また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1361162 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

根石岳(夏沢鉱泉前泊)

日程 2018年01月15日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉分岐に駐車し、夏沢鉱泉の送迎を受ける
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
48分
合計
4時間33分
S夏沢鉱泉07:0908:01オーレン小屋08:0708:58箕冠山09:0609:14根石山荘09:2509:35根石岳09:4409:49根石山荘09:58箕冠山10:0310:38夏沢峠10:39山びこ荘10:4010:57オーレン小屋11:0511:42夏沢鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
箕冠山から根石岳間は暴風注意です。オーレン小屋から箕冠山へのトラバース気味のルートは深雪時は通行困難との看板があり、夏沢峠経由を推奨されていましたが、この日はどちらも完璧なトレースがありました。
その他周辺情報夏沢鉱泉に1泊し、翌朝根石岳に登りました。夏沢鉱泉の夕食はボタン鍋も出ました。下山後の入浴もさせていただきました。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

諏訪湖パーキングから眺める八ヶ岳
2018年01月14日 14:05撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖パーキングから眺める八ヶ岳
4
段々近づきテンション↑
2018年01月14日 15:12撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々近づきテンション↑
10
唐沢鉱泉の分岐に車をとめて、ここから桜平まで夏沢鉱泉の送迎車に乗せてもらいます
2018年01月14日 16:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉の分岐に車をとめて、ここから桜平まで夏沢鉱泉の送迎車に乗せてもらいます
2
桜平で降車後、約30分林道を歩き
2018年01月14日 16:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜平で降車後、約30分林道を歩き
2
夏沢鉱泉に到着です
2018年01月14日 16:38撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉に到着です
4
夏沢鉱泉前から見る北アルプス 明日も晴れそう
2018年01月14日 16:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉前から見る北アルプス 明日も晴れそう
3
マイナス14度
2018年01月14日 16:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイナス14度
3
樹林帯を進みます
2018年01月15日 07:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を進みます
3
根石岳が目前
2018年01月15日 09:08撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳が目前
12
天狗岳も視界に入りました
2018年01月15日 09:08撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳も視界に入りました
3
みんなテンションあがります
2018年01月15日 09:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんなテンションあがります
6
根石と西天狗
2018年01月15日 09:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石と西天狗
7
最後の登り
2018年01月15日 09:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り
3
根石岳山荘がひっくり返っているように見えます
2018年01月15日 09:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳山荘がひっくり返っているように見えます
8
遠くまで見えます
2018年01月15日 09:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くまで見えます
3
天狗岳も目の前
2018年01月15日 09:38撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳も目の前
7
硫黄岳、赤岳
2018年01月15日 09:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳、赤岳
4
硫黄岳 赤岳も
2018年01月15日 09:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳 赤岳も
7
この方向に戻ります
2018年01月15日 09:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この方向に戻ります
2
かちんこちんの頂上
2018年01月15日 09:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かちんこちんの頂上
10
名残惜しいけど風強すぎ
2018年01月15日 09:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいけど風強すぎ
7
帰りは箕冠山から夏沢峠を目指します
2018年01月15日 10:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは箕冠山から夏沢峠を目指します
3
八ヶ岳らしい風景
2018年01月15日 10:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳らしい風景
6
硫黄岳が迫ります
2018年01月15日 10:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳が迫ります
3
ヒュッテ夏沢
2018年01月15日 10:38撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ夏沢
5
夏沢鉱泉に無事下山 鉱泉前から穂高を眺める
2018年01月15日 13:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉に無事下山 鉱泉前から穂高を眺める
7

感想/記録

 職場の山仲間3人と夏沢鉱泉前泊日帰りで根石岳に登りました。山仲間では最強の雨男、Kさんが参加されましたが、今回は最初から最後まで晴天に恵まれました。
 車を唐沢鉱泉との分岐に駐車して、桜平まで夏沢鉱泉の送迎車にお世話になりました。分岐に16時ピックアップしてもらい。桜平からは30分ほど歩いて夏沢鉱泉に到着。午後5時半からの食事を頂き、お風呂にも入って個室でゆっくりできました。
 翌日は午前6時の朝食を頂き、午前7時過ぎに根石岳目指して出発しました。八ヶ岳らしい樹林帯を進むとオーレン小屋に着きます。休業中ですが冬季小屋はあるようでした。オーレン小屋からは箕冠山を目指します。しっかりとしたトレースがあり、歩きやすくて助かります。箕冠山は山頂らしからぬ分岐点。ここから根石岳方向に向かうとすぐに樹林帯が切れ、強風が吹きすさぶコルに出ます。この辺りまで来れば大絶景が広がり、テンションはマックスです。休業中の根石岳山荘で風を除け、ゴーグルを着用して身支度を整えて山頂に向かいます。風で雪が飛ばされ、凍った岩場の道になり、飛ばされないように慎重に進みます。山頂からは天狗岳は目と鼻の先、しかし、午後2時半の桜平発の送迎車に乗ることになっており、天狗岳はパスして戻ります。箕冠山から夏沢峠への道を選びます。段々と近づく硫黄岳が迫力です。こちらも明確なトレースを辿り、夏沢ヒュッテ、オーレン小屋を経由して夏沢鉱泉に戻りました。
 夏沢鉱泉でカレーライスを食し、もう一度入浴させていただき、送迎出発までまったりさせていただきました。
訪問者数:617人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 コル テン 前泊 ヒュッテ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ