また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1355762 全員に公開 山滑走甲信越

守門岳

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間38分
休憩
3分
合計
3時間41分
Sスタート地点12:1714:39守門岳14:4215:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

小樽からのフェリーで新潟に着いたのが9時過ぎ。ここから行けるエリアということで守門岳をリストアップしていた。まず2時間かけてスキー場へ向かい、そこからリフトを2本乗り継いでゲレンデトップへ。登山口で2人の山スキーヤーに会う。どうやら途中まで行って引き返してきたようで、途中までトレースがあった。

午後から天気は回復する予報だったが、そもそも出発が正午過ぎと遅いので急ぎ足で歩く。雪は激重。こんなに重い新雪があるのか、北海道とのギャップに驚く。ラッセルを交代しながら高度を上げて主稜線に出るも完全にホワイトアウト。視界は5mくらいだろうか。突然足元の雪面に亀裂が入り、ゴロゴロと音が鳴った。慌てて飛びのくも崩落まではせず。どうやら知らずに雪庇の上に乗っていたようだ。

先に進むかどうか話し合うが、そうするうちにクライマーズレフトに植生が見えたので、これより外側に出ないことにしてもう少し進むことにする。なんとか山頂に立てた。

視界は多少回復したが帰りも怖い。トレースを忠実に辿りながら往路を戻り、平場に出たあたりで南面を下降した。ツリーからいきなりのオープンバーンで意外にも爽快な滑走となり、思わずヒャッホーが出た。もちろん、雪はイマイチ。最後は林道を下りラッセルしてアルペン大会終わりのスキー場に合流。短いながら充実した一日となった。

----------------------------
17-18シーズン使用板カウンター
-----------------------------
FISCHER TRANSALP 80:0
FISCHER RANGER 98 :7★
FISCHER BIGSTIX 122:2
-----------------------------
合計:9
訪問者数:948人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ