また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363246 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

一日目は芦屋地獄谷、二日目道畔谷

日程 2018年01月19日(金) 〜 2018年01月20日(土)
メンバー
天候長閑な晴れ。
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間30分
休憩
2時間45分
合計
7時間15分
S城山・荒地山方面分岐点09:3310:42高座谷への分岐10:57七右衛門嵒11:00ブラックフェース(基部)11:1211:16テーブルロック11:2211:38ブラックフェース(基部)11:3911:59テーブルロック12:0612:12七右衛門嵒12:16キャッスルウォール(基部)12:2512:23奥高座の滝12:2512:42高座谷への分岐12:4312:57鷹尾山12:5814:19高座谷への分岐16:2416:30高座の滝16:3116:46ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

A懸で遊ぶが、恐怖感が抜けない。
中途から戻るのも、結構怖いのに。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A懸で遊ぶが、恐怖感が抜けない。
中途から戻るのも、結構怖いのに。。。
1
暑すぎて、猫居ない!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑すぎて、猫居ない!
4
感謝で、一時帰宅。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
感謝で、一時帰宅。
1
目覚まし時計が消えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目覚まし時計が消えている。
2
家を出る時着込んでいた服でパンパン!
。完全夏服で終了まで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家を出る時着込んでいた服でパンパン!
。完全夏服で終了まで。
2
宝泉水を真っ直ぐに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝泉水を真っ直ぐに。
1
前回気になった左へ上る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回気になった左へ上る。
1
崩れている!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れている!!!
2
お茶したい程、いい場所なんだけど。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お茶したい程、いい場所なんだけど。。。
1
早いとこ退散しないと。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早いとこ退散しないと。。。
2
20世紀の遺物!
何の跡だろう??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20世紀の遺物!
何の跡だろう??
2
最後は踏み跡しっかりで岩尾根に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は踏み跡しっかりで岩尾根に合流。
1
ブラックフェースも恐怖感に勝てず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブラックフェースも恐怖感に勝てず。
2
大好きな岩梯子巻道周辺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな岩梯子巻道周辺。
2
奥高座の滝中央を降りることに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥高座の滝中央を降りることに。
1
氷の消えた奥高座の滝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の消えた奥高座の滝。
1
今度は右へ下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は右へ下ります。
1
右のドラム缶から人の声が聞こえるので、
予定変更で左へ上る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のドラム缶から人の声が聞こえるので、
予定変更で左へ上る。
1
疲れたので、左へ上る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れたので、左へ上る。
2
空中庭園で予定のオレンジ岩を眺めながら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空中庭園で予定のオレンジ岩を眺めながら。
1
第三鉄塔でシャツを乾かしていたら、
まさかのモニュメント作成。
写真は後日。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三鉄塔でシャツを乾かしていたら、
まさかのモニュメント作成。
写真は後日。
1
兎にも角にも感謝です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎にも角にも感謝です!
3

感想/記録
by _rara_

一日目は、地獄谷探索、二日目は道畔谷探索の予定でしたが、
一日目はカメラを忘れ、二日目は遊び心に負けて、散々でした。

でも、しかし、何が在るか解らない山の中。
三回目の岩尾根で、道畔谷に下りるルートを考えていたら、
暇人に見えたのだろう。。。
鍬とスコップを持った山男に誘われた。
「石を運ぶのを手伝ってもらえないかな」と。
円らな瞳が優しく微笑みかけてくる。
時間はまだまだあった。。。。
今日は気候も良いし、気分も上々。
断る理由もないと、着いていく。

気付いたら、夕方。
かふぇH&S前では、大宴会。
ariさん、NAOさんも酔っぱらっていて可愛い!

いつもの如く、新年の挨拶を忘れていたと気づく頃には海抜40メートル。
急ぐので、芦屋川右岸を習慣通り下りると、
いっつも閉まっているスカイハイが開いている。
時計と睨めっこをしながら入る。
いつも山を駆け回っている女主人と少し会話。
欲しいものがイッパイある。
衝動買いになりそうなので、後ろ髪をひかれつつ、そこそこに退散。

<二日目の軌跡覚書>
・芦屋川右岸道↑ 入山者は駅前の大勢の中から二人だけ。
・道畦谷左俣・枝↑ 前回気になった赤ペンキを進む。
          急登と藪に悩まされる。岩崩跡は恐怖の一言。
・荒地山岩尾根↑ 一回目。
・荒地山岩尾根〜奥高座谷↓ いつも真新しいティッシュが落ちている。
・ブラックフェース巻道↑ 人気なのか5組ほど登攀。
・岩梯子巻道↓ 三組が登攀。親子連れには岩梯子を推奨しました。
・キャッスルウォーク側道↓ 落ち葉が滑ります。
・高座谷〜荒地山岩尾根↑ 城山回避には最適?!
・荒地山岩尾根↓ 二回目。
・城山鉄塔巡視道↓ 一か月で大分荒れてきた。
・芦屋川右岸道↑
・道畔谷東尾根〜道畔谷左俣↑
・荒地山岩尾根↓ 三回目。
・高座谷〜荒地山岩尾根↓ やっぱり下りる方が楽。
・高座谷・左俣↓ イノシシ不在。・…多分こんな感じで歩いた。
訪問者数:206人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/11
投稿数: 1088
2018/1/23 12:41
 冬とは思えん陽気やったね〜
眩しい陽射しがあると、山へ行きたくなりますね
連荘で六甲でしたか
景色は霞がかかって、神戸港がグレーだったのは残念やったけど
ららさんと、(^o^)なんとなく会える気がしました
ほなまた(^_^)/~
登録日: 2016/1/2
投稿数: 118
2018/1/23 13:53
 Re: 冬とは思えん陽気やったね〜
お二人とも、気持ち好さげにしていましたね。
陽気のせいばかりでは、なさそうでしたが。。。(笑)。
寒気が来たので、今度はあの山の上で。。。。らら。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 左俣 右岸 イノシシ 登攀
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ