また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1310692 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

中央分水嶺 鼓峠 三岳 西の覗 愛染窟

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
篠山市栗柄 ハ柱神社
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間58分
休憩
1時間23分
合計
4時間21分
S栗柄08:4809:10粟柄峠09:1309:39Ca.50009:4410:28岩峰310:4210:47尾根出合10:55三嶽(御嶽)11:3912:04粟柄分岐12:17西の覗12:1812:32愛染窟12:4813:09栗柄G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中央分水嶺である鼓峠から三嶽へのルートは、登山道として整備されてません。Ca.500mから上部は急峻であり岩峰もあり立ち木を掴んでの登りです。十分に気を付けて転滑落しないように。
その他周辺情報栗柄 谷中分水界
栗柄不動(宮の滝)

写真

中央分水嶺の尾根を登る
2017年11月12日 09:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央分水嶺の尾根を登る
1
最初の岩頭からの眺め
2017年11月12日 10:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の岩頭からの眺め
1
3番目の岩頭を越えると傾斜が落ちてきます
2017年11月12日 10:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3番目の岩頭を越えると傾斜が落ちてきます
1
稜線上に合流
2017年11月12日 10:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上に合流
1
縦走路から北の展望
2017年11月12日 11:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路から北の展望
1
日本海方面の山々も見えてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海方面の山々も見えてます
1
縦走路から南の展望
2017年11月12日 11:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路から南の展望
西ヶ嶽への稜線のピークを越えて
2017年11月12日 11:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ヶ嶽への稜線のピークを越えて
粟柄分岐
2017年11月12日 12:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟柄分岐
1
コルへ降る尾根の鎖場から西の覗が見えます
2017年11月12日 12:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルへ降る尾根の鎖場から西の覗が見えます
1
西の覗と対の岩峰
2017年11月12日 12:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の覗と対の岩峰
2
西の覗から対岸の岩峰。その奥は、三嶽の山頂。
2017年11月12日 12:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の覗から対岸の岩峰。その奥は、三嶽の山頂。
1
行者道の紅葉
2017年11月12日 12:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者道の紅葉
1
愛染窟(山友さんに撮ってもらいました、)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛染窟(山友さんに撮ってもらいました、)
1
窟の内部
2017年11月12日 12:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窟の内部
1
愛染明王
2017年11月12日 12:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛染明王
1
粟柄登山口
2017年11月12日 13:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟柄登山口
1
撮影機材:

感想/記録

中央多紀アルプスの三嶽山頂東200m付近から鼓峠へ中央分水嶺が通っています。この尾根を降るより登るほうがリスクが低いので逆コースを歩いて来ました。谷中分水界の栗柄に在る八柱神社の駐車場に車を停めさせてもらい、県道を鼓峠まで移動して峠から害獣除けゲートを開けて杣道に入ると直ぐ左の尾根へ上がる杣道を辿ります。境界見出標に従い尾根を登る。標高500m付近で右から尾根が合流してくるとその先から急登が始まります。標高が上がるに従い自然林の尾根を進む様になり紅葉した木々に日が差し明るくて気持ちが良い。岩が尾根上に現れるが巻きながら越える。三度目の岩は高度差も有り立ち木を掴み慎重に越えると少し傾斜も落ちて三嶽山頂の電波塔が見えてくる。最後の斜面を登り切ると多紀アルプスの稜線に乗る。そこからほんの少しで祠のある行場に到着。三角点の山頂まで進むが、風が強くてお昼の休憩には不向きなので祠まで戻り日向ぼっこで食事を楽しむ。
暫くすると火打岩方面から続々と登山者が登ってきた。どうやら今日は多紀連山のイベントが開催される様です。余りの多さで場所を明け渡し西ヶ嶽へ向かいます。栗柄方面からも小さな子供連れや老若男女も上がってきます。八柱神社でお会いした行者姿の方も登ってこられてご挨拶。
栗柄分岐からP650mの西の覗を経て愛染窟まで行者道を降り無事戻ってきました。
この次は、鼓峠から反対に中央分水嶺を粟柄峠までと、弓谷峠から藤坂峠、藤坂峠から八ヶ尾山と峠山の中間にあるP616m峰までの尾根の未踏破部分を繋げたいと思っています。
訪問者数:73人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ