また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1331568 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

高畑山・九鬼山 無生野バス停〜大月駅

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年12月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
上野原駅 8時30分発bus無生野バス停
大月駅高尾駅
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:02
距離
15.7 km
登り
1,487 m
下り
1,655 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間16分
休憩
47分
合計
7時間3分
S無生野バス停09:2209:29穴路峠方面取付地点09:3010:06穴路峠10:1010:13天神山10:36雛鶴分岐10:39高畑山(楢山)10:48大桑岩稜11:03大桑山11:18突坂山11:1911:24突坂峠11:2811:37鈴ヶ音峠11:3811:58桐木差山12:05高指(馬場ボッチ)12:49871m峰(遅沢山)13:03大ビラ山13:24久美山13:27富士見平13:36九鬼山14:0814:34紺屋の休場14:3514:47礼金峠14:5015:11ナベノテラス15:18馬立山15:34沢井沢ノ頭16:02菊花山16:24大月駅16:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【本日の確認生物】野鳥は見かけましたが何かは確認できませんでした・・
コース状況/
危険箇所等
【無生野バス停〜穴路峠】
バス停から雛鶴峠方向へ600mで右へ入ります。(穴路峠の標識あり)
穴路沢沿いに登って行きます。沢を詰め左方向にトラバース気味に登り始めれば峠は近い。
danger林道が終わると沢の中を歩く所があるので増水時は注意。

【穴路峠〜突坂峠】
穴路峠からすぐの天神山からは扇山と百蔵山の眺めが良い。高畑山山頂直下は急登です。林道に出た所が突坂峠。
danger高畑山と大桑山の鞍部にある大桑岩稜。切り立ったヤセ尾根の上に短いが20センチ幅の岩の平均台です。

【突坂峠〜九鬼山】
一旦700mまで標高を落としアップダウンしながら300mの登り返しとなります。突坂峠からは林道で鈴ヶ音峠、ここから再び登山道に入る。すぐに右への作業道があるがここは尾根道へ進む(手書きの標識あり)九鬼山までは沢山のピークをトレースして行きます。

【九鬼山〜大月駅】
九鬼山からの下り、紺屋の休場までは岩交じりの急傾斜、右側急斜面の狭いトラバースとなります。
danger九鬼山からの下り、急斜面の狭いトラバースは凍結しており非常に危険です。これからの時期滑り止めは持っていったほうが良いでしょう。
札金峠からは登り返しです。作業道があるので入らない様に注意。
danger菊花山は岩峰です。下りはロープ&クサリ場の連続なので慎重に。
後半のアップダウンはキツイです。

この稜線はアップダウンの連続です。距離の割にはとても体力を消耗します。無生野バス停着が9時20分とスタートが遅くなるのでこの時期はヘッデン必携です。
九鬼山到着時間によっては田野倉へ下る判断をしましょう。奥へ入るとエスケープ出来なくなります。

コース中、倒木が多いです。枝葉をつけた物があり、潜ったり跨いだり出来ないものも多いです。
過去天気図(気象庁) 2017年12月の天気図 [pdf]

写真

上野原駅の名物オジサン長田さん。
無生野行はかわいいバスです。
2017年12月09日 08:25撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野原駅の名物オジサン長田さん。
無生野行はかわいいバスです。
5
50分乗車、終点まで来たのは私含め4名。同じコースの人はいなかった。
2017年12月09日 09:20撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50分乗車、終点まで来たのは私含め4名。同じコースの人はいなかった。
4
ここ右へ
2017年12月09日 09:33撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ右へ
1
まずは林道で
2017年12月09日 09:36撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは林道で
1
すぐに地道になる。
2017年12月09日 09:43撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに地道になる。
2
沢沿いを行くと分岐。標識が無ければ右に行ってしまいそうだ。
2017年12月09日 09:56撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いを行くと分岐。標識が無ければ右に行ってしまいそうだ。
3
峠は近い
2017年12月09日 10:08撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠は近い
2
穴路峠に着きました。
2017年12月09日 10:10撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴路峠に着きました。
5
昨日の雪がうっすらと
2017年12月09日 10:15撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日の雪がうっすらと
4
すぐに天神山
2017年12月09日 10:17撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに天神山
4
百蔵山と扇山
2017年12月09日 10:18撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百蔵山と扇山
8
快適な尾根道は風が無く思っていたより寒くない。
2017年12月09日 10:29撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な尾根道は風が無く思っていたより寒くない。
1
最大の難所。20センチ幅の岩の平均台はさすがに立って通過は出来ませんでした。
2017年12月09日 10:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最大の難所。20センチ幅の岩の平均台はさすがに立って通過は出来ませんでした。
7
雲取様が見えました。
2017年12月09日 11:23撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取様が見えました。
6
林道に出ました。
2017年12月09日 11:29撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
2
ガードレールをまたいで鈴ヶ尾山方向へ行き途中の鞍部から鈴ヶ音峠にも行けます。
2017年12月09日 11:29撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガードレールをまたいで鈴ヶ尾山方向へ行き途中の鞍部から鈴ヶ音峠にも行けます。
3
でも今日はバリは無し、林道で行きます。
2017年12月09日 11:37撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも今日はバリは無し、林道で行きます。
3
登山道入り口が見えてきました。
2017年12月09日 11:41撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入り口が見えてきました。
1
やっと九鬼山の文字が登場した。
2017年12月09日 11:41撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと九鬼山の文字が登場した。
4
ここは間違いやすい分岐。標識がありがたい。尾根伝いに行きます。
2017年12月09日 11:44撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは間違いやすい分岐。標識がありがたい。尾根伝いに行きます。
3
九鬼山と書いてあるように見えるが・・
2017年12月09日 13:07撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九鬼山と書いてあるように見えるが・・
1
倒木が連続します。障害物競走かいっ!
2017年12月09日 13:16撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が連続します。障害物競走かいっ!
1
ここから火星(禾生)に行けます。
2017年12月09日 13:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから火星(禾生)に行けます。
2
山頂がにぎやかだ。少年たちの体験登山だろうか?
2017年12月09日 13:32撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂がにぎやかだ。少年たちの体験登山だろうか?
2
自分も入ってみた。
2017年12月09日 13:37撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分も入ってみた。
11
今日はスパークリングワインタイムでした。
2017年12月09日 13:41撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はスパークリングワインタイムでした。
7
振り向けば日本一のシルエット
2017年12月09日 13:54撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向けば日本一のシルエット
7
少年たちが出発した後は貸し切りでした。
2017年12月09日 14:01撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少年たちが出発した後は貸し切りでした。
3
雁ヶ腹摺り山と小金沢連嶺
2017年12月09日 14:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁ヶ腹摺り山と小金沢連嶺
7
奥多摩方面も良く見える。
左から雲取山・七ッ石山・鷹ノ巣山。
2017年12月09日 13:34撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩方面も良く見える。
左から雲取山・七ッ石山・鷹ノ巣山。
5
下りましょう。
2017年12月09日 14:12撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りましょう。
1
凍り付いて嫌な感じです。
2017年12月09日 14:14撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍り付いて嫌な感じです。
2
北斜面には昨日の雪が残ってます。
2017年12月09日 14:14撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面には昨日の雪が残ってます。
1
この手前はホントに危なかったです。少年たちを引率するヒト達は大変そうでした。
2017年12月09日 14:29撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この手前はホントに危なかったです。少年たちを引率するヒト達は大変そうでした。
2
まだまだ気を抜けません。
2017年12月09日 14:29撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ気を抜けません。
2
道を譲ることは出来ません。
2017年12月09日 14:32撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道を譲ることは出来ません。
2
こんな感じもイイな
2017年12月09日 14:40撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じもイイな
7
落ち葉の登山道。
2017年12月09日 14:44撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉の登山道。
6
田野倉駅方面分岐。さらに先へ。
2017年12月09日 14:46撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田野倉駅方面分岐。さらに先へ。
1
どちらも通せんぼ?倒木またいで左へ行きました。
2017年12月09日 14:52撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どちらも通せんぼ?倒木またいで左へ行きました。
1
厳しい登り返しです。
2017年12月09日 15:09撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳しい登り返しです。
2
間違えて山頂から断崖を下ってしまいました。
2017年12月09日 15:28撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違えて山頂から断崖を下ってしまいました。
2
沢井沢ノ頭
2017年12月09日 15:37撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢井沢ノ頭
2
最後のピークは菊花山。
2017年12月09日 16:05撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピークは菊花山。
3
真下に大月の街、その向こうに岩殿山。
2017年12月09日 16:06撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真下に大月の街、その向こうに岩殿山。
3
大月の街へ落下します。文字通り月面着陸だ・・
2017年12月09日 16:07撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月の街へ落下します。文字通り月面着陸だ・・
4
ゴールです。
2017年12月09日 16:20撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールです。
2
日没前に何とか降りてこれました・・
2017年12月09日 16:20撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没前に何とか降りてこれました・・
2
先ずは列車酒場、氷結500ml!
2017年12月09日 16:36撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは列車酒場、氷結500ml!
5
今日もありがとう!
この後、守屋さん・景信Tさんと八王子途中下車してもう一軒行きました・・
2017年12月09日 19:24撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もありがとう!
この後、守屋さん・景信Tさんと八王子途中下車してもう一軒行きました・・
7

感想/記録

疲れました・・

秋山山稜最後の区間、気の遠くなるようなピークの連続攻撃に最後はヘロヘロでした・・日没になる前に何とか登山道は抜けたいと思い後半はかなり焦りました。
火星(禾生)に不時着することなく、めでたく月面着陸(大月)上野原駅からの赤線が気持ちよく繋がり満足度の高い本日の山行となりました。

あさかわでは守屋さん&景信のTさんが待ち構えており、その後〇げトリオもやって来てにぎやかな本日の締めとなりました。

※そういえば朝、高尾駅でtsuiさんとバッタリ出会いました。ヤマレコから消えてしまったniiniさんと大菩薩コラボとの事でした。

Thanks to aideiei,anoyama-get,hamburg,Jiro moriya and Kagenobu master"T".
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:894人

コメント

九鬼山から大月方面の下り
かなりの急坂なんですねー
その後のトラバース道 ヤバそうですねー
木曜日の雨が、1000mくらいでは雪 だったようですね
アップダウンのキツいお山 お疲れさまでした
2017/12/10 19:43
Re: 九鬼山から大月方面の下り
cyberdocさま今晩は〜

九鬼山からの下りは凍ってなければ全く問題ない道ですが、今回は危ない所がありましたね・・30分前に下って行ったグループにすぐ追いついてしまったんで、何かあるのかと思ったら子供たちをアンザイレンで通過させていた様です 運動靴は滑りますからね・・

私も引率者に見守られて緊張しつつ通過しましたが 上でワイン飲んだなんて絶対言えない雰囲気
2017/12/10 20:35
宿題片付けましたね
subaruさん、こんばんは。

秋まで敬遠したくなるコース、やったんですね。
心配した鈴ヶ音峠も楽々クリア、九鬼山から先のコースはsubaruさんらしい!
馬立山からのミス、私は2回やってしまいました。
何はともあれ、タフなコース踏破お疲れさまでした。
2017/12/10 20:21
Re: 宿題片付けましたね
washin様こんばんは〜

想像以上に厳しいコースでしたね 秋山山稜へのアプローチ、初めてすんなりと稜線に出たのは良かったんですが、そのあとのピークトレースにはホントに参りました 誰もいないので「おめーいい加減にしろよ!このアップダウンめ!!」と口に出して悪態ついてましたね

馬立山の絶壁下り途中で危うく滑落するところでした・・反省
2017/12/10 20:42
平均台と九鬼山からの下り。
 subaru5272さん、こんにちは。
 難所は2か所でしょうか、九鬼山からの下りはすでに経験していますが確かに凍っていたら大変そうですね。平均台はいずれ行く機会があると思っています。少なくてもこの地域に入るのであれば冬場でなくとも登山靴は欠かせないと思いますが、少年少女たちはスニーカーなどだったのでしょうかね。
 私は禾生駅から登り九鬼山・御前山を通り猿橋駅に出ました。今回のsubaruさんのコースの7割は未歩行です。いつか行く機会があるかなあと思いながら読ませていただきました。
 aideieiでした。
2017/12/11 5:06
Re: 平均台と九鬼山からの下り。
aideieiさまコメントありがとうございます

思っていたよりいろいろな意味で激しいコースでした 毎週歩いているのに少し筋肉兇砲覆蠅泙靴

少年少女たちはスポーツクラブかなんかのハイキング何ですかね 前日雪が降った事を考えれば北斜面の偵察をしてから下山路を決めるべきだったと思いますね。
2017/12/11 20:31
いいコースですね
subaruさん あさかわお先に帰りお遭いできなくて残念でした

バス使わないと踏破出来ないルートですね
軽アイゼンそろそろ携帯必須ですね
近いうちに行きたくなりました、九鬼山行ってないし、、。

でわ、、また、、近いうちに

muttyann
2017/12/11 15:06
Re: いいコースですね
muttyannさまコメントありがとうございます

午前中1本だけの上野原駅発8時30分発無生野行に乗り終点までは50分、歩きだしが遅くなるのが難点ですが、歩きごたえのあるコースと思いますよ
夏草が生える前に是非行ってみてください
2017/12/11 20:35
良いコースですね(2)
subaru5272さん
高尾山麓酒場ではありがとうございました。
subaruさんもupwardrightdownwardrightupwardrightdownwardrightコースでしたね。
私は分割して歩きました。さすがsubaruさんです。
41良いですね
九鬼山周辺にまだ未踏区間があり年内に行く予定があるので、雪、落ち葉の様子参考になりました。

hamburg
2017/12/11 18:32
Re: 良いコースですね(2)
hamburgさまコメントありがとうございます

あさかわ合流できて良かった
前日の忘年会による二日酔いは無く、予定通りのコースを歩くことが出来ました しばらくはupwardrightdownwardrightupwardrightdownwardrightのルートも怖くはありませんね
2017/12/11 20:41
スリルとサスペンス
subaruさん こんばんはー 
当日の 朝お会いしましましたが
通うサスペンス 劇場でしたねー
この 平均台怖いですねー、 わたくしは馬乗りで進んだ記憶あります。
また 九鬼山の下り、もっと らくちんな道かと思ってましたが
すっごく急ですねー、わたくしも通りましたがあの時は
乾いていた道だったからだから 良かったけど
冬場は 怖いですねー。
九鬼山のあたりの写真、かなり 夕暮れ近い雰囲気。
日没前の 生還よかったです
では また そのうちに お会いできたら、、
(道志のやまやま 東尾垂の湯が復活したらまた行きたいです)
tsui 
2017/12/11 22:00
Re: スリルとサスペンス
tsuiさまコメントありがとうございます

あそこは私にとってはヤセた岩稜歩きの中で最強です 私は這いつくばって通過しました そして九鬼山の下り、もう少し雪が積もりアイスバーンになったらホントにオソロシイ区間となりますね〜

日が陰って来ているのに、まだ登りに取り掛かっていると本当に焦ります 傾斜の緩い下りでは、なれないトレラン状態でした
2017/12/11 22:11
Subaru5272さん
高畑山付近にも降雪の跡が残っていたんですね。

このコース、細かいところは違うにしても、大筋で同じような道を逆から歩いたことがあります。
大桑山のナイフリッジ、最初に見渡した時は歩いて行ける!と思って一歩踏み出したら・・・ダメでした
腰が引けて馬乗りでスリスリしながら渡りました。

この縦走コースは冬枯れ時が最も歩きやすいように思います。

  隊長
2017/12/14 17:48
Re: Subaru5272さん
yamabeeryuさまコメントありがとうございます

気が付けば雪が降り積もる季節になりました・・歳をとるにつれ、過行く時のスピードがさらに増し、戸惑う今日この頃 装備の切り替えを忘れないようにしないといけませんね

このコース、たしかに落葉した稜線は視界が利き、この時期がベストと思います そして暑い時期にこのアップダウンをやれる自信はありません
2017/12/14 21:26
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ