また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1330199 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

天狗岳

日程 2017年12月06日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自家用車にて、唐沢鉱泉手前の無料駐車場へ。鉱泉までの未舗装路は凍結、圧雪あり、四駆+スタッドレスタイヤで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1時間10分
合計
6時間40分
S唐沢鉱泉06:3008:10第一展望台08:30第二展望台09:25西天狗岳09:3009:45東天狗岳09:5011:00黒百合ヒュッテ12:0013:10唐沢鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
唐沢鉱泉〜第二展望台まではツボ足で、以降は12本爪アイゼンを装着しました。道標、赤テープ多数あります。

写真

駐車場で-8℃、上はどれだけ寒いんだろう...。
2017年12月06日 05:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場で-8℃、上はどれだけ寒いんだろう...。
1
駐車場までは凍結と圧雪でツルツルでした。
2017年12月06日 06:27撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場までは凍結と圧雪でツルツルでした。
1
唐沢鉱泉。
2017年12月06日 06:29撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉。
登山開始!!
2017年12月06日 06:34撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山開始!!
1
夜が明ける。下山までずっと曇天でした...。
2017年12月06日 06:34撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明ける。下山までずっと曇天でした...。
1
凍てつく樹林帯を行く。
2017年12月06日 06:56撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍てつく樹林帯を行く。
2
青空が見たい...。
2017年12月06日 06:56撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が見たい...。
西尾根に出る。
2017年12月06日 07:16撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根に出る。
寒々しい景色。
2017年12月06日 07:53撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒々しい景色。
3
第一展望台に到着。
2017年12月06日 08:08撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台に到着。
2
何も見えず...。
2017年12月06日 08:08撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も見えず...。
第二展望台に到着。
2017年12月06日 08:33撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台に到着。
2
モンスターに成長中。
2017年12月06日 08:34撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターに成長中。
2
登山道の積雪量はこのくらい。第二展望台を過ぎた辺りからアイゼンを装着しました。
2017年12月06日 08:35撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の積雪量はこのくらい。第二展望台を過ぎた辺りからアイゼンを装着しました。
2
西天狗直下の岩稜帯。樹林帯を抜けてから、かなりの強風に。
2017年12月06日 08:48撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗直下の岩稜帯。樹林帯を抜けてから、かなりの強風に。
西天狗岳山頂(2646m)に到着!!
2017年12月06日 09:24撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳山頂(2646m)に到着!!
6
先行者に撮ってもらう。
2017年12月06日 09:25撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者に撮ってもらう。
5
別の惑星に来たみたい。強風で休憩どころではなく、余韻に浸る間もなく通過する。
2017年12月06日 09:26撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の惑星に来たみたい。強風で休憩どころではなく、余韻に浸る間もなく通過する。
次に目指す東天狗岳方面。全く展望なし。以降は脛くらいまで潜る箇所もありました。
2017年12月06日 09:35撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に目指す東天狗岳方面。全く展望なし。以降は脛くらいまで潜る箇所もありました。
鞍部から西天狗岳を振り返るが何も見えず。
2017年12月06日 09:39撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から西天狗岳を振り返るが何も見えず。
東天狗岳山頂到着。
2017年12月06日 09:44撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂到着。
3
強風でとにかく寒い。
2017年12月06日 09:44撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風でとにかく寒い。
2
-15°Cくらいか。
2017年12月06日 09:47撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-15°Cくらいか。
1
凍てつくザック。
2017年12月06日 09:47撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍てつくザック。
2
強盗かな?
2017年12月06日 09:50撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強盗かな?
4
中山峠を目指して降ります。
2017年12月06日 09:50撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠を目指して降ります。
巨大なエビの尻尾をまとった道標を発見。中山峠へのルートを示す道標かと思ったが...。
2017年12月06日 10:03撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大なエビの尻尾をまとった道標を発見。中山峠へのルートを示す道標かと思ったが...。
白砂新道入口を示す道標でした。ここでルートを間違えていることに気付く。慌てて地図を確認し、東天狗岳に登り返す。
2017年12月06日 10:05撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂新道入口を示す道標でした。ここでルートを間違えていることに気付く。慌てて地図を確認し、東天狗岳に登り返す。
東天狗岳を経て、目的の中山峠に到着。
2017年12月06日 10:56撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳を経て、目的の中山峠に到着。
この山行で初めての日差しが!!
2017年12月06日 10:59撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山行で初めての日差しが!!
やっぱり青空が見えると嬉しい。
2017年12月06日 11:00撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり青空が見えると嬉しい。
3
いやー、綺麗だ。
2017年12月06日 11:02撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやー、綺麗だ。
1
黒百合ヒュッテ到着。
2017年12月06日 11:00撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ到着。
1
-10°Cくらい。
2017年12月06日 11:01撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-10°Cくらい。
暖かい小屋内に入って一休み。
2017年12月06日 11:41撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暖かい小屋内に入って一休み。
コケモモのケーキセットを頂く。 (゜Д゜)ウマー
2017年12月06日 11:43撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモのケーキセットを頂く。 (゜Д゜)ウマー
5
せっかく天気が回復してきて名残惜しいが下山する。
2017年12月06日 12:19撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく天気が回復してきて名残惜しいが下山する。
2
唐沢鉱泉へ。
2017年12月06日 12:22撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉へ。
振り返ると綺麗な樹氷が。
2017年12月06日 13:02撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると綺麗な樹氷が。
1
青空の下で見たかった〜。
2017年12月06日 13:03撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下で見たかった〜。
3
唐沢鉱泉に到着。綺麗な源泉。
2017年12月06日 13:06撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉に到着。綺麗な源泉。
1
駐車場に帰着!
2017年12月06日 13:11撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に帰着!
帰路にて。八ヶ岳の全貌。
2017年12月06日 13:47撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路にて。八ヶ岳の全貌。
2
南八ヶ岳。
2017年12月06日 13:52撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳。
1
北八ヶ岳。
2017年12月06日 13:52撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳。
1
山頂から見たかったー泣
2017年12月06日 15:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から見たかったー泣
1

感想/記録

積雪期登山の入門に人気の天狗岳に登りました。
標高差も少なく行程も短いルートですが、ほぼ全行程を通して、ガス+強風+低温で修行のような山行となりました。期待していた展望はまったく得られず残念でしたが、なんとか山頂を踏めました。
東天狗岳からルートを間違えたことは大きな反省点です。強風+低温で地図を確認することが億劫になり怠った事が原因です。また、展望があれば黒百合平を目視出来るはずなので間違えなかったでしょう。すぐに間違いに気付いて引き返せたので事なきを得ましたが、気付くのがもっと遅かったら...、正規のルートに登り返すだけの体力が残っていなかったら...。視界が効かず、強風、低温のあの状況でそのようになったらと考えるとゾッとします。基本的な事ですが、分岐ではどんな状況でも必ず地図を確認する事を今後の山行で徹底したいです。
訪問者数:551人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ