また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1328184 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

苗場山(小赤沢)

日程 2017年12月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道から登山口に入る手前のカーブの路肩に駐車
(11月26日時点では、民家の少し先までしか進めませんでしたが、
除雪が入り標高990m付近の登山口の少し先まで入れるようになっていました)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間44分
休憩
50分
合計
9時間34分
Sスタート地点07:0108:08小赤沢渡渉点08:08小赤沢三合目登山口08:1108:57四合目09:29五合目10:23六合目10:49七合目11:0211:42八合目11:4713:03苗場山13:2714:01八合目14:22七合目14:2714:35六合目14:56五合目15:24四合目15:49小赤沢三合目登山口15:49小赤沢渡渉点16:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※八合目の標識は雪で見つからず、下山後で地図で確認。九合目の場所はわからず
コース状況/
危険箇所等
●コース全般
・スタートから新雪を踏んで行きます。この日も誰とも会わず。
・山頂台地の坪場出るまではツボ足。
・行きの坪場から帰りの五合目付近までワカンを使用
・雪は前週よりも定着し始めていましたが、
七合目から山頂台地に乗るまではまだまだ不安定

●登山口〜三合目登山口
標高990m付近で林道から登山道に入ります。
登山道への入口には小さなピンクリボンがあるだけなので見落としに注意。
登山道は小赤沢の一本南のカイデ沢の右岸に沿って付いています。
1130mで小赤沢の渡渉があります。丸太を渡したような細い木橋が
架かっていますが雪が積もっているので慎重に渡る必要があります。
その後は緩やかに樹林帯の中を登り三合目登山口へと至ります。

●三合目〜七合目
三合目から緩やかに進み1380m付近で尾根に乗ります。
ここからしばらく細い尾根筋を進みますが、尾根は徐々に広がっていきます。
1480m付近で四合目の標識が立っています。
その後は広い樹林帯の中を緩やかに登り1620m付近で五合目の標識が現れます。
五合目を過ぎると徐々に斜度が上がり始めます。
1740m付近で急斜面の登りがあり、ここを登ると六合目。
六合目からは、山頂台地に乗るための急登が始まります。
1850m付近から10〜20mほどのクサリ場があり登りきったところが七合目。

●七合目〜苗場山
七合目付近から急斜面をトラバース気味に標高をあげていきます。
八合目からは直登して山頂台地の坪場に出ます。
この直登のラッセルに苦戦。雪が脆く踏み固めようとしても崩れてしまい、
腿〜お腹まで埋まってしまうこともしばしば。
標高2000mで坪場と呼ばれる山頂台地の一角に飛び出します。
ここからは無雪期には湿原と池塘が広がる高層湿原の中を
東方面にテキトーに進みます。
樹林帯を抜け緩やかに登ると山頂小屋が見えてきます。
小屋の裏手まで進むと山頂に到着です。

 

写真

駐車地点よりスタート。今回は除雪が入ったため林道歩きはほとんどなし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地点よりスタート。今回は除雪が入ったため林道歩きはほとんどなし
1
林道から登山口に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から登山口に入ります
先週は道が分からず谷筋をごちゃごちゃしましたが、今週はスムーズに夏道を辿ることができました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週は道が分からず谷筋をごちゃごちゃしましたが、今週はスムーズに夏道を辿ることができました
カイデ沢に入り込む支沢の渡渉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カイデ沢に入り込む支沢の渡渉
1130m付近で小赤沢の渡渉。ドボンに注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1130m付近で小赤沢の渡渉。ドボンに注意
3
お助けロープを掘り出して台地まで登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お助けロープを掘り出して台地まで登ります
2
ツボ足で進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツボ足で進みます
1
樹林越しに赤く染まった鳥甲山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林越しに赤く染まった鳥甲山
1
見上げると檜ノ塔
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると檜ノ塔
1
雪もだいぶ締まりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪もだいぶ締まりました
三合目登山口に到着。先週ボクたちが付けたトレースのみがうっすら残っていてここ1週間誰も入っていないことが濃厚に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目登山口に到着。先週ボクたちが付けたトレースのみがうっすら残っていてここ1週間誰も入っていないことが濃厚に
1
先週に比べると雪も増えたかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週に比べると雪も増えたかな
1380m付近で尾根に乗ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1380m付近で尾根に乗ります
西面の登山道のためなかなか日が当たらず寒い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西面の登山道のためなかなか日が当たらず寒い
四合目までは細い尾根筋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目までは細い尾根筋
苗場山の山頂が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山の山頂が見えました
3
依然としてツボ足
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
依然としてツボ足
雪も降ったようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も降ったようです
1
六合目までの距離が知りたいkomemame。標柱の周りの雪を掘ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目までの距離が知りたいkomemame。標柱の周りの雪を掘ります
雪山らしくなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山らしくなってきました
1
五合目を過ぎると徐々に斜度が上がり始めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目を過ぎると徐々に斜度が上がり始めます
やっぱり雪増えてるな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり雪増えてるな
振り返って大赤沢新道が通っている猿面峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って大赤沢新道が通っている猿面峰
3
1740m付近のクサリ場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1740m付近のクサリ場
3
先週よりも簡単に登れました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週よりも簡単に登れました
踏み抜いた雪の穴の中にクサリが見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜いた雪の穴の中にクサリが見えます
2
クサリ場の先は直登しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場の先は直登しました
2
クサリ場を登り切ると六合目の標柱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場を登り切ると六合目の標柱
この辺りからグッと雪が増えましたが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからグッと雪が増えましたが…
先週に比べると歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週に比べると歩きやすい
1
奥の白いのは北信五岳かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の白いのは北信五岳かな
6
今度は1850m付近のクサリ場(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は1850m付近のクサリ場(photo komemame)
6
先週に続いて掘り起こして登ります(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週に続いて掘り起こして登ります(photo komemame)
komemameも続いてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
komemameも続いてきます
1
ここを登ると七合目の標識。六合目と七合目は近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ると七合目の標識。六合目と七合目は近い
七合目以降は未知の領域(←大げさ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目以降は未知の領域(←大げさ)
さらに雪が増えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに雪が増えます
七合目からは急斜面をトラバース気味に標高をあげていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目からは急斜面をトラバース気味に標高をあげていきます
少しイヤらしいところもありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しイヤらしいところもありました
1
八合目の手前くらいから谷筋を直登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目の手前くらいから谷筋を直登
ここが埋まるのなんの
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが埋まるのなんの
2
danyamaはさらに苦戦(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
danyamaはさらに苦戦(photo komemame)
2
頂上台地に出るまでの高低差50mほどが長かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上台地に出るまでの高低差50mほどが長かった
見上げるとこの景色!太陽の光が当たって輝く樹氷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるとこの景色!太陽の光が当たって輝く樹氷
6
早く明るいところに出たいよ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早く明るいところに出たいよ〜
3
おおっ!やっと太陽の光を浴びられました。ありがたや〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ!やっと太陽の光を浴びられました。ありがたや〜
6
樹氷が落ちてきて背中がちびたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷が落ちてきて背中がちびたい
1
最後のひと踏ん張り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のひと踏ん張り
1
そして頂上台地に乗りました。この辺りは坪場と呼ばれているところになります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして頂上台地に乗りました。この辺りは坪場と呼ばれているところになります
10
目の前は純白と青のみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前は純白と青のみ
6
ここでアウターとサングラス、さらにワカンを着けます(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでアウターとサングラス、さらにワカンを着けます(photo komemame)
2
別世界が広がっています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別世界が広がっています
4
手前に鳥甲山と奥は北ア
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に鳥甲山と奥は北ア
6
テキトーに西の方に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テキトーに西の方に進みます
2
樹林帯に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ります
1
砂糖をまぶしたツリー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂糖をまぶしたツリー
2
樹林の隙間を縫いながら進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の隙間を縫いながら進みます
2
動物トレースが錯綜しています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物トレースが錯綜しています
1
鳥甲山と北信五岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥甲山と北信五岳
3
佐武流山と奥に浅間山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐武流山と奥に浅間山
3
噴煙吐く浅間山と右は四阿山(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴煙吐く浅間山と右は四阿山(photo komemame)
2
岩菅山の存在感がデカイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山の存在感がデカイ
4
樹林帯を抜けました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けました
3
真ん中に岩菅山と左は草津白根山、右は志賀高原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に岩菅山と左は草津白根山、右は志賀高原
2
トレースを付けていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを付けていきます
2
頂上小屋が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上小屋が見えてきました
7
広々〜(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々〜(photo komemame)
2
広大な湿原もこの時季は大雪原。谷川主脈の白さが目立ちます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大な湿原もこの時季は大雪原。谷川主脈の白さが目立ちます
1
伊米神社のお地蔵さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊米神社のお地蔵さん
1
頂上小屋の裏手に回ると頂上標が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上小屋の裏手に回ると頂上標が見えてきました
苗場山山頂に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山山頂に到着!
11
山頂より。奥から浅草岳〜毛猛山〜越後駒ヶ岳〜中ノ岳〜荒沢岳〜丹後山〜巻機山。手前は神楽ヶ峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。奥から浅草岳〜毛猛山〜越後駒ヶ岳〜中ノ岳〜荒沢岳〜丹後山〜巻機山。手前は神楽ヶ峰
11
山頂より。越後駒ヶ岳〜中ノ岳〜荒沢岳〜丹後山〜巻機山〜朝日岳。奥に平ヶ岳〜燧〜至仏
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。越後駒ヶ岳〜中ノ岳〜荒沢岳〜丹後山〜巻機山〜朝日岳。奥に平ヶ岳〜燧〜至仏
10
右から荒沢岳〜中ノ岳〜越後駒ヶ岳〜八海山をアップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から荒沢岳〜中ノ岳〜越後駒ヶ岳〜八海山をアップで(photo komemame)
10
右から丹後山〜兎岳〜奥にとんがり荒沢岳〜中ノ岳をアップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から丹後山〜兎岳〜奥にとんがり荒沢岳〜中ノ岳をアップで(photo komemame)
6
山頂より。谷川連峰主脈
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。谷川連峰主脈
2
谷川主脈アップで。手前から平標〜仙ノ倉〜万太郎。奥のとんがりは皇海山か(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川主脈アップで。手前から平標〜仙ノ倉〜万太郎。奥のとんがりは皇海山か(photo komemame)
4
谷川主脈アップで。万太郎〜オジカ沢ノ頭〜トマ〜オキ〜一ノ倉〜茂倉。奥は男体山〜日光白根山〜女峰〜太郎山(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川主脈アップで。万太郎〜オジカ沢ノ頭〜トマ〜オキ〜一ノ倉〜茂倉。奥は男体山〜日光白根山〜女峰〜太郎山(photo komemame)
5
上越国境アップで。朝日岳。奥は至仏山と燧ヶ岳(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上越国境アップで。朝日岳。奥は至仏山と燧ヶ岳(photo komemame)
1
山頂より。米山と黒姫山かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。米山と黒姫山かな
2
山頂より。三国山〜稲包山〜佐武流山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。三国山〜稲包山〜佐武流山
1
山頂より。浅間山〜四阿山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。浅間山〜四阿山
2
浅間山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山アップで(photo komemame)
2
山頂より。草津白根山と岩菅山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。草津白根山と岩菅山
2
山頂より。北信五岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。北信五岳
1
山頂は樹林に囲まれていて風もなくポカポカ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は樹林に囲まれていて風もなくポカポカ(photo komemame)
2
絶景を堪能中(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を堪能中(photo komemame)
2
あまりゆっくりしてられないので、さて、下山開始です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりゆっくりしてられないので、さて、下山開始です
2
来た道を戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を戻ります
2
広大な白いキャンバス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大な白いキャンバス
2
モンスターの予備軍の間を抜けていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターの予備軍の間を抜けていきます
4
人っ子一人いません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人っ子一人いません
2
トレースがないところを選んで戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースがないところを選んで戻ります
2
青と白がパックリ2つ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青と白がパックリ2つ
6
坪場まで戻りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪場まで戻りました
2
ここで山頂台地ともお別れです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで山頂台地ともお別れです
2
猿面峰と奥は小松原湿原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿面峰と奥は小松原湿原
2
ちょっとイヤな感じのトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとイヤな感じのトラバース
1
七合目下のクサリ場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目下のクサリ場
1
夏山は下りが長く感じますが、雪山だとあっという間に感じます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏山は下りが長く感じますが、雪山だとあっという間に感じます
1
ガンガン下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンガン下ります
1
五合目付近まで下ると緩斜面になります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目付近まで下ると緩斜面になります
1
巨大ペンシルを横目に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大ペンシルを横目に
1
尾根筋が徐々に細くなります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋が徐々に細くなります
四合目を通過して細い尾根へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目を通過して細い尾根へ
1
ここで尾根から離れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで尾根から離れます
1
三合目まで戻りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目まで戻りました
樹林を紅く染め始めました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林を紅く染め始めました
4
歩くkomemameも染めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩くkomemameも染めます
5
緩やかな台地を下り…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな台地を下り…
小赤沢への急斜面を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤沢への急斜面を下ります
1
下の方がだいぶ雪が溶けたような
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方がだいぶ雪が溶けたような
1
ワカンの留め具が何度も外れたり(danyama)、枝が目に入ってコンタクトが破れたり( komemame)と下山時はなんやかやトラブルがありましたが、明るいうちに下山できました。お疲れ様でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカンの留め具が何度も外れたり(danyama)、枝が目に入ってコンタクトが破れたり( komemame)と下山時はなんやかやトラブルがありましたが、明るいうちに下山できました。お疲れ様でした!
4

感想/記録

先週敗退した秋山郷からの苗場山。
今年もう一回チャンスがあればいいかなぁと思っていたら、
いきなり翌週に絶好のタイミングがやってきました。

この一週間誰も入らなかったのかな、
ところどころに先週の自分たちものらしき痕跡がうっすらとある程度。
当然のようにこの日も入山者はボクたちだけ。
今週も新雪を踏んでいきます。
全体的に雪が増えたと同時に定着もし始めていて、
だいぶ歩きやすくなっていました。

七合目以降はそれなりに苦戦して時間がかかりましたが、
自分たちらしい山行ができたのかな。
 
 

感想/記録

先週よりも、雪が増えてもっと歩きにくくなっているのかと思ったら、
それほどたくさん降らなかった様子。
多少は増えていましたが、むしろ雪がぎゅっとした感じ。
ただ、こうなると私には歩きにくく、雪がぎゅっとした分、足回りが重い。
先週と打って変わり、7合目まではdanyamaに
先行してもらいながらになった。

先週来たばかりなので、7合目までは勝手知ったる登山道。
意外とはやく着いたなぁ、という印象。
けれど、今度は7合目から先は未踏の道なので、
やっぱり遠く感じた。とくに台地から山頂までは長かったなぁ。
とはいえ、誰も歩いていないまっさらな雪の上を
青空のもと歩けて、ちょーサイコウ!

もう一回きてよかった!!!

おしまい
訪問者数:617人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/11/24
投稿数: 1037
2017/12/6 18:43
 冬ですネェ...
こんばんは!
きれいな写真、堪能しました。
いい天気でしたネ  北の方は低気圧の影響を受けるかと思ったのですが好天でなによりでした。

このレコ拝見しながら、いつだったか 雪の大赤沢を登って小赤沢の下山を思い出しました。水分を含んだベタベタの雪で、お助け類は凍り付いて引き出せないは、持っていった手袋は全てずぶ濡れ、大変でした。

12月に入ったとはいえ、これだけの雪はすごいですネ
それにしても、2週連続で...恐れ入りますわ
お疲れ様でした
登録日: 2010/8/26
投稿数: 294
2017/12/7 13:06
 Re: 冬ですネェ...
hottenさん

こんにちは。

この日は久しぶりの終日快晴でしたが、
西面ルートで頂上直下までその恩恵にあずかることができず…。
でもその分、頂上台地からはルンルンでした。
西面と言えば…hottenさんの記録改めて拝見しましたが、
大赤沢新道を選ばなくて良かった〜。
そんな状態とはつゆ知らず、単純にクルマで一番奥まで入れそう、
という理由で先週は小赤沢を選び、
今週も(根がしつこいので・笑)、なんの疑問の余地も挟むことなく小赤沢でした。

この時季と春先の濡れ手袋問題はテムレスで一気に解決しましたが、
hottenさんはお嫌いですか?

今年はカメムシが大量発生していたので、
多雪になるかもですね(バンザイ!hottenさん)。

コメントいただきありがとうございます!
 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ