また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1360937 全員に公開 ハイキング東海

牛ヶ峰(高山)717m

日程 2018年01月15日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、
新東名高速道路 新静岡出口から7km(12分)にある谷沢(やざわ)公民館起点の周回コースです。谷沢公民館手前600メートル程のところ足久保川沿いの道路の広い路肩に駐車しました。何ヵ所かあり結構停められます。カーナビでは足久保小学校がお勧めです。小学校から少しはいります。谷沢公民館近くにバス停(谷沢)があります。結構本数多いようです。行きも帰りもバスの後ろを走りました。(奥長島行き?)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間16分
休憩
1時間4分
合計
4時間20分
S谷沢(やざわ)09:5511:38高山12:4213:17水見色峠14:15谷沢(やざわ)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
一部林道を通りますが大半が土コースで楽しめます。市民の森なのでしっかり幅のあるコースをイメージしていましたがそうではありませんでした。最後に林道に出るところで道標の示す左に降りず道標が示さない真っ直ぐ進み少し尾根を登り林業伐採地の急斜面を降りました。かなり急斜面で尻餅を突きました。
コース状況/
危険箇所等
最後に林道に出る前の道標を真っ直ぐ進むとじきに両側が切り立った斜度70度から80度の崖のある幅80センチ程の橋のような道が現れます。さくもロープも止めてくれる木や草も無く砂礫だけの崖に落ちれば林道側で30メートル山側でも15メートルは転がるでしょう。幸いにその橋のような土道は鉋(かんな)で削ったように真っ平らでしたのでつまずくことなく通過することが出来ました。下山は無理に土道を求めなくても管理用道路(林道)で降りられます。
その他周辺情報シズモール西ケ谷日帰り温泉がお勧めです。ごみ焼却熱で温泉を加熱しています。サウナは有りませんがシンプルで小綺麗で落ち着いています。4時終了。3時半最終受付。月曜日火曜日休みです。月曜日で休みだったのでいつもの美肌湯に行きました。美味しいコーヒー飲み放題で1時間580円です。なぜかここに行くことが多いのでポイントカードを作りました。100円ごとに1ポイント350ポイントでフリー入館1回無料。ポイントカードを作るのに200円必要。果たして元は取れるのでしょうか?60回入浴すると一回無料になります。(笑)
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

足久保川沿いに車を止めます。何ヵ所かある路肩に結構止められます。
2018年01月15日 09:56撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足久保川沿いに車を止めます。何ヵ所かある路肩に結構止められます。
谷沢公民館です。
2018年01月15日 10:04撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷沢公民館です。
周回起点の分岐どちらからでも回れます。左は変化のある土道、右は舗装林道と直線急登の組合せです。左へ回るのがお勧めです。
2018年01月15日 10:09撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回起点の分岐どちらからでも回れます。左は変化のある土道、右は舗装林道と直線急登の組合せです。左へ回るのがお勧めです。
林道突き当たりの登山口モノラックレールに沿って真っ直ぐ入ります。
2018年01月15日 10:22撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道突き当たりの登山口モノラックレールに沿って真っ直ぐ入ります。
沢を登ります。
2018年01月15日 10:23撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を登ります。
敷地への分岐きです。
2018年01月15日 11:02撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敷地への分岐きです。
こんな分岐もありますが道標あるのです迷いません。
2018年01月15日 11:03撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな分岐もありますが道標あるのです迷いません。
お茶のトンネルでしょうか?変化のあるコースです。
2018年01月15日 11:19撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お茶のトンネルでしょうか?変化のあるコースです。
1
富士山が見えました。
2018年01月15日 11:29撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見えました。
1
身延山地から顔を出す富士山
2018年01月15日 11:31撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身延山地から顔を出す富士山
1
安倍奥を望む
2018年01月15日 11:33撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安倍奥を望む
2
展望台があるが頂上が開けているので昇らない方が良く見える。
2018年01月15日 11:34撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台があるが頂上が開けているので昇らない方が良く見える。
賤機山(しずはたやま)越しに有度山
2018年01月15日 11:36撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賤機山(しずはたやま)越しに有度山
1
こんなアングルで撮ってみました。
2018年01月15日 12:20撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなアングルで撮ってみました。
5
カモシカの子供でしょうか?
2018年01月15日 12:27撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカの子供でしょうか?
3
2等三角点717m?ヤマレコでは712m私の持っているガイドブックでは716mになってました。
2018年01月15日 12:40撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2等三角点717m?ヤマレコでは712m私の持っているガイドブックでは716mになってました。
1
頂上から降りるコースがなかなか見付かりませんでした。もとのコースの入口は丸太の山で埋め尽くされていました。赤テープ有り難うございます。
2018年01月15日 12:44撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から降りるコースがなかなか見付かりませんでした。もとのコースの入口は丸太の山で埋め尽くされていました。赤テープ有り難うございます。
林業伐採地斜面を下りました。
2018年01月15日 13:38撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業伐採地斜面を下りました。
結構滑ります。尻餅1回
2018年01月15日 13:43撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構滑ります。尻餅1回
可愛い滝がありました
2018年01月15日 13:58撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛い滝がありました
2
足久保川に戻りました。
2018年01月15日 14:15撮影 by 404SC, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足久保川に戻りました。

感想/記録

市民の森の山のコースなのであまり期待してませんでしたが、これが変化に富んでなかなか面白いコースでした。広く開けた頂上からの景観は圧巻です正面には眼下を流れる安倍川その後ろに7劼△謖裕〇魁覆靴困呂燭笋沺砲端から端まで見えその奥には有度山が丸々見えます。左に目を移すと竜爪山に始まり真富士山、青笹山、十枚山と身延山脈の全てが遮るものなく見えます。また、身延山脈の奥からのぞく富士山の勇壮な姿も圧巻です。
訪問者数:347人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ