また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1359614 全員に公開 山滑走北陸

僧ヶ岳 三ツ倉山経由

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー
 o36
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間3分
休憩
38分
合計
13時間41分
Sスタート地点01:4311:28前僧ヶ岳12:07僧ヶ岳12:4512:59前僧ヶ岳15:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

別又林道
2018年01月14日 01:58撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別又林道
1
林道は片斜面で怖かった
2018年01月14日 03:17撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は片斜面で怖かった
1
取り付き地点から激籔
相当時間を使う
2018年01月14日 04:25撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き地点から激籔
相当時間を使う
1
街も真っ白
2018年01月14日 08:30撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街も真っ白
2
上部林道を越えたあたり
2018年01月14日 08:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部林道を越えたあたり
1
霧氷がきれい
2018年01月14日 08:50撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷がきれい
2
三ッ倉山へ上がる斜面。
雪面50儔爾硬く、ここからクトーを付けて行く
2018年01月14日 09:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ倉山へ上がる斜面。
雪面50儔爾硬く、ここからクトーを付けて行く
1
ちょっとヒヤッとする箇所もあった
2018年01月14日 09:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとヒヤッとする箇所もあった
1
三ッ倉山は巻いていく
2018年01月14日 09:33撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ倉山は巻いていく
1
樹氷のトンネル
2018年01月14日 09:41撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷のトンネル
2
テンションアップ!
2018年01月14日 10:05撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンションアップ!
3
三ッ倉山の巻きは若干登り過ぎ上手なルート工作はできんかった
帰りはシールを張った
2018年01月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ倉山の巻きは若干登り過ぎ上手なルート工作はできんかった
帰りはシールを張った
1
後ろに三ッ倉山
2018年01月14日 10:23撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろに三ッ倉山
2
ラッセルマシーンが行く
2018年01月14日 10:39撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルマシーンが行く
3
ずっとラッセル
2018年01月14日 10:44撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっとラッセル
1
交代で回す
2018年01月14日 10:56撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
交代で回す
1
稜線にでればラッセルから解放されるかと思ったが、若干マシになっただけできつかった
2018年01月14日 11:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線にでればラッセルから解放されるかと思ったが、若干マシになっただけできつかった
1
能登半島まで見渡せる
2018年01月14日 11:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能登半島まで見渡せる
3
前僧ヶ岳を巻く
2018年01月14日 11:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前僧ヶ岳を巻く
1
シュカブラは固そうに見えてフカフカ
2018年01月14日 11:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラは固そうに見えてフカフカ
2
ちっちゃいモンスターみたいなやつ
2018年01月14日 11:57撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちっちゃいモンスターみたいなやつ
1
間もなく僧ヶ岳山頂
長かった
最後までラッセルだった(;´Д`)
2018年01月14日 12:01撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく僧ヶ岳山頂
長かった
最後までラッセルだった(;´Д`)
4
駒と鹿島槍
2018年01月14日 12:09撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒と鹿島槍
1
朝日・雪倉
2018年01月14日 12:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日・雪倉
1
駒と毛勝山をバックに
2018年01月14日 12:12撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒と毛勝山をバックに
2
大好きな山々。
2018年01月14日 12:15撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな山々。
3
イエ〜イ
2018年01月14日 12:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イエ〜イ
2
名残惜しい
2018年01月14日 12:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しい
2
さらば僧ヶ岳
2018年01月14日 12:59撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば僧ヶ岳
1
斜度のゆるいとこはトレースに戻ったりしながら滑って帰った
2018年01月14日 13:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度のゆるいとこはトレースに戻ったりしながら滑って帰った
1
楽しい!
2018年01月14日 13:03撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい!
1
三ッ倉山から上部林道までは最高斜面だった
2018年01月14日 13:46撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ倉山から上部林道までは最高斜面だった
1
真ん中のルンゼを下ってきた
2018年01月14日 14:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中のルンゼを下ってきた
1
お疲れ様でした
2018年01月14日 15:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした
2

感想/記録
by maco

次の休日晴れたら僧ヶ岳と決めていたので、なんか富山はすごいことになっているが行くことにする。
当初は一人で行くつもりだったが、o36さんも予定を変更して一緒に行ってくれることになった。強力パートナーとの山行は楽しいのでうれしかった。

前夜合流し、作戦会議のあと車中泊。いつもそうだがあまり寝れんかった。

橋横の別又林道入口からいきなり深い。おもわず笑ってしまう
林道が右股左岸にさしかかるとこから雪崩のため片斜面になっていた。予想はしていたがちょっと怖かった。
二時間以上かかって、やっと取り付き地点。先が思いやられる

予想外に藪っぽく右往左往してしまう。激藪、深雪、急な斜度に時間と体力がうばわれる。最初の100m上げるだけで大分時間を使ってしまう。
いきなりの降雪のためか、隠れ藪も多く泣きが入る
ピークは踏めないかもと心配になり、山のチョイスを完全に間違えたと思った

900mあたりから斜度もおちつき歩きやすくなった。
このあたりから夜も明けはじめたが、なかなか進まないラッセルに先が思いやられる。それでもポン2台なので少しずつだが高度は上がっていく

一人ひとりで休憩し、トレースを延ばして行く
山頂到着のタイムリミットは14時ぐらいかなぁと話し合い、しかしこんないい天気で敗退はないよねと笑いあう。吹雪なら諦めもつくけど

上部林道を過ぎたあたりからは霧氷がきれいだった

三ッ倉山を巻くと僧ヶ岳ドーン!テンションが上がります。
まだまだ遠いがピークは踏めると確信。
僧ヶ岳が神々しい。これだから冬山はやめられないなぁと思う

稜線に出ればラッセルから解放されると思ったが、ずっとフカフカで、多少ましになったかなという程度、結局山頂までラッセルだった

やっとで山頂着!
やったねぇと固い握手を交わし、明るい時間に帰れると安堵する

日差しはあたたかく景色を楽しみながら休憩していると、ガスが湧いてきた。
毛勝も見えなくなり、いいタイミングで登頂できたなぁと思った。
ガスが出ると急に冷え込み、さあ帰りましょう

最高の景色の中の滑降は楽しかった!

最後、下部の藪尾根は避けて尾根左手の沢地形に入る
雪崩まくりだったがなんとか下る
無事、林道着。あとは林道を漕いで駐車地まで帰った。

こうゆうのが完全燃焼なんだなぁと思った。





訪問者数:522人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ