また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1360481 全員に公開 雪山ハイキング九州・沖縄

黒髪山3P

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅(佐世保市)より車で50分。龍門ダム駐車場(50台以上駐車可)有田駅からだとタクシー利用が便利。有田ダムからだと徒歩可(但し登るルートが変わる)黒髪山まで登るだけなら乳待坊からが最も近い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
48分
合計
5時間43分
Sスタート地点08:2809:58牧ノ山09:5910:45青牧峠11:29青螺山11:3412:10テラス(昼食)12:3412:39見返峠12:56黒髪山13:1413:19蛇焼山13:33後の平13:37鬼の岩屋14:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
後黒髪東峰。西峰まで回るとあと1時間プラス。前回は前黒髪まで含めて1周したがその場合は準備も周到に。今日のこのコースは途中いくつものエスケープルートも有り体力測定も兼ねて鍛錬登山としては最も選択しやすい。
コース状況/
危険箇所等
牧山、青螺山コースは至る所、やせ尾根やロープ箇所(10ヶ所以上)あり健脚向け。危険箇所は無いが、岩場が多くどのコースも下りが「超急勾配」の為、雨天時や足下が濡れている時は木の根や落ち葉で相当に滑る。雪の日は言うまでも無い。
その他周辺情報有田温泉(西松浦郡有田町南原甲902)600円・定休日(水)、伊万里温泉白磁乃湯(伊万里市立花町2402−1)700円・不定休、黒髪の森温泉天童の湯(武雄市山内町大字宮野1593-2)400円・定休日(水)、
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

年明け2回目の山はHG黒髪山。二日前からの雪がまだ残っていることを期待していざ。左から牧、青螺、天童、前黒と今日もきれいに静座してます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年明け2回目の山はHG黒髪山。二日前からの雪がまだ残っていることを期待していざ。左から牧、青螺、天童、前黒と今日もきれいに静座してます。
1
龍門ダムの湖面はいつも優しく迎えてくれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍門ダムの湖面はいつも優しく迎えてくれる。
2
龍門を象徴する三つ岩がきょうも元気に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍門を象徴する三つ岩がきょうも元気に。
午前8時、駐車場はまだまばら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前8時、駐車場はまだまばら。
黒髪連山3P(スリーピークス)へいざ出発。第1峰手前の岩山が左から蟹岩、衝立岩、蛙岩と並んで出迎え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒髪連山3P(スリーピークス)へいざ出発。第1峰手前の岩山が左から蟹岩、衝立岩、蛙岩と並んで出迎え。
登山道入口手前の水汲み場。入口はこの左手から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入口手前の水汲み場。入口はこの左手から。
ここが正規の入り口ですが(牧山)最近は橋の手前からみんな入るようになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが正規の入り口ですが(牧山)最近は橋の手前からみんな入るようになりました。
この看板が目印、この先の看板が出るまでが道不明につき要用心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板が目印、この先の看板が出るまでが道不明につき要用心。
ツタや葛のトンネルをくぐり抜ける、およそ登山道らしからぬ道が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツタや葛のトンネルをくぐり抜ける、およそ登山道らしからぬ道が。
1
この看板まで来ればあとは安心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板まで来ればあとは安心。
バクチノキ(博打ノ木)が出迎え。身ぐるみはがされ赤身を曝すことから・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バクチノキ(博打ノ木)が出迎え。身ぐるみはがされ赤身を曝すことから・・・
1
定番の一服スポット、21ポイント。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番の一服スポット、21ポイント。
1
この先キックターン!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先キックターン!
最初のロープ箇所から一旦下り(5分)、衝立岩に足を運びダムと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のロープ箇所から一旦下り(5分)、衝立岩に足を運びダムと、
2
国見連山を見るのが恒例。まるで美ヶ原から見る北アルプス並の光景が眼前に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見連山を見るのが恒例。まるで美ヶ原から見る北アルプス並の光景が眼前に。
2
さあいよいよ最初の急勾配!この看板の文句に救われますか、それとも?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあいよいよ最初の急勾配!この看板の文句に救われますか、それとも?
1
滑らないように、ひたすら登るだけです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑らないように、ひたすら登るだけです。
1
やがて曲がり尾根に出て。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて曲がり尾根に出て。
1
ここで本日最初のフィールドサイン(FS)に遭遇。どうやらアナグマのよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで本日最初のフィールドサイン(FS)に遭遇。どうやらアナグマのよう。
2
猪二郎もかき混ぜてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪二郎もかき混ぜてます。
待望のうさちゃん発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待望のうさちゃん発見。
気がつけばこの数日誰も歩いていないこのルート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気がつけばこの数日誰も歩いていないこのルート。
山頂直下の蛙岩から望む北アルプス。あれが常念、左が蝶?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の蛙岩から望む北アルプス。あれが常念、左が蝶?
2
一人で馬鹿なこと言ってる間に1座目「牧山」到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人で馬鹿なこと言ってる間に1座目「牧山」到着。
2
少しばかりの平らな山頂だけどいつも心地よい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しばかりの平らな山頂だけどいつも心地よい。
スタートしてすぐ右折!この分岐は重要。直進すると大変なことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートしてすぐ右折!この分岐は重要。直進すると大変なことに。
3匹目のFSに遭遇。どうやら今度はテンか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3匹目のFSに遭遇。どうやら今度はテンか。
1
林を抜けテンテンと続いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林を抜けテンテンと続いています。
3Pにはカウントしないが結構きつい牧曲。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3Pにはカウントしないが結構きつい牧曲。
しばらく下ると龍門からの直登ルート(右)と出会う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく下ると龍門からの直登ルート(右)と出会う。
平坦で快適な縦走路を進むと青牧峠。大川内分岐(左)が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦で快適な縦走路を進むと青牧峠。大川内分岐(左)が。
1
さらにしばらく進むと見返り峠へのバイパス分岐が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにしばらく進むと見返り峠へのバイパス分岐が。
青螺手前の大絶壁。駐車場からも見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青螺手前の大絶壁。駐車場からも見えます。
1
見下ろせばダムサイトとPが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見下ろせばダムサイトとPが。
本日第2座、青螺到着です。618m・黒髪山系最高峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日第2座、青螺到着です。618m・黒髪山系最高峰。
1
手前に虚空蔵山、向こうに多良山系が広がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に虚空蔵山、向こうに多良山系が広がります。
3
青螺からの下りは雪もあって命からがら、やっとの思いで青牧峠分岐(右)に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青螺からの下りは雪もあって命からがら、やっとの思いで青牧峠分岐(右)に到着。
この下のテラスからの眺めがマイスイートスポット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この下のテラスからの眺めがマイスイートスポット。
3
5分で見返り峠。黒髪山のスクランブル交差点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分で見返り峠。黒髪山のスクランブル交差点。
凝灰岩中にくるまれた、お馴染みピッチストーン(推定)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凝灰岩中にくるまれた、お馴染みピッチストーン(推定)。
2
天童岩直下の恐怖の階段。雪が多いともっと怖いかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天童岩直下の恐怖の階段。雪が多いともっと怖いかも。
本日第3座、天童岩(黒髪山)到着。辺りに5人の登山者が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日第3座、天童岩(黒髪山)到着。辺りに5人の登山者が。
3
転びながらスイスイ下って鬼の岩屋でつららが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転びながらスイスイ下って鬼の岩屋でつららが。
龍門ダム駐車場帰着。今日も無事3P回り終えました。FSはアナグマ1匹、テン4匹、ウサギ3匹、イノシシ多数。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍門ダム駐車場帰着。今日も無事3P回り終えました。FSはアナグマ1匹、テン4匹、ウサギ3匹、イノシシ多数。
本日のコース断面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のコース断面。
1
黒髪山系にはハイノキ科の樹木がとても多く、春には山が白くなります。画面のハイノキは燃やした後の灰を媒染剤として利用するところから名付けられた有用材。白い喰痕が目印。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒髪山系にはハイノキ科の樹木がとても多く、春には山が白くなります。画面のハイノキは燃やした後の灰を媒染剤として利用するところから名付けられた有用材。白い喰痕が目印。
続いてミミズバイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いてミミズバイ。
カンザブロウノキ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カンザブロウノキ。
そして珍しいシロバイ。スピード注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして珍しいシロバイ。スピード注意。
1
最後に真っ白な花を咲かせたクロバイ。この木はほとんど前黒髪側にのみ生育。(画像は4月末)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に真っ白な花を咲かせたクロバイ。この木はほとんど前黒髪側にのみ生育。(画像は4月末)
1

感想/記録
by MISB

黒髪連山3P(スリーピークス)。勝手にそう名付けていますが実際はもっと沢山のピークを含むハードワークな低山です。ここを回ると自分の体力が一目で分かりますし、牧から青牧峠までは殆ど登山者と遭遇しないので静かな山旅が味わえる好きなエリアです。途中「黒髪山を守る連絡協議会」の名事務局長Y氏の手作りでユニークな看板が心和ませてくれます。いつも思うのですがどのピークからも下りが相当に危険で、低山と甘く見てると思わぬ罠にはまりますのでくれぐれもご用心を。例年遭難事故が絶えないようです。
訪問者数:182人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ