また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1327168 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山

日程 2017年12月02日(土) 〜 2017年12月03日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
12/2(土)
 07:15立川発〜08:21奥多摩駅着
 08:25奥多摩駅前発〜09:15鴨沢着
12/3(日)
 09:52鴨沢発〜10:30奥多摩駅前着
 10:31奥多摩駅発〜11:35立川着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間51分
休憩
45分
合計
6時間36分
S鴨沢バス停09:2509:51丹波山村村営駐車場09:56小袖緑道あがり09:5711:23堂所11:2412:14七ッ石小屋下分岐12:1612:24七ツ石小屋12:3813:00斧手石13:0213:10七ツ石山13:1113:25ブナ坂13:57奥多摩小屋14:0814:18ヨモギノ頭14:1914:43小雲取山15:06雲取山避難小屋15:1415:30雲取山15:3115:58雲取山荘16:0116:01宿泊地
2日目
山行
3時間25分
休憩
29分
合計
3時間54分
宿泊地05:5606:23雲取山06:4406:44雲取山避難小屋06:4707:06小雲取山07:0807:21ヨモギノ頭07:26奥多摩小屋08:01ブナ坂08:0208:25七ッ石小屋下分岐08:2608:46堂所08:4709:28小袖緑道あがり09:32丹波山村村営駐車場09:50鴨沢バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道の幅も広く,至って快適。危険個所はなし。

写真

鴨沢登山口。多くの人で,トイレも渋滞しています。
2017年12月02日 09:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴨沢登山口。多くの人で,トイレも渋滞しています。
西暦とコラボ中の雲取山
2017年12月02日 09:55撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西暦とコラボ中の雲取山
1
勾配らしい勾配もなく,快適な登山道
2017年12月02日 10:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勾配らしい勾配もなく,快適な登山道
1
こんな幅の道もあります。
2017年12月02日 10:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな幅の道もあります。
1
七ツ石山頂。ようやく雲取山が姿を現しました。
2017年12月02日 13:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山頂。ようやく雲取山が姿を現しました。
防災帯。よく整備されています。
2017年12月02日 13:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防災帯。よく整備されています。
防災帯を抜け,雲取山を目指します。
2017年12月02日 14:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防災帯を抜け,雲取山を目指します。
富士山がぼんやりと姿を現しました。
2017年12月02日 14:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がぼんやりと姿を現しました。
1
山小屋に到着。200名定員とのこと。
2017年12月02日 15:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋に到着。200名定員とのこと。
翌朝,富士山が大きくなったように感じます。
2017年12月03日 06:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝,富士山が大きくなったように感じます。
1
日の出,これを見たくて,泊まったようなもんです。
2017年12月03日 06:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出,これを見たくて,泊まったようなもんです。
1
朝日に照らされる富士山。松竹の映画みたい。
2017年12月03日 06:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に照らされる富士山。松竹の映画みたい。
2
撮影機材:

感想/記録

谷川岳の肉離れから、1ヶ月。
ようやく登山ができるまで回復しまして、リハビリも兼ねて、今年が熱い雲取山に行って来ました。
ホリデー快速に乗って、奥多摩へ向かいましたが,電車内は結構な登山客が乗っています。こりぁ、鴨沢までのバス乗れないかもなぁなんて、不安も過ぎりましたが、御嶽と言う駅で、1/3くらい降りました。ん〜、どこの山に登るんだろう⁈なんて考えているうちに、奥多摩駅到着。
すごい山の中です。ここも東京なんだなぁなんて、感慨に浸る暇もなく、バスに乗り込みます。増便しているようで、混雑はしていますが、次々バスが出ます。
30分程で、鴨沢登山口に到着。
なかなかの人数です。東京は、登山も人が多いのかと唖然としましたが、とにかく登ることにします。
予報では、-8度・風速10mとなっていましたが、穏やかな天気で、快適に登っていきます。
雲取山の登山道は、しっかり整備されていて,幅も広く、急な勾配も少なく,快適にどんどん歩きます。
途中七ツ石山を経由して,雲取山に向かうことにします。七ツ石小屋では,近くの沢から水を引いていて,お昼時という事もあり,多くの登山者が休憩を取っていました。
七ツ石山では,平将門が祈願をしたと言われる大きな七つの岩が御神体として祭られていました。
山頂からは,ようやく雲取山を望むことができました。併せて,道中を見ると有名な防災帯が伸びていて,ヘリポートも見えます。ほかの山ではあまり見ることがなく,とても面白いです。
早速,防災帯に下りてみます。防災帯を利用して多くの方がテントを張っています。
防災帯を抜けると,登山らしく雲取山まで急坂が続きます。
途中,ぼんやりと富士山が姿を現しました。やはり大きい。ほかの山に比べ別格の存在感です。
山頂に無事到着。ゆっくりと5時間半くらいかけて登りました。山頂からは北アルプスの山々が望めますが,土地勘がない私にはよく分かりません。
山小屋には16時ごろ到着。布団,食事,暖房までついて,至れり尽くせりです。ただ,冬場のため,唯一の外の水場が使えず,少々難儀しました。
翌日,日の出に併せて5時50分に出発。本当は,山小屋と山頂を往復して,三峰神社に下りたかったのですが,小屋主さんが,秩父夜祭(無形世界遺産候補)が開催されていて,終始渋滞しているとの話があり,もと来た道を変えることにします。
とにかく,首都圏は何かあるとすぐに混みます。半端じゃなく混む。こうゆうのは避けるのが一番です。
さて,日の出に併せて10分前に山頂に着くと,再び富士山が姿を現しています。
デカい,前日よりも大きく感じます。空気が澄んでいて,山肌までくっきり見えます。
やはり富士山,かっこいいです こんなかっこういい山ほかにあるんだろうか!?
日本が誇る山です。
帰りは,富士山を眺めながら,飽きることもなく降りることができました。
ただ,眺め過ぎたのか,気がつけば,バスの時間まで結構な時間。
結局,帰りは3時間程度で下りてきました。
なにより肉離れの左足がしっかり踏ん張れたことがうれしかったです。
訪問者数:123人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 水場 ヘリポート テン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ