また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1361087 全員に公開 ハイキング近畿

竜王山、巻向山ーダンノダイラ

日程 2018年01月15日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:(奈良交通)天理駅前バス停ー柳本バス停
復路:近鉄大和朝倉駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間13分
休憩
1時間19分
合計
8時間32分
S奈良交通柳本バス停08:5609:42不動の滝10:47長岳寺奥の院10:5411:03林道出合11:0911:20龍王山11:5514:14巻向山14:4517:28大和朝倉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<コースルート>
奈良交通柳本バス停ー天理市トレイルセンター(沢上りルート)ー竜王山ー巻向山ーダンノダイラー不動寺奥ノ院ー黒崎ー近鉄朝倉駅
<コース状況>
・竜王山の頂上付近はうっすらと雪が積もっていたが、アイゼンは不要。
・竜王山から下山し、舗装された林道に突き当たった後、林道のどの位置から南の山道に分け入るか、が結構悩ましい。トレイルセンターで、職員の方から、道を間違えぬよう慎重に行くよう事前に注意された。地形図をよく見て行く必要あり。
・巻向山の山頂からダンノダイラへの入口はなかなか、発見できず難しい。事前にガイドブック、WEBで情報を確認していく必要がある。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

柳本バス停を下車し、長岳寺の天理市トレイルセンターへ向かう。
2018年01月15日 09:01撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳本バス停を下車し、長岳寺の天理市トレイルセンターへ向かう。
1
天理市トレイルセンター、改築されセンターの内装は洗練されている。
2018年01月15日 09:04撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天理市トレイルセンター、改築されセンターの内装は洗練されている。
崇神天皇陵の横を通過。
2018年01月15日 09:29撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崇神天皇陵の横を通過。
崇神天皇陵を過ぎて、南側の沢ルートで竜王山へ向かう。
2018年01月15日 09:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崇神天皇陵を過ぎて、南側の沢ルートで竜王山へ向かう。
東の方向に見える霞がかかった金剛葛城山系、稜線がクッキリと見える。
2018年01月15日 09:36撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の方向に見える霞がかかった金剛葛城山系、稜線がクッキリと見える。
竜王山の古墳群の横を通過。
2018年01月15日 09:53撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜王山の古墳群の横を通過。
1
木製階段。
2018年01月15日 10:41撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木製階段。
長岳寺奥ノ院、山道の左脇道。 不動明王あり。
2018年01月15日 10:47撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長岳寺奥ノ院、山道の左脇道。 不動明王あり。
奥ノ院の不動明王像。
2018年01月15日 10:49撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ノ院の不動明王像。
トレイルセンターからの尾根道との出合。
2018年01月15日 11:03撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレイルセンターからの尾根道との出合。
柳本竜王社を経て南白本丸へ。 山道は薄雪が積もっている。
2018年01月15日 11:10撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳本竜王社を経て南白本丸へ。 山道は薄雪が積もっている。
竜王山頂上585.7m。霞がかった天理・桜井の山里と金剛・葛城の山並み、青空に千切れ雲、素晴らしい展望。
2018年01月15日 11:21撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜王山頂上585.7m。霞がかった天理・桜井の山里と金剛・葛城の山並み、青空に千切れ雲、素晴らしい展望。
2
山頂から東側の金剛・葛城の山並みが素晴らしい。
2018年01月15日 11:24撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から東側の金剛・葛城の山並みが素晴らしい。
2
竜王山を下山し、巻向山へ向かう。 山道の木の幹に黄色の簡易道標。
2018年01月15日 11:54撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜王山を下山し、巻向山へ向かう。 山道の木の幹に黄色の簡易道標。
舗装路との出合。黄色の小プレートに東ー笠荒神、南ー巻向山・長谷寺方面。一旦東に向い、巻向山方向に進もうとしたが、道迷い断念。ここに戻り南に向かう。
2018年01月15日 12:10撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路との出合。黄色の小プレートに東ー笠荒神、南ー巻向山・長谷寺方面。一旦東に向い、巻向山方向に進もうとしたが、道迷い断念。ここに戻り南に向かう。
農道風の舗装路を地形図と照合しながら進む。
2018年01月15日 13:18撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農道風の舗装路を地形図と照合しながら進む。
農道風の舗装路を横切り、山道に入る。 獣害対策の金網柵を外して巻向山へ向かう。
2018年01月15日 13:28撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農道風の舗装路を横切り、山道に入る。 獣害対策の金網柵を外して巻向山へ向かう。
巻向と笠荒神を結ぶ車道を渡り、巻向山へのハイキングコースを進む。
2018年01月15日 13:39撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻向と笠荒神を結ぶ車道を渡り、巻向山へのハイキングコースを進む。
巻向山方面への道標。
2018年01月15日 13:40撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻向山方面への道標。
道標に従って。
2018年01月15日 13:49撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標に従って。
登山道の脇に巻向山山頂への道。
2018年01月15日 14:12撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の脇に巻向山山頂への道。
巻向山山頂567.1m、木々に囲まれ見通しは効かない。
2018年01月15日 14:15撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻向山山頂567.1m、木々に囲まれ見通しは効かない。
1
山頂よりダンノダイラに向かう。
2018年01月15日 14:34撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂よりダンノダイラに向かう。
下りの山道の枝道を東へ折れたが誤り、元の方向へ。
2018年01月15日 14:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの山道の枝道を東へ折れたが誤り、元の方向へ。
山道から笹薮に覆われた道に入り、少し下るといわゆるアンテナ基地あり。ここから急傾斜の杉植林の斜面を降下する。
2018年01月15日 14:55撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道から笹薮に覆われた道に入り、少し下るといわゆるアンテナ基地あり。ここから急傾斜の杉植林の斜面を降下する。
ダンノダイラへの道標。
2018年01月15日 14:58撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンノダイラへの道標。
山道の西脇に見られた注連縄を張られた大石。
2018年01月15日 15:08撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道の西脇に見られた注連縄を張られた大石。
磐座(イワクラ)、山道の反対方向に注連縄を張られた巨石。
2018年01月15日 15:09撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐座(イワクラ)、山道の反対方向に注連縄を張られた巨石。
ダンノダイラより不動寺奥ノ院へ。
2018年01月15日 15:53撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンノダイラより不動寺奥ノ院へ。
途中にダンノダイラの遺跡とその説明。
2018年01月15日 15:55撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にダンノダイラの遺跡とその説明。
1
不動寺奥ノ院に到着。
2018年01月15日 16:02撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動寺奥ノ院に到着。
不動寺奥ノ院。
2018年01月15日 16:02撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動寺奥ノ院。
黒崎と不動寺を結ぶ参道へ上がり、黒崎へ。
2018年01月15日 16:13撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒崎と不動寺を結ぶ参道へ上がり、黒崎へ。
16時半、日没が近づいている、なかなか良い山里の道だが味会う余裕なし。突然、山側へ一頭の鹿が駆け上がって行った。
2018年01月15日 16:35撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時半、日没が近づいている、なかなか良い山里の道だが味会う余裕なし。突然、山側へ一頭の鹿が駆け上がって行った。
17時過ぎ、朝倉小学校に到着。
2018年01月15日 17:05撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17時過ぎ、朝倉小学校に到着。
朝倉小学校から正面の国道165号線を近鉄大和朝倉駅に向かい、朝倉駅で解散。
2018年01月15日 17:05撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝倉小学校から正面の国道165号線を近鉄大和朝倉駅に向かい、朝倉駅で解散。

感想/記録

竜王山から巻向山への道は、わかりにくく、行きつ戻りつ道迷いをしてしまった。竜王山から下山し、三叉路になった舗装路に出合う、東(左折)すれば笠荒神方面、南(右折)すれば巻向山方面。ガイドブックに忠実にと、左折し、笠荒神への道を右折(南下)し、巻向駅と笠荒神を結ぶ自動車道を渡るつもりであったが、いくつかの南下する枝道を見誤り、笹薮にある踏み跡のある枝道を選ぶが行き止まり。結局、もとの出合地点に戻り、地形図を慎重に辿り、巻向山に向かうことができた。次は巻向山からの下山時に通過するダンノダイラ。このダンノダイラへ降りる枝道がなかなかわからない。背丈ほどの笹薮についている踏跡から入りしばらく進むと、目印のアンテナ基地があり、この傍の踏み跡に見える箇所より降下していくと、注連縄を絞めた磐座(イワクラ)が見えた。竜王山ー巻向山、巻向山ーダンノダイラの道は分かりにくい。帰宅後、WEBで調べると、もっと道迷いを防げるいろいろな資料がみつかった。この方面に行かれる方は分かり難いことを前提に事前調査をしていかれることをお奨めする。 
訪問者数:319人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ