また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363377 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

妙法ヶ岳 北東尾根から

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日午後11:40ごろ、大滝神庭交流広場に駐車、車中泊。
トイレあり、ただし冬季閉鎖中。
駐車場入り口にゲートあり。開いていた。開閉基準不明。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間0分
休憩
1時間30分
合計
6時間30分
S大滝神庭交流広場04:4005:00登竜橋05:10北東尾根取り付き05:2006:00729高地06:401072三角点下の岩峰07:0007:301253高地07:5009:00三峯神社奥宮09:3010:00三峯神社10:1011:10大滝神庭交流広場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
北東尾根は一般ルートではない。
その他周辺情報大滝温泉遊湯館(道の駅) 一般700円+貴重品ロッカー100円
ぬるぬるアルカリ単純泉。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハーネス 8?×20mロープ 8環 環付きビナ シュリンゲ 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 着替え ザック 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ヘルメット

写真

729高地のすぐ先、伐採跡地。
2018年01月20日 05:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
729高地のすぐ先、伐採跡地。
1
1072三角点手前の岩峰郡。手前のやつは登ったが、先人の記録に登場する展望のよい岩峰は奥のものだろう。左手から二つの岩峰の間に出て、奥の岩峰を右から巻いた。巻きすぎて奥のやつは登り損ねた。
2018年01月20日 06:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1072三角点手前の岩峰郡。手前のやつは登ったが、先人の記録に登場する展望のよい岩峰は奥のものだろう。左手から二つの岩峰の間に出て、奥の岩峰を右から巻いた。巻きすぎて奥のやつは登り損ねた。
1
1072三角点手前。奥のアセビの茂みがあるピークは、前の写真の「奥の岩峰」とキレットを挟んで対峙。このキレットのせいで岩峰に登らなかった。天気もいまいちだったので。
2018年01月20日 06:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1072三角点手前。奥のアセビの茂みがあるピークは、前の写真の「奥の岩峰」とキレットを挟んで対峙。このキレットのせいで岩峰に登らなかった。天気もいまいちだったので。
1
1253高地の先、ヤセ尾根
2018年01月20日 07:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1253高地の先、ヤセ尾根
頂上部の崖に阻まれる。
2018年01月20日 07:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上部の崖に阻まれる。
左に巻いて振り返る。このバンドは踏み跡というより岩盤上を土壌が滑った自然地形のような気が。落ち葉フカフカに見えるが、コチコチに凍っている。
2018年01月20日 08:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に巻いて振り返る。このバンドは踏み跡というより岩盤上を土壌が滑った自然地形のような気が。落ち葉フカフカに見えるが、コチコチに凍っている。
頂上から真東に派生する尾根。これに取り付いた。
2018年01月20日 08:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から真東に派生する尾根。これに取り付いた。
1
すぐに進めなくなり左へ逃げるとゴミの散らばるルンゼ。これを詰めれば確実に登山道。
2018年01月20日 08:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに進めなくなり左へ逃げるとゴミの散らばるルンゼ。これを詰めれば確実に登山道。
1
ゴミに交じってこんなのも落ちてる。
2018年01月20日 08:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴミに交じってこんなのも落ちてる。
道が見えた。
2018年01月20日 08:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が見えた。
ここに出た。ほぼ頂上。
2018年01月20日 08:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに出た。ほぼ頂上。
1

感想/記録

 妙法ヶ岳から北東に伸びる尾根は適度な岩場もありそうで興味があった。尾根の名前はわからない。北東尾根で検索するといくつか記録が見つかった。皆ネーミングセンスは似たようなものらしい。奥の院に背後から迫るバチアタリなルートである。

 車中泊はよく眠れないし、早く下山したかったので4:35ごろ発ったが、思ったより天気が悪く、暗い。暗いので神庭洞窟やらをスルーした。もったいない。
 結局標高1000mぐらいまでずっとヘッデン行動だった。シカの鳴き声がするが姿は見えない。夜の森は怖いのでシカに対抗して「オラオラ、人間が来たぞー」とか叫びつつ登る。

 小雪が舞っている。積雪や凍結はないが土壌中の水分が凍っているのでキックステップ的なことができない(土壌にキックステップは顰蹙モノだが、凍ってない土なら普通に足を置いてもある程度地面が凹んでキックステップしたようになるじゃないですか)。どうでもいいところでもコケたらごろごろ落ちていきそうなので地味に緊張する。

 結構いいペースで登る。寒いが汗をかく。もう1000m地点ぐらいから温泉のことを考え始める。

 1253高地へは直登できず右(北)の小尾根に移ってから登る。ここは下りの場合北東尾根を見つけるのはかなり難しいのではないか。北西の地形図に岩々記号がある尾根に引き込まれそう。

 1253から先はアセビなどの灌木がうるさく、またいよいよ神域に近づいた雰囲気。ここでハーネスとヘルメットを装備(ヘルメットは滑落への備えというよりむしろ木の枝への備え)。神社方面に裏から失礼、と二拝二拍手一拝してから進む。

 頂上直下の岩壁は登れなくもなさそう、不安が残るレベルなので左に逃げる。
 頂上から真東に伸びる尾根に取り付く。取り付きはちょっとした岩登り(兼、ヤブ漕ぎ)。1ピッチ10mだけ確保して登り、その先がダメそうなら懸垂で戻ってもう少し巻こう。登ってみる。ロープを出すとべらぼうに時間がかかる。

 思った通り取り付きの岩場を越えると歩ける尾根だった。しかし数10メートル進んで再び岩(山頂そのものの岩だった)。今度は手が付けられない。左にゴミの散らばるルンゼが見える。195,60年代の第一次登山ブームの頃のゴミだろうか。酷いものだが、今は人工物が見えて嬉しい。このルンゼを詰める。一面にガラスの破片が散乱していて厄介だが、四つん這いで登る。ほぼドンピシャで山頂に出た。
 展望ゼロ。ガスガス。この日は晴れると踏んでいたが、行動開始が早すぎた。降りてから晴れた。やれやれ。

 あとは一般ルートを駆け足で下山。表参道は登ったことがあるので裏参道を使ってみた。馬で荷揚げしていた道だけあって走れる。走ると疲れる。11時駐車場着を目標にタイムアタックモードで頑張ったが駄目だった。

駐車場でライターを落としたっぽい。ハア。
訪問者数:333人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

キックステップ 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ