また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363492 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小袖乗越駐車場に停めました
トイレは1〜3月は使えません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間5分
休憩
45分
合計
7時間50分
S丹波山村村営駐車場07:1007:15小袖緑道あがり08:35堂所08:4009:50ブナ坂10:0011:25雲取山11:4512:45ブナ坂12:5013:45堂所13:5014:55小袖緑道あがり15:00丹波山村村営駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
頂上まで積雪なし
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

入口にでかい看板が。
去年2017年だったので、気合入れたんですね。
2018年01月20日 07:17撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口にでかい看板が。
去年2017年だったので、気合入れたんですね。
ブナ坂に出ましたが天気は回復せず。
2018年01月20日 08:33撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ坂に出ましたが天気は回復せず。
うーん、ガスガス。
昨日少し雪が降ったみたい。
2018年01月20日 09:49撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、ガスガス。
昨日少し雪が降ったみたい。
S字松さん、お久しぶりです。
2018年01月20日 10:08撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
S字松さん、お久しぶりです。
標高が高くなると霧氷が見事。
2018年01月20日 10:36撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が高くなると霧氷が見事。
1
被写体は霧氷ばっかりです。
2018年01月20日 11:04撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
被写体は霧氷ばっかりです。
4
やっとガスの中に小屋が現れました。
2018年01月20日 11:19撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとガスの中に小屋が現れました。
山頂標も新しい石造りに。
2017年はこちらも気合入れたんですね。
2018年01月20日 11:23撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標も新しい石造りに。
2017年はこちらも気合入れたんですね。
3
遠くの山々も見えないので霧氷を眺めます。
2018年01月20日 11:24撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くの山々も見えないので霧氷を眺めます。
さて、下山します。
2018年01月20日 11:47撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下山します。
山々は見えないので、霧氷を眺めます。
2018年01月20日 12:02撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山々は見えないので、霧氷を眺めます。
5
この天気なので、七ツ石はパス。
2018年01月20日 12:46撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この天気なので、七ツ石はパス。
2
戻ってきました。
2018年01月20日 15:03撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました。
撮影機材:

感想/記録

久しぶりに近場の奥多摩ということで雲取山に行ってきました。

駐車場に到着したらなんか曇天ですが、よくなることを願いながら登山口へ。去年2017年だったのに来なかったのを後悔していたら、気合の入った看板が迎えてくれました。途中にも平将門のお話が記述されたプレートが次々と現れて、お勉強になりました。
天気が良くならないまま尾根へ出て、いつもは遠くから見える小屋が見えないまま、坂を上っていたらいきなり小屋が現れました。山頂に行くと山頂票が以前のぶら下がっているプレートではなく石造りになってて、ここでも気合が感じられました。それにしても富士山も南アも見えるはずもなく、霧氷を眺めて下山しました。

昨年秋の槍ヶ岳以来全く登ってなかったので、ちょいと足にきました。冬場の澄んだ景色を楽しめなかったのは残念ですが、まぁこういうこともありますよね。
訪問者数:1056人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス ブナ 霧氷 ガスガス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ