また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1310605 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

新倉山浅間公園から三ッ峠山、三つ峠駅

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車
(行き)
下吉田まで富士急
(帰り)
三つ峠から富士急
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
50分
合計
7時間24分
S下吉田駅08:0308:11新倉富士浅間神社08:20新倉山浅間公園忠霊塔08:2208:39新倉山アヤメ群生地09:17新倉山09:1809:26御殿09:2710:15霜山10:32送電鉄塔10:3411:18三角点峰「木山」11:2011:50木無山11:5111:54展望ポイント-112:02三つ峠山荘12:05四季楽園12:0612:19三ッ峠山12:2012:26四季楽園12:29昼食休憩12:5913:00三つ峠山荘13:0213:19屏風岩13:2213:43八十八大師13:4414:10馬返し14:1114:20股覗き14:2114:30大曲り14:3114:44達磨石14:52憩いの森公園15:11山祇神社15:27三つ峠駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※新倉富士浅間神社近くの石段の途中からゴールの三つ峠駅まで、スマホでGPSログを取りました。測定の平均間隔が1分以上と粗いので、カーブの道に沿っていない所がありますが、ご容赦ください。
■所要時間:7時間24分
■歩行時間:414分(小休止を含む、昼食休憩を含まず。)
■距離:14.52km
■累積標高差:+1220m.-1360m
■行程量:29.04+24.4+13.6=67.04P(33.52EK)(★★★)
■ラップタイム:6.18分/P、+364m/h(マイペース登高能力:ランク掘
■エネルギー定数:414*0.03+1.22*10+1.36*0.6+14.52*0.3=29.792
■山のグレーデイング:3B
■消費カロリー:29.792*(78+(11.1+8.1)/2)=2,610kcal
※各指標の詳細は、個人プロフィールで説明。
コース状況/
危険箇所等
■霜山の稜線に出る手前が急登になっています。ロープはありますが、落葉が多いのでスリップに注意が必要です。
■三ッ峠山からの下山道はつづら折の坂が続きます。ロープは張ってありますが、転けると落ちる危険な場所もあります。

装備

個人装備 ザック ザックカバー ヘッドライト 携帯ラジオ 予備電池(単3単4) 替えメガネ 細引き3mmX10m 折り畳み傘 スパッツ タオル 手袋 雨具上下 ツエルト 洗濯ハサミ4本 敷物用シート 携帯トイレ サムスプリント 三角巾 レスキューシート ガーゼ ハサミ 付箋 テーピングテープ バンドエイド 消毒薬 綿棒 救急用手袋 ストック2本 ライター 地図 地図コピー シルバコンパス 筆記具 裁縫道具 アーミーナイフ テイシュペーパー ペットボトル(1L) ペットボトル(0.5L) ハイドレーシヨンチューブ テルモス(お湯0.5L) ゼリー飲料(0.18L)2本 非常用水ペットボトル(0.5L) 穴あき蓋 非常食(カロリーメイト・コンデンスミルク) おにぎり2個 カップラーメン 武器セット 財布 保険カード 携帯電話 モバイルバッテリー 炊具セット

写真

富士急の車窓からの富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士急の車窓からの富士山。
1
朝から良く見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝から良く見えます。
4
8:01 下吉田で下車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:01 下吉田で下車。
1
8:03 下吉田駅を出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:03 下吉田駅を出発します。
1
8:08 新倉富士浅間神社の参道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:08 新倉富士浅間神社の参道を進みます。
2
8:09 外国からのお客さんが多く見られました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:09 外国からのお客さんが多く見られました。
2
8:09 新倉富士浅間神社の鳥居。撮影機材を担いで登る人もいらっしゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:09 新倉富士浅間神社の鳥居。撮影機材を担いで登る人もいらっしゃいました。
1
8:09 鳥居から振り返ると富士山が真正面に見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:09 鳥居から振り返ると富士山が真正面に見えます。
5
8:10 鳥居のしめ縄越しの富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:10 鳥居のしめ縄越しの富士山
1
8:11 新倉富士浅間神社に参拝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:11 新倉富士浅間神社に参拝。
1
8:14 上に延びる石段を登ります。397段あるそうです。このあと、開始し忘れていたスマホのGPSでのログ取りを開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:14 上に延びる石段を登ります。397段あるそうです。このあと、開始し忘れていたスマホのGPSでのログ取りを開始。
8:19 振り返ると富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:19 振り返ると富士山。
3
8:20 石段を上り詰めた所に、忠霊塔という戦没者慰霊のための五重の塔が建っています。下吉田駅からの標高差は約100m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:20 石段を上り詰めた所に、忠霊塔という戦没者慰霊のための五重の塔が建っています。下吉田駅からの標高差は約100m。
8:22 忠霊塔の上の展望デッキから富士山を撮影。春には下の桜の木が満開になります。周りには朝から大勢の外国のお客さんが来ておられました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:22 忠霊塔の上の展望デッキから富士山を撮影。春には下の桜の木が満開になります。周りには朝から大勢の外国のお客さんが来ておられました。
8
8:25 さらに公園を上に登った所にある展望台からの眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:25 さらに公園を上に登った所にある展望台からの眺め。
3
富士の高嶺に雪が積もって、見映えが良いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士の高嶺に雪が積もって、見映えが良いです。
3
右隅に富士急ハイランドの施設が写っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右隅に富士急ハイランドの施設が写っています。
1
8:38 アヤメ平に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:38 アヤメ平に到着。
1
アヤメ平に三角点がありました。標高944m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平に三角点がありました。標高944m。
アヤメ平からの富士の眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平からの富士の眺め。
1
8:41 鉄塔の横を通ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:41 鉄塔の横を通ります。
9:01 ゴンゴン石。穴に頭を突っ込むとゴンゴンと音がするという噂があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:01 ゴンゴン石。穴に頭を突っ込むとゴンゴンと音がするという噂があります。
1
9:16 新倉山山頂。眺望はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:16 新倉山山頂。眺望はありません。
1
9:22 新倉山の先の御殿展望所からの眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:22 新倉山の先の御殿展望所からの眺め。
1
9:23 御殿展望所からの富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:23 御殿展望所からの富士山
2
午前中は雲もなく、良く見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中は雲もなく、良く見えました。
1
9:38 さらにさらに奥に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:38 さらにさらに奥に進みます。
9:42 大棚の滝分岐。三ッ峠山へはそのまま尾根道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:42 大棚の滝分岐。三ッ峠山へはそのまま尾根道を進みます。
紅葉している樹木
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉している樹木
2
9:53 直登する登山道。ロープも張られています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:53 直登する登山道。ロープも張られています。
1
10:00 少し踊り場になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 少し踊り場になりました。
10:13 さらに急坂を直登して稜線に出た所にあった標識。「ひっち」と書かれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:13 さらに急坂を直登して稜線に出た所にあった標識。「ひっち」と書かれています。
10:13 ひっちからの富士の眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:13 ひっちからの富士の眺め。
3
10:14 霜山(1302m)の山頂に立ち寄り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:14 霜山(1302m)の山頂に立ち寄り。
1
10:14 三角点がありました。標高1302m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:14 三角点がありました。標高1302m。
上が南の方向です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上が南の方向です。
10:32 送電鉄塔を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:32 送電鉄塔を通過。
1
送電鉄塔からの富士の眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔からの富士の眺め。
4
こちらは南東側、杓子山の方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは南東側、杓子山の方向
1
こちらは北西側、御坂黒岳の方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは北西側、御坂黒岳の方向。
1
10:34 落葉松が色づいています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:34 落葉松が色づいています。
2
11:12 葉を落とした落葉樹の林の中を抜けて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:12 葉を落とした落葉樹の林の中を抜けて行きます。
11:32 東北東の九鬼山方面の眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:32 東北東の九鬼山方面の眺め。
1
11:47 熊笹の草原になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:47 熊笹の草原になりました。
11:51 道が平坦になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:51 道が平坦になりました。
1
11:53 木無山の山頂は眺望なし 。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:53 木無山の山頂は眺望なし 。
11:55 木無山の山頂から少し行ったところからの富士の眺望。雲が出て来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:55 木無山の山頂から少し行ったところからの富士の眺望。雲が出て来ました。
2
11:59 だんだんと雲に隠れて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:59 だんだんと雲に隠れて行きます。
12:03 南アルプスの白峰三山が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:03 南アルプスの白峰三山が見えます。
12:04 黒岳と御坂山地の山々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:04 黒岳と御坂山地の山々
1
12:05 三ツ峠山の山頂部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:05 三ツ峠山の山頂部
12:16 三ツ峠山の山頂に到着。富士山は雲に隠れて見えなくなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 三ツ峠山の山頂に到着。富士山は雲に隠れて見えなくなりました。
12:16 クライミングを終えた人達が後片付けをしていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 クライミングを終えた人達が後片付けをしていました。
2
三つ峠山の山頂から南アルプスの遠望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠山の山頂から南アルプスの遠望。
2
八ヶ岳連峰の遠望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰の遠望。
2
御巣鷹山と奥秩父・甲斐の山並みの遠望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御巣鷹山と奥秩父・甲斐の山並みの遠望。
1
甲斐駒ヶ岳の遠望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳の遠望。
1
12:32 山頂から下って、広いスペースに空いたベンチを見つけたので、これからお昼の食事を取ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:32 山頂から下って、広いスペースに空いたベンチを見つけたので、これからお昼の食事を取ります。
2
12:53 食後の一服はハーブ入り紅茶。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:53 食後の一服はハーブ入り紅茶。
2
12:57 人がかなり少なくなりました。そろそろ下山に取りかかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:57 人がかなり少なくなりました。そろそろ下山に取りかかります。
1
13:01 ここから下山します。三ツ峠山荘小屋の物が周りに置かれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:01 ここから下山します。三ツ峠山荘小屋の物が周りに置かれています。
13:10 三ツ峠山の山頂直下の岩壁。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:10 三ツ峠山の山頂直下の岩壁。
13:13 岩壁の下を横切ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 岩壁の下を横切ります。
1
13:14 上を見上げたところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:14 上を見上げたところ
13:16 クライミング用のロープが張られています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:16 クライミング用のロープが張られています。
13:16 100メートルぐらいの標高差のある崖
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:16 100メートルぐらいの標高差のある崖
13:20 クライミングの練習中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:20 クライミングの練習中
13:23 沢状になった落石注意箇所を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:23 沢状になった落石注意箇所を通過
13:26 神鈴権現社跡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:26 神鈴権現社跡
13:36 落ちると怖い所を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:36 落ちると怖い所を通過。
1
13:40 八十八大師のお地蔵様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:40 八十八大師のお地蔵様
1
14:09 馬返し。ここから下は傾斜が緩くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:09 馬返し。ここから下は傾斜が緩くなりました。
1
14:15 九折の坂を下りて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:15 九折の坂を下りて行きます。
1
14:41 三ツ峠登山道入口まで下りて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:41 三ツ峠登山道入口まで下りて来ました。
1
14:41 すぐにまた歩道に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:41 すぐにまた歩道に入ります。
1
14:44 橋を渡って車道に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:44 橋を渡って車道に出ます。
1
14:48 麓では紅葉の真っ盛りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:48 麓では紅葉の真っ盛りでした。
5
14:58 神鈴の滝遊歩道にも立ち寄りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:58 神鈴の滝遊歩道にも立ち寄りました。
1
緩やかな滝の流れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな滝の流れ
3
遊歩道沿いの紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道沿いの紅葉
2
遊歩道沿いの紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道沿いの紅葉
3
15:09 車道沿いの紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:09 車道沿いの紅葉
4
15:14 三ッ峠グリーンセンターの前を通過。入浴もできて、三つ峠駅まで車で送ってもらえるとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:14 三ッ峠グリーンセンターの前を通過。入浴もできて、三つ峠駅まで車で送ってもらえるとのこと。
1
15:27 三つ峠駅に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:27 三つ峠駅に到着。
1

感想/記録

富士の高嶺に雪が積もる頃になり、富士を間近に眺められる山で有名な三ツ峠山に登ることにしました。その際、三つ峠駅や裏登山口からではなく、外国人観光客の間で有名になった新倉山浅間公園から登ることにしました。

午前中は雲一つない天気で、新倉山浅間公園では、五重の塔と富士山のあの景色が見られました。展望デッキが整備されて、外国人の観光客の方々で埋めつくされていました。

公園から上には、新倉山を経て、三ツ峠山の稜線上にある霜山への登山道がついていました。新倉山の先の御殿の展望所は、地元の方々で賑わっていました。天気が良くて朝から登りに来ておられました。大棚の滝に下る分岐点を過ぎると、霜山の稜線までの尾根道は、他に誰もいない静かな道になりました。稜線手前の直登がきつかったです。

稜線に上がると、三ツ峠山まで快適な登り道が続いていました。人も多くなりました。朝の早いうちに三ツ峠山に登って、河口湖方面に下山する登山者と頻繁にすれ違いました。

三ツ峠山に近づくにつれて、ますます賑やかになりました。2〜3百人はおられたのではないかと思います。三ツ峠山の山頂はスペースが狭く、肩の広場まで戻ってからお昼にしました。ちょうどベンチが空いてラッキーでした。

昼食後は、三つ峠駅に向けて下山しました。大勢の人が歩く一般道で、危険区間にはロープが張られていました。道も九折の坂で高度を下げていくため、足への負担が少なくて済みました。

午後からは雲が出て日が差さなくなりましたが、午前中に富士の眺めを堪能できたので満足できる一日でした。
訪問者数:267人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ