また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1317257 全員に公開 ハイキング関東

東海道五十三次その14〜箱根関所から三島大社〜

日程 2017年11月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
0分
合計
6時間45分
S箱根関所09:5010:10駒形神社10:45箱根峠11:30山中一里塚12:20山中城跡14:34笹原一里塚15:58錦田一里塚16:35三嶋大社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
一時間ほどお昼休憩。

写真

今回は、下り地獄という前評判。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は、下り地獄という前評判。
6
ハコネダケのトンネルに調子が上がります♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハコネダケのトンネルに調子が上がります♪
14
真っ赤な紅葉はあまり見られません(+_+)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ赤な紅葉はあまり見られません(+_+)
7
イチョウは、まだまだこれからですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチョウは、まだまだこれからですね。
6
箱根の石畳と比べると大変明るく気持ちよく歩けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根の石畳と比べると大変明るく気持ちよく歩けます。
7
雲助徳利(くもすけとっくり)の墓。お酒で失敗した武士がのちに雲助となり、元来の教養、剣の腕前などで多くの雲助らに慕われたそうです。墓石には徳利と盃が彫られています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲助徳利(くもすけとっくり)の墓。お酒で失敗した武士がのちに雲助となり、元来の教養、剣の腕前などで多くの雲助らに慕われたそうです。墓石には徳利と盃が彫られています。
4
山中城跡。百名城のひとつだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中城跡。百名城のひとつだそうです。
4
障子堀。敵や動物の侵入を防ぐためのものだそうです。その構造が美しいほどの姿で保存されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
障子堀。敵や動物の侵入を防ぐためのものだそうです。その構造が美しいほどの姿で保存されています。
5
現在は山中城跡公園として観光地になっているようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在は山中城跡公園として観光地になっているようです。
4
とにかくきれいに整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかくきれいに整備されています。
5
つわものどもが夢のあと・・・秀吉率いる大群に半日余りで落城してしまったそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つわものどもが夢のあと・・・秀吉率いる大群に半日余りで落城してしまったそう。
7
伊豆のやぁまぁや〜ま〜♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆のやぁまぁや〜ま〜♪
7
雲に隠れていた富士山、三島市に入りここまで見えてきましたー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に隠れていた富士山、三島市に入りここまで見えてきましたー!
11
錦田一里塚。初音が原の松並木の途中にあり、今も左右一対で一里塚の典型的な形が残っていました。貴重な史跡に感動!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錦田一里塚。初音が原の松並木の途中にあり、今も左右一対で一里塚の典型的な形が残っていました。貴重な史跡に感動!!
6
本日のゴールは三嶋大社。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のゴールは三嶋大社。
7

感想/記録
by asari

箱根関所までの上り四里と三島までの下り四里を合わせて箱根八里という・・・
実は、東海道歩きを始めて知ったという事実です。

昔の旅人にとって箱根の山越えは関所を越えることともに大変な難所だったそうですが
三島までの下りもかなりの難所だったのではないかと。駿河湾が見えてから坂道をぐんぐん下るわけで、現代人の私にとっては、箱根の山越えよりも三島までの下りが長く、辛く、渡渉で痛めた膝には痛み復活
今日にいたっては、気がつくと膝をさすることを繰り返す一日でした。

今回時間がなくゆっくり観ることができなかった山中城跡、現在は公園として整備されています。城跡といって石垣はなく土だけで築城されたものらしく障子掘りは芸術的な美しさでした。季節の花々も楽しめそうです。時間をつくり出かけたいと思うほどで、今回一番の見どころだったかもです。

訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/20
投稿数: 158
2017/11/20 23:19
 五十三次続く
asariさん、こんばんは😊

箱根で終わりかと思ってました。
まだ続きますね。
ワクワクします。
更に私の知らない事が多そうです。
楽しく拝見させて頂きました。
ありがとうございます。
登録日: 2017/3/25
投稿数: 534
2017/11/21 9:02
 東海道五十三次…ということは
おはようございますasariさん。
これ最後まで行くんですか(°_°;)?

だとすれば日本橋起点で京都:三条大橋まで、まだまだ遥かなる旅ですね。trekkさん同様、これはどんどん楽しくなりそうな予感がしますね。

こういう企画、良いですねぇ。ワタクシもやってみたくなりました。
でも新潟県だと近くを通る五街道はなく…
調べたら一番近いところで中山道の終点:草津か、日光道の終点:日光かになりますから、いずれにしても歩きに行くまでがたいへんです(´_`;)

三国街道を中山道に接続する高崎まで歩くのも良いか、と思いますが、この時期から始めると湯沢〜三国峠辺りで凍死し、そのまま樹氷と化しそうです

一里塚って両側にあるのが普通だったんですね。知りませんでした。今では片側に残るものが圧倒的に多いとか。
貴重な史跡なんですねぇ。
登録日: 2011/7/8
投稿数: 1033
2017/11/21 20:42
 おつかれです
asariさん  こんばんは
三島に下りましたね・・多分三島に行くだろうなって思っていたんだけど、おつかれでした。やはり、我慢のコースなんですね。三島ルートを歩いた人が「つらかった」って言っていたのを思い出します。でも!!とりあえず箱根八里は越えたのでよかったよかった。|そうそう「伊豆のやぁまぁや〜ま〜♪」あはははは・・いいなあ。asariさんもそういったキャラの一面があるんだって思うとうれしいな。気にさわったらごめんなさい。 ではでは (^^)/
                  .
登録日: 2011/4/30
投稿数: 354
2017/11/21 21:30
 Re: 五十三次続く
trekkさん、こんばんは
お返事が遅れてしまいました、すみません

箱根越えというもの、三島まで下ってはじめて越えたということのようで
それにならい私も三島までがんばりました。

箱根峠に、脚気地蔵というものがあります。
なんでも家出息子を探す父親とその息子が箱根で出会ったらしいのですが、まさか父親とは思わず老人を刺しお金を盗んだそうです。
ところがその財布の中にあった通行手形だったで名前を知ることとなり
自分の父親ということを知り自害したという話があるとのことでしたが・・・

「ほんとにぃ〜」

と、疑いを持ちました
街道歩きでは、こうした話も面白いですね。
登録日: 2011/4/30
投稿数: 354
2017/11/21 21:45
 Re: 東海道五十三次…ということは
SMさん、こんばんは
お返事が遅くなり申し訳ありませんでした

箱根を越えるまではっ!!という思いでここまできました。
三島で完結の予定でいましたが、富士山、駿河湾、千本松と東の道とは違った未知なる西の道に惹かれる私がいたりします。

SMさんのコメントには笑っちゃいました
凍死し、そのうえ樹氷化なんてとんでもありませんので、どうぞそれはお止めくださいませ。
それに街道歩きに長靴は合わないようだし

一里塚は道の両側にあってエノキが植えられていたそうですよ。
案内板だけのものが多い中、ここには対で現存してましたー。
感動です
登録日: 2011/4/30
投稿数: 354
2017/11/21 21:54
 Re: おつかれです
todayさん、こんばんは
コメントをありがとうございます

三島に下りました
我慢のコース、確かに、一歩一歩が忍、耐だったよう思い返されます。
最後の急な下りは「こわめし坂」で、西の道では最も険しい坂だったそうです。

駿河湾が見え始めてしばらくすると伊豆のお山が姿を現しました。
ちと古いかもですが、

伊豆のやぁまぁや〜ま〜♪

輝く駿河湾と伊豆のお山を見つけると歌わないでいられませんでした。
賛同いただきうれしいです

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

渡渉 紅葉 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ