30撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 9:30
まずは篭ノ登山方面に向かいます。
この時期の標高2,000メートルは既に紅葉も終わり明るい雰囲気。
2017年11月01日 09:34撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 9:34
この時期の標高2,000メートルは既に紅葉も終わり明るい雰囲気。
字体に年季を感じる案内板。取って付けたように東御市というシールが貼られているのがなんともミスマッチ。
2017年11月01日 09:36撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 9:36
字体に年季を感じる案内板。取って付けたように東御市というシールが貼られているのがなんともミスマッチ。
登りが段々と急になってきました。
2017年11月01日 09:50撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 9:50
登りが段々と急になってきました。
少し登った所で開放的な場所に出てきました。
2017年11月01日 09:54撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 9:54
少し登った所で開放的な場所に出てきました。
この地点でも、なんだか色々と見えます。
2017年11月01日 09:54撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 9:54
この地点でも、なんだか色々と見えます。
山頂まであと一息。
2017年11月01日 10:05撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:05
山頂まであと一息。
東篭ノ登山に到着。駐車場から30分程度のお手軽登山でした。
2017年11月01日 10:08撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 10:08
東篭ノ登山に到着。駐車場から30分程度のお手軽登山でした。
お手軽登山ですが、景色はなかなかのものです。この日は晴れているという事もあって、かなり遠くの山まで見えました。【以降のパノラマ写真は元サイズを選択して頂けますと、より大きな画像でご覧いただけます】
2017年11月01日 10:11撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 10:11
お手軽登山ですが、景色はなかなかのものです。この日は晴れているという事もあって、かなり遠くの山まで見えました。【以降のパノラマ写真は元サイズを選択して頂けますと、より大きな画像でご覧いただけます】
北アルプス方面。この時間は順光なのでよく見えます。
2017年11月01日 10:12撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:12
北アルプス方面。この時間は順光なのでよく見えます。
中央アルプス〜御嶽山〜乗鞍岳〜北アルプス〜頸城山塊を望遠で。双耳峰が目立つ鹿島槍、その左の爺ヶ岳の真後ろに剱岳が見えており、更に左には真っ白に雪化粧した立山が見えます。
2017年11月01日 10:11撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:11
中央アルプス〜御嶽山〜乗鞍岳〜北アルプス〜頸城山塊を望遠で。双耳峰が目立つ鹿島槍、その左の爺ヶ岳の真後ろに剱岳が見えており、更に左には真っ白に雪化粧した立山が見えます。
一つ前の写真の山の名前入りです。針ノ木岳と蓮華岳は殆ど重なっています。
2017年11月01日 10:11撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 10:11
一つ前の写真の山の名前入りです。針ノ木岳と蓮華岳は殆ど重なっています。
槍ヶ岳の辺りを望遠で。手前側には常念岳も見える。
2017年11月01日 10:17撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:17
槍ヶ岳の辺りを望遠で。手前側には常念岳も見える。
立山劔の辺りを望遠で。
2017年11月01日 10:30撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 10:30
立山劔の辺りを望遠で。
妙高山、そのすぐ左側には火打岳、影火打、そして焼山と続いています。左端には高妻山も見える。
2017年11月01日 10:22撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 10:22
妙高山、そのすぐ左側には火打岳、影火打、そして焼山と続いています。左端には高妻山も見える。
こちらは御嶽山です。手前に美ヶ原の牧場と電波塔が見えます。
2017年11月01日 10:11撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 10:11
こちらは御嶽山です。手前に美ヶ原の牧場と電波塔が見えます。
今年登りたかった乗鞍岳。またいつか。
2017年11月01日 10:11撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 10:11
今年登りたかった乗鞍岳。またいつか。
こちらは四阿山〜谷川連峰〜志賀赤城榛名。尾瀬の方の山も見えています。四阿山がかっこいい。
2017年11月01日 10:12撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:12
こちらは四阿山〜谷川連峰〜志賀赤城榛名。尾瀬の方の山も見えています。四阿山がかっこいい。
日光白根山。右側には女峰山。
2017年11月01日 10:15撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:15
日光白根山。右側には女峰山。
望遠して繋げてみました。横手山の後ろに重なるように岩菅山、その右側に苗場山など。右側には日光白根山や男体山も見える。新潟方面の山々も色々と見える。
2017年11月01日 10:13撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:13
望遠して繋げてみました。横手山の後ろに重なるように岩菅山、その右側に苗場山など。右側には日光白根山や男体山も見える。新潟方面の山々も色々と見える。
一つ前の写真の山の名前入りです。越後駒ヶ岳は割引岳の左奥に微かに見える。
2017年11月01日 10:13撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 10:13
一つ前の写真の山の名前入りです。越後駒ヶ岳は割引岳の左奥に微かに見える。
おそらく苗場山。右側に佐武流山。
2017年11月01日 10:24撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 10:24
おそらく苗場山。右側に佐武流山。
新潟方面のごちゃごちゃした山並み。左端に越後駒ヶ岳。そして平標山の右後ろに中ノ岳が見える。
2017年11月01日 10:25撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:25
新潟方面のごちゃごちゃした山並み。左端に越後駒ヶ岳。そして平標山の右後ろに中ノ岳が見える。
浅間山方面。すぐ左手前に、後程向かう水ノ塔山が見える。
2017年11月01日 10:13撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:13
浅間山方面。すぐ左手前に、後程向かう水ノ塔山が見える。
浅間山を単体で。
2017年11月01日 10:13撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 10:13
浅間山を単体で。
浅間山をさらに望遠で。いつか登ってみたいが。
2017年11月01日 10:13撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 10:13
浅間山をさらに望遠で。いつか登ってみたいが。
一方、こちらは南側の山々。奥秩父、富士山、八ヶ岳、南アルプスなど。
2017年11月01日 10:14撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 10:14
一方、こちらは南側の山々。奥秩父、富士山、八ヶ岳、南アルプスなど。
一つ前の写真の山の名前入りです。奥秩父の稜線が長い。
2017年11月01日 10:14撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 10:14
一つ前の写真の山の名前入りです。奥秩父の稜線が長い。
八ヶ岳を単体で。赤岳から編笠山までくっきり見える。間に見えるのは南アルプス。
2017年11月01日 10:15撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:15
八ヶ岳を単体で。赤岳から編笠山までくっきり見える。間に見えるのは南アルプス。
八ヶ岳越しの南アルプス。恐らく甲斐駒ケ岳と北岳。八ヶ岳は左から赤岳、硫黄岳、阿弥陀岳、天狗岳の順番。登ったのは六月だけど、最早懐かしくもある。
2017年11月01日 10:14撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 10:14
八ヶ岳越しの南アルプス。恐らく甲斐駒ケ岳と北岳。八ヶ岳は左から赤岳、硫黄岳、阿弥陀岳、天狗岳の順番。登ったのは六月だけど、最早懐かしくもある。
富士山より左の立て込んだ辺りを望遠で。奥秩父には富士山手前に瑞牆山、やや左に金峰山の五丈岩が見える。また、左端に両神山や雲取山なども確認できる。
2017年11月01日 10:15撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 10:15
富士山より左の立て込んだ辺りを望遠で。奥秩父には富士山手前に瑞牆山、やや左に金峰山の五丈岩が見える。また、左端に両神山や雲取山なども確認できる。
沢山の山が見えて楽しいですが、何が一番気に入ったのかと言えば、この眼下に広がるパッチワークの段々畑でした。
2017年11月01日 10:15撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:15
沢山の山が見えて楽しいですが、何が一番気に入ったのかと言えば、この眼下に広がるパッチワークの段々畑でした。
田代湖の辺り。
2017年11月01日 10:22撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:22
田代湖の辺り。
景色を堪能したら、西篭ノ登山方面へと向かいます。
2017年11月01日 10:16撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 10:16
景色を堪能したら、西篭ノ登山方面へと向かいます。
最後に、山頂の雰囲気。
2017年11月01日 10:28撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:28
最後に、山頂の雰囲気。
だいぶ登ったような気がしていましたが、すぐ下にスタートの駐車場が見えます。
2017年11月01日 10:36撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:36
だいぶ登ったような気がしていましたが、すぐ下にスタートの駐車場が見えます。
西篭ノ登山方面。登り返しは割と大きめ。
2017年11月01日 10:37撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:37
西篭ノ登山方面。登り返しは割と大きめ。
西篭ノ登山と北アルプスの山々。正面に湯の丸山と烏帽子岳が見える。
2017年11月01日 10:37撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:37
西篭ノ登山と北アルプスの山々。正面に湯の丸山と烏帽子岳が見える。
日陰の箇所は雪が積もっており滑りやすいです。
2017年11月01日 10:40撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:40
日陰の箇所は雪が積もっており滑りやすいです。
鞍部に到着。ここから登り返しです。
2017年11月01日 10:43撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 10:43
鞍部に到着。ここから登り返しです。
山頂手前のガラガラ岩の登り。
2017年11月01日 10:54撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:54
山頂手前のガラガラ岩の登り。
途中からの眺め。左側に先程まで居た東篭ノ登山。
2017年11月01日 10:55撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 10:55
途中からの眺め。左側に先程まで居た東篭ノ登山。
西篭ノ登山に到着。北側の展望は無い。
2017年11月01日 10:57撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 10:57
西篭ノ登山に到着。北側の展望は無い。
西側に出っ張っている所なので、湯の丸峠やその方面の眺めは良いです。
2017年11月01日 11:13撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 11:13
西側に出っ張っている所なので、湯の丸峠やその方面の眺めは良いです。
湯の丸峠方面。
2017年11月01日 11:13撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 11:13
湯の丸峠方面。
西篭ノ登山から北アルプス方面。
2017年11月01日 11:14撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 11:14
西篭ノ登山から北アルプス方面。
望遠で。
2017年11月01日 11:13撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 11:13
望遠で。
八ヶ岳と南アルプス。
2017年11月01日 11:14撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 11:14
八ヶ岳と南アルプス。
佐久盆地と富士山。
2017年11月01日 11:20撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 11:20
佐久盆地と富士山。
富士山を単体で。遠いのに、こんなにくっきり見える。
2017年11月01日 11:19撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
4
11/1 11:19
富士山を単体で。遠いのに、こんなにくっきり見える。
浅間山と東篭ノ登山、水ノ塔山。今度は水ノ塔山へ向かいます。
2017年11月01日 11:22撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 11:22
浅間山と東篭ノ登山、水ノ塔山。今度は水ノ塔山へ向かいます。
篭ノ登山の登り返し。
2017年11月01日 11:37撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 11:37
篭ノ登山の登り返し。
山頂手前の所。ガラガラ岩が印象的。
2017年11月01日 11:47撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 11:47
山頂手前の所。ガラガラ岩が印象的。
本日二度目の東篭ノ登山、山頂。
2017年11月01日 11:50撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 11:50
本日二度目の東篭ノ登山、山頂。
休憩もそこそこに、今度は水ノ塔山へ向かいます。痩せ尾根になってますね。
2017年11月01日 12:01撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 12:01
休憩もそこそこに、今度は水ノ塔山へ向かいます。痩せ尾根になってますね。
樹林帯を下っていく。
2017年11月01日 12:10撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 12:10
樹林帯を下っていく。
少し下った所から東篭ノ登山を見上げてみる。人の姿が見える。
2017年11月01日 12:12撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 12:12
少し下った所から東篭ノ登山を見上げてみる。人の姿が見える。
稜線上は思ったよりも起伏が激しい。
2017年11月01日 12:16撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 12:16
稜線上は思ったよりも起伏が激しい。
中間点? 看板があります。
2017年11月01日 12:22撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 12:22
中間点? 看板があります。
ザレ場と東篭ノ登山、西篭ノ登山。
2017年11月01日 12:24撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 12:24
ザレ場と東篭ノ登山、西篭ノ登山。
水ノ塔山が見えてきました。
2017年11月01日 12:29撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 12:29
水ノ塔山が見えてきました。
山頂に到着。開けているのは南側だけです。
2017年11月01日 12:36撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 12:36
山頂に到着。開けているのは南側だけです。
ここでお昼御飯にしました。
2017年11月01日 12:42撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 12:42
ここでお昼御飯にしました。
恒例のソーセージ焼きも忘れずに。
2017年11月01日 13:21撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 13:21
恒例のソーセージ焼きも忘れずに。
水ノ塔山から見える山々。八ヶ岳の後ろに仙丈ヶ岳が見える。
2017年11月01日 13:38撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 13:38
水ノ塔山から見える山々。八ヶ岳の後ろに仙丈ヶ岳が見える。
こちらは浅間山。
2017年11月01日 13:39撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 13:39
こちらは浅間山。
この付近まで来ると駐車場に戻るよりも高峰温泉に降りたほうが近いです。ですが、車を取りに戻ります。
2017年11月01日 13:39撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 13:39
この付近まで来ると駐車場に戻るよりも高峰温泉に降りたほうが近いです。ですが、車を取りに戻ります。
水ノ塔山は北側から回り込む形となっていますが、その付近は雪がそこそこ積もってました。
2017年11月01日 13:45撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 13:45
水ノ塔山は北側から回り込む形となっていますが、その付近は雪がそこそこ積もってました。
三度目の東篭ノ登山。
2017年11月01日 14:23撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
3
11/1 14:23
三度目の東篭ノ登山。
三度目の眺め。
2017年11月01日 14:53撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 14:53
三度目の眺め。
少し色合いが異なってきた、鹿島槍、五竜、劔。
2017年11月01日 14:25撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 14:25
少し色合いが異なってきた、鹿島槍、五竜、劔。
行きと違って西日となり、浅間山方面が順光となりました。
2017年11月01日 14:50撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 14:50
行きと違って西日となり、浅間山方面が順光となりました。
浅間どアップ。
2017年11月01日 14:50撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 14:50
浅間どアップ。
名残惜しいですが、時間も無いので下山します。
2017年11月01日 14:55撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 14:55
名残惜しいですが、時間も無いので下山します。
あっという間に下山。
2017年11月01日 15:13撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 15:13
あっという間に下山。
今度は池の平湿原、三方ヶ峰に向かいます。
2017年11月01日 15:23撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 15:23
今度は池の平湿原、三方ヶ峰に向かいます。
十分足らずで湿原に到着。正面の山が三方ヶ峰です。晩秋ですから、特に花らしものは見当たりませんでした。
2017年11月01日 15:33撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 15:33
十分足らずで湿原に到着。正面の山が三方ヶ峰です。晩秋ですから、特に花らしものは見当たりませんでした。
三方ヶ峰に登りました。展望はそこそこ良いですが、植生保護の柵がちょっと邪魔かな。
2017年11月01日 15:48撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 15:48
三方ヶ峰に登りました。展望はそこそこ良いですが、植生保護の柵がちょっと邪魔かな。
ギザギザの両神山。
2017年11月01日 15:52撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 15:52
ギザギザの両神山。
三方ヶ峰からの展望。西日が逆光になる。
2017年11月01日 15:52撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 15:52
三方ヶ峰からの展望。西日が逆光になる。
富士山と佐久盆地。
2017年11月01日 15:59撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 15:59
富士山と佐久盆地。
西日と北アルプス方面。
2017年11月01日 15:54撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 15:54
西日と北アルプス方面。
シルエットのような槍穂。
2017年11月01日 15:54撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
3
11/1 15:54
シルエットのような槍穂。
本日登った篭ノ登山方面。眼下には池ノ平湿原。
2017年11月01日 15:57撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 15:57
本日登った篭ノ登山方面。眼下には池ノ平湿原。
浅間山方面は、黒斑山などに阻まれて見えない。
2017年11月01日 16:00撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 16:00
浅間山方面は、黒斑山などに阻まれて見えない。
もうこの時間で月が見える。
2017年11月01日 16:00撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
1
11/1 16:00
もうこの時間で月が見える。
陰影に飲み込まれ始めた池の平湿原。
2017年11月01日 16:08撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 16:08
陰影に飲み込まれ始めた池の平湿原。
木道を歩いて行く。
2017年11月01日 16:11撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
2
11/1 16:11
木道を歩いて行く。
駐車場に到着。お疲れ様でした。
2017年11月01日 16:21撮影 by  Canon EOS 80D, Canon
11/1 16:21
駐車場に到着。お疲れ様でした。
撮影機器:

感想

9月の白山以降、色々と計画していたのですが、悪天に阻まれたり、登山靴が崩壊したりして、そのまま今シーズンは山じまいかなと勝手に考えてました。
そんな中、伯父が久しぶりに山に行こうと誘ってくれたので、急転直下行ってきました。行先は浅間方面。こちらの方面の山は四阿山くらいしか登ったことが無かったので、ちょっと新鮮な感じでした。

車持ちの伯父が居るので、今回は車でのアクセス。交代交代で登山口へ向かう。静岡からだと案外遠く、目論見違いで1時間以上遅れての到着となりました。駐車場は、十月までは管理している人がいるとの事でしたが、11月以降は無人となる為駐車料金は無料となります。

三十分くらい登ったら、すぐに山頂です。高尾山レベルにお手軽な山ですが、展望はなかなか。猛烈に吹き付ける風と格闘しながら写真を撮りまくり。東西南北、見える範囲の山はだいたい見えました。

その後は西篭ノ登山、水ノ塔山を周回します。が、結局最初に登った東篭ノ登山の展望が一番良かったです。とは言え、ここをピストンだけだと圧倒的に物足りないので、足を伸ばしたのは正解。

帰りは池の平湿原方面に寄り道。この季節だと何もない笹原でしたが、ちょこちょこ池塘などもあったりして湿原らしさを適当に堪能。それから駐車場に戻りました。

林道のゲート開放時間は17時までなので、ちょっとギリギリでした。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:1336人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 甲信越 [日帰り]
池の平周遊&東篭の登山・西篭の登山
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら